« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/29

気に入らないマニキュア

大掃除の最中である。
一つぐらいは手伝おうと、リビングを片づけ、掃除した。
もう少し綺麗にしようと、ワックスを取り出したが、
蓋が外れて、周りにワックスが飛び散る。
壁にも飛び散り、壁紙が子供の落書きのように、チークブラウンに染まった。
こすっても、お湯でも落ちない。
壁紙変えるしかないかな?

最悪の状況に、、、

そのまま、ワックスを掛けて
疲れた。

じっと手を見る。

手は茶色に染まっている。

いくらこすっても落ちないところが、、、、爪。
まるでマニキュアの様相。

いくら何でも、本当のマニキュアと間違われるのもイヤなので、サンドペーパーでこすったが、、、、、へたくそなマニキュアに変わっただけ。
男のマニキュアである、、、不気味だよ。

笑ってやってくれ、画像はないが、、


補足追加
大掃除の後は、ゴミ出し。
今年最後の、、、

そして、ゴミステーションの掃除当番は我が家。

収集車の去った後にはゴミ袋が十数個残っていた。
プラと生ゴミが混じって出されていると書かれているが、
殆どはプラ!
火曜日のプラを一緒に出したつもりだろうが、今年はもう来ないんだよ。
しょうがないので、ゴミのネットを堅く縛り、張り紙した。

こういうマナーはキチンと守って貰いたいよね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/12/27

昔話 58 海外の味

東京商船では、海外留学生を受け入れていた。
インドネシアからの留学生で、ウなんとかかんとかじゃ、という名前だが、えらく長いので、ウィDと呼んでいた。
彼は、流ちょうな日本語を話し、我々の話をほぼ完璧に理解していた学生である。
たまに、自分に不利なことは「判らない」と逃げるのだが、愛嬌があって憎めない奴である。
海外からの留学生は、最近では珍しくないのだが、このときは物珍しさもあって、仲良くしていた。

これは、彼個人の嗜好であるか、民族性なのかが判らないが、美味しい調味料の作り方を教わった。
インスタントコーヒーの瓶に唐辛子を細かくみじん切りにして、
砂糖とタバスコ一瓶、少量の塩を入れてかき混ぜる。
美味しくないおかずの時は、この調味料がぴりっとして、ぐっと料理が引き立つのだ。
辛党の私にとっては、素晴らしい調味料。

新鮮な野菜は、行く先々で調達するが、そうでなくとも、安い食材はまとめて購入するので、乗船してすぐの期間は、この安い現地食材の余剰品が出てくる。
学生時代にはあまり食べたことのないロブスターもその一つである。

ただ、そんな美味しい食材ばかりとは限らないので、上記のような辛み調味料は重宝した。
辛くて塩気もあるので、まるで海苔の佃煮感覚。
そんな辛党でなくても、佃煮のような自分好みの味の瓶とか、マヨネーズとかを皆さん必ず一つは用意していましたね。
名前を書いて、共用の冷蔵庫に保管。
勿論この冷蔵庫の主役はビール! けんかにならないよう気を遣ってましたョ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今年の納会

午前中はまともに仕事するが、、、
遅れ気味の仕事もあったので、12時にはまだ仕事が残っていた。

12時になると ... ずっどーん。
9c252
宴会の始まりである。
飲み放題、食い放題であり、まずは10kg近いローストビーフ塊から、厚く切り取って貰い、一口分は確保!

慌てて、仕事に戻る。

10分後、...
これでどうだ!とメール発信、

9c254
大急ぎで戻る。
戻りつつ、ビールをつぎ足し、次は寿司だ。
9c257

2時間後には、会場もかなり片づけられ、宴も余韻のみ、、、
誰がテーブルを片づけるのか?


9c256
旦那は、ワインと酒の飲み過ぎでフラフラだから、、、
それでも、自分の机の上を片づけて、近くの二軒目に突入。
飲み過ぎでもNoと言わないが、納会か?

家に着いた時には、何故か大きな白菜をぶら下げていた。
「ちょっと長めの正月休み、白菜でも漬け込んでみよう」と思ったのか?
玄関に置いて即寝込んだのは言うまでもないことでした。

これからの一週間、酒浸りになるのか?
とりあえず、今年の飲み会の予定は終了いたしました。  m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/12/22

今年の冬は、サムいそうだ。

久しぶりに泳ぎに行った。
たった、25m泳いでフラフラだ。

なんでだろう?
そうだよな。
今月飲み会がすでに8回、
他の日は残業しているから、へろへろだわさ。

明日も飲み会だから、いや、明後日もだ。
体疲れてるんだろな、
先日の血液検査で尿酸値が少し高めに出ていた。
先生曰く、「飲み過ぎ」

今年も会社の仕事は残すところ2日半。
休みが多いなぁって?

休みの分は、無給分があるので、実質給与カット

これで年を越せるか?

来年は良い年になることを祈ってます。(勿論、今年最後の日記じゃないよ)

Yamato
まだクリスマス前だもんね。
プール近くの駅では、こんなイルミネーションが、、、
鮮やかな飾り付け。
うちの近くの駅(この駅の隣)には、こんなイルミネーションはない。

北風も、懐もサム~いや。

明日と明後日の飲み会費、財布の中を木枯らしが吹き抜けそうだ。 え!、もう抜けてる?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/12/19

名古屋気質?

