« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/29

昔話 56 就活

就職活動は、今では「就活」と短く表現されていることが多いが、あの頃にその短縮形をあまり聴いたことがない。 良く聴いた言葉は「青田買い」
1回生の時はぴんと来なかったが、優秀な人材は3・4回生の時から、入社準備支度金とか、奨学金とか、色々な名目で就職先からなにがしかを戴いていたと言う話。 まだ十分育ってもいない田んぼの稲を、生育状況がはっきりしないうちに収穫量を予想して買い取ってしまう「青田買い」のように、若い身空の学生をお金で拘束するんですョ。
勿論オイルショック後に入学した私には、そのようなお誘いはお伽話の一つにしか見えませんでしたし、大手海運六社の求人は軒並み「若干名」、中小は、、、、ない。 あっても縁故採用枠のみ。

そんな、就職難の時代ですから、3ヶ月のドサ周り(外国でしたが)実習が終わった私は、就職が決まっていない多くの学生のうちの一人でした。
下船後は、学生課に回って、船に関係なくとも目を皿のようにして就職口を探す。
アポもそこそこ、履歴書書いて面接が受けられれば良い方である。 人事の担当者曰く、「今年は新入社員決まったし、来年h新入社員採るかどうかまだ決まってないし、、、」
つれない返事が多い。
ガッカリしても、いつまでも悩んでいるような余裕はなく、津銀遠洋航海実習(遠航)が迫っています。
こうなると、遠航は、気が重いですね。

次に就活ができるのは、6ヶ月先の下船後である。
誰がこんな制度にしたのか知らないが、9月卒業は就活には、非常に不便である。
一般企業では、3月卒業、4月入社が当たり前の環境下では、9月卒業への理解が受けられないだろうし、入社時期も微妙である。

このまま、9月まで乗船していると一般企業への就職活動自体ができない上、一般大学と比べると、その就活チャンスも少なくなる。 
卒業後の6ヶ月間は、遊びの時間に回ってしまうこと、間違いない。  
貧乏人は早く働きたいのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/11/27

昔話 55 教授L

今でこそ、どこの大学でもやっていますし、下手すると幼稚園あたりから盛んな「英会話」ですが、私たちの時代、外人?と言われる人も少なく、ましてやネイティブの英会話教師などいなかったので、高校でも、日本人の日本人による日本人のための英会話教師ですから、発音は、ほとんどカタカナに近い。 今でもLとRの区別は難しく、苦労しています。

そんな時、ぶつかったのが、このLibby先生、英語しか話せないのかと勘違いした瞬間、日本語の怒鳴り声が聞こえてきます。 どんな授業内容だったか思い出せないですが、苦しく、楽しい授業だったと思います。
人を引きつける魅力があり、レベルに合わせてやる気を出させてくれる先生でした。
試験も当然、リスニングとオーラルですが、厳しいです。 試験に落ちて先生宅へ訪ねていった学生もいるが、たいていはケチョンケチョンに貶されて、スゴスゴと帰ってきましたが、授業以外の時はきわめてフランクで優しい先生でした。 きちんと公私、ケジメをつけて学生に接してくれた先生で、彼のファンも多いことでしょう。
かくいう私はギリギリで単位を取っていたので、こんな回想も出来ますが、あのノーベル賞を取った人は、英語がめちゃくちゃ苦手だったらしく、随分苦労されてたと言う話を聞きました。

船員に英語は必須の要件。 中学・高校6年に加え、大学の数年を費やしてもなかなか上達しない英会話です。 もっと多くのネイティブ教師が中学からいれば、我々の英語ももっと楽にこなせたかも知れません。 私のつたない英語も、彼のお陰で「読解できても話せない英語」から「人と会話できる英語」になりました。
今はもうお亡くなりになりましたが、英語教育に尽くしてくれたリビ先生に感謝です。
ご冥福を祈っております。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/11/26

とんだカレーの汗

ピンポーン、
業者との打ち合わせは、何故かお昼前。
話をしているうちに、お昼のチャイムが鳴り響く。

今日はちょっと、遠くの「紅花」へ壺カレーを食べに行こうというので、
尻尾を(あれば)振り振りついていく。
ちょうど、一回り客が回転した後で、2階に案内をされた。
出てきたカレーはシャビシャビのスープが壺の中に入っている。
シーフードココットカレーと言うらしいが、なんと¥1600円/皿である。

確かに美味しい。
辛みのほとんどはコショーで出している気がする。
もう一皿ご飯が欲しいところだが、
一皿のみで引き上げることとする。

一応はお金を持っていったが、大丈夫だというので、しっかりおごって貰った。
(これは予定のコースであるので、あしからず)
外に出たとたん、、言われて気がついた。

なんと、Yシャツに黄色いブツブツが点々とマークされている。
今日は水色だから、目立つョ、このターメリック!
カレーの汗だよ。

業者の人は「オラ知らねぇ」とばかり、、で、
「では これで」とご挨拶してさよならである。

うぇ~ん。

会社まで、ずっと腕組みして一人で歩き、会社で上着を着た。
それから、汗をかきかき、近くの大●デパートへ、、、

エレベーターでは、なぜか同僚と顔を合わすわ、デパートのねぇちゃんには、動揺しているところをゴチャゴチャと話しかけてきて、、、
冷や汗も、大汗かきである。
(もっとも、辛いカレーのせいでもある)

会社で着替えて何食わぬ顔をしたが、
カレーは食った。
泡も食った。
華麗な振る舞いはどこにもなく、ただカレーを食べる時は、ガッツいちゃいけないことを肝に銘ずる旦那であった。
この大バチ当たりめが、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/23

わぉ、凄ぇ、押しだ。

最近はブログを書いてない。
良いのか悪いのか、仕事が忙しい。
勿論、土日は休みだが、とある役員会合がたまにあるので、それにも出ると休みはなくなる。
役員会合は、普段土曜日の午後、、、一昨日も、翌年のスケジュールをどうするかとか、色々な議案を決めていった。
あっという間に、時刻は4時。
会議が終わった後、大多数の人が飲べぇだから、仕事の後の一杯というわけで、どこかにしけ込もうと考えるが、いくら人の集まる大学の近くと言っても、土曜の午後四時では開いてる店はないだろう、、、、。

ところが、「本日営業します」の看板を見た”宴会部長”、開店前の準備をしている店員捕まえ、店長を呼んだ。
後はすごみのある声で、交渉成立!
なんと、5時から開店予定を1時間早め、4時から開けさせてしまった!
「準備中」の札をひっくり返して「営業中」にしようとしたら、会長は、”せっかくの貸し切りなんだから、ひっくり返す必要ないよ”だって、、、
また、飲み放題に含まれていない「赤霧島」や普通のワインもボトルごと”サービス”に、、、
大人数とはいえ、凄い圧力を掛ける人達だなぁ。 あ、旦那もか?

お陰で家に着くまでにもう一軒で、「帰宅するには6時間以上かかる距離」だと言うことをつくづく感じました。

あ、まだ、ボージョレー飲んでねぇのを思い出した。
明日にでも、、、イヤ船便のボージョレーを待とう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/16

ノーベル賞の話

22
昨年あの話題となった人の講演会があったので、聞きに行ってきました。
後輩に向かってしゃべっているのですが、高校1年生にクウォークの話は難しいんじゃない?
理系ならともかく、文系の生徒もいるんだから、、、、
29
ま、笑えるのは、英語が苦手だった話。
英語を勉強しなくてもよい、と言う訳じゃないです。
高校1年の時から数学が得意で、物理数学で英語をカバーしようという考えだったらしい。

名古屋大学の入試にも英語を捨てても通ってしまうから、そこが凄いところ。
とてもまねできないョ。

36
そんな堅いことはさておき、夜は懇親会があり、みんなで騒ぎました。
そりゃもう、生でノーベル賞受賞者とお話しできるのですから、、、、、
と言っても、一言しゃべったら、横からビールを注がれ、そちらに顔が向いてしまったので、それっきり。
ただ、しっかり、ツーショットは撮りましたです。

400
先輩は、みんなに囲まれて嬉しそうです。

今回ウン十年ぶりに、顔を出しましたが、同期生に見つけて貰うまで、一人かな?と思ってましたが、、同期は計3人でした。

しかしけちくさいぞ、5千円も出したのに、懇親会の料理に大きなエビが一匹もいない。
名古屋じゃ、にゃ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/11/07

懐かしい、鰻

金曜日は朝から、講演会やら、研修やらで、あっちこっち飛び回り、昼は桜木町の立ち食いそばしか食えなかった。
忙しかったスケジュールでは、ラーメン食う暇がなかった。
夜は、とうとう堪らず「鰻」を戴くことにした。

今日は、お店を一軒ご紹介します。

田町の駅を下りて、西の国道一号線を横断し、
50mほど浜松町寄りに歩くと、鰻の「宮川」がある。
ぱっとする鰻屋ではない。 
もちろん、由緒正しき風情もない。
だが、ここは、鰻を小串で出してくれるのだ。
9c0601
鰻の頭、キモ焼きも串にしてコンパクトな感じで食う事が出来る。

この店は、元々は20年ほど前、駅西の区画整理が行われる前には、品川方面に向かう一号線沿いの東側にあった。
それも、駅へ抜ける幅2mほどの近道に。
その頃は、2m×4mほどの店で、カウンターが4mちょっと『く』の字形に曲がっていた。
もちろん、椅子などなく、横向きになって、串を食べ、酒を飲んでいた。 鰻の串1本100円で、キモ焼きが130円。 130円串は赤い色が付けてあり、精算の時に串を数えて、、、、なぜか地面に串が落ちている。 アレは精算してないだろうな。

仕事帰りの1杯! (イヤ2~3杯 =^_^=)
ここが楽しみなサラリーマンは多かった。
一串で、お酒一つなんて割合で飲んでいる一が多かったですね。

今では、店構えも良くなり、売り子も若い女の子。
これで値段が昔のままなら、なおさら良かったが、
今では、210円。

あぁ、昔が懐かしい。

あの安さが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/11/04

芋でい~もん。

今