9b140036
先日の益川先生との懇親会で
その後、場所を変えて話をしていたら、
同窓会名簿を売っていたという。

Photo
それを聞いて、同窓会名簿を送ってもらった。
私の名前を探して見ると、
あは、(永眠)となっている。

確か、同窓会の名簿やら会費やら、やいのやいのと五月蠅かったので、何かそんなような受け答えしたような気がする。
次、同窓会名簿が万が一発行される時は、
生き返ってやる。

でも皆さん、名簿を見ると名字が変わっている人も多いけど、名古屋付近で暮らしている人が多いなぁ。
他所には出ないんだろうか?
これが、名古屋気質?
95%以上は名古屋市内。
名古屋圏から外れている人は、ほんの数%

そう言えば、大学受験も殆どの同級生が名古屋近辺を受けてたなぁ。
他の地方の大学に行った奴は行方不明 (それも少ない)

私なんか地獄ですわ、、、(笑。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/12/18

昔話 57 帆船への乗船には

月が変わり、バタバタした準備に追われ、小遣いのせびりもそこそこに、4月1日、こだまで東京に向かう。 新幹線の各駅停車「こだま」である。 お定まりの岸壁「晴海H2」までは、銀座からバスであるが、岸壁の随分手前で下ろされるので、どでかいダッフルバッグ(別名寸胴バッグ)を担いでいくのに一苦労である。

あの頃のバッグというとしゃれたブランドものは ないきに(ここだけ岡山弁);;)、帆布もしくは厚手の白い生地で縫製した、円筒形のバッグ。 円筒の底はφ30cmぐらいで、高さが90cmぐらい、そして頂部の口は1本のロープで絞れるようになっている。 いわば巾着袋の大型判である。 母親か彼女かに縫ってきてもらったものは、綺麗な縫い目が揃っているね。 そういう機会が得られなかった人は、ボストンバッグ。 しゃれた奴は、スーツケースを持ってきている。 私は3回生の実習時に縫ってもらったバッグを持っていたが、大分汚れていかにもルンペン仕様の姿である。
さて、問題は、それらのバッグの中に詰めてあるものだ。 制服、勉強・筆記道具、カメラ、普段着などであるが、半年分の消費備品の中には当然下着もある。 しかし、シャツ、靴下はたくさんあるのに、パンツは何処を見回しても見あたらない。

このころ先輩から言われていたのは、帆船実習中は、水が貴重でなかなか自由に使えないので、フロも毎日は入れないし、洗濯も決められた日にしかできない。 便利なものとして、越中を勧められていた。 身も心もビシッとする六尺ではない。
かさばらず、白い木綿の布と、腰ひもがあれば良く、針と糸で傷んだら、新しいのを作ればいい。医療現場ではT字帯というのかな? 腰ひもを前で結んで、布の他端を内側から外へ垂らせばいいアレである。 
この時は十枚分ぐらいあれば十分と考え、それを用意していく。 男ばかりの実習、作業服は貸与品、食費はタダ。 そして暑い夏の航海で、シャツを着ているとよけい熱い。更に、デッキは裸足であるから、上陸時以外は靴は履かないので、靴下は2・3足あれば足りる。

また、嗜好品の酒・たばこは船でボンド品が買える。 男ばかりの6ヶ月、あとは○○がいればほんと言うことのない禁欲の世界なのだ(それが一番辛い!)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/16

鯛のしゃぶしゃぶって?

築地の近く八丁堀
よくは知らない下町
今日は、美味しく....

鯛のしゃぶしゃぶ

Tai
こんな事やったことがない。
しかし、しゃぶしゃぶっとやってみるとするっと口に入ります。
美味しいとは言わないが、まずくは絶対ない。

毎日は行かない、行けないお店であるが、
もう一度行ってみたい。

東京駅から歩いて20分、
「田昌」がそれであるが、
サッポロビールの「白穂乃香」まったりした美味しさが素晴らしい。

何でも2日に1回タンクを検査するらしい。
値段は高いんだろうな?

流石、鯛も「関鯛」
こんな鯛をしゃぶしゃぶにするとは.......

美味しかったよ。

そうそう、一昨夜の韓国の歌い姫、歌声を聞きながらの酒ならもっと美味しかったに違いない。
Hejin

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/12/06

やっと直ったグリムス

ここ数週間、心配していたGREMZの画像が元に戻りました。
5本目が終わったというのに、画像が変わらず、気が気じゃなかったです。
会社で見る画像は正常に反映しているのに、
家のPCでは「66日目」のまま、スティックしていました。
昨日から、うちのPCでも新しいが粗造でホッとしています。


ところで、、、、、、、、、、今月はご多分に漏れず、飲み会が連チャン。
ふと、カレンダーに印を付けてみた。
なんと3日に1日は飲み会の日ではないか。
明日も明後日も飲み会。
土曜日も飲み会。
忘年会やら、懇親会やら名目は違えど飲み会だよな。
お陰で、汗かきジムにもなかなか行けやしない。
飲み会のない時は、残業だし、、、
会費がもったいない。
仕事が落ち着くまで、運動は中断するかなと思っている。

暇になるのはいつの事やら、、、、


と言いつつ、やっと日記を書いたが、
この時間、気になるのは、ワインである。
ナイトキャップで一杯やるか?
焼酎にしようか、、、
悩む。

悩むと毛が抜けるので、美味しいワインとしよう。
明日も飲むことだし。

さてワインは安くてそこそこ手頃の
豪州産「イエローテイル」のピノノワール。
お休みなさいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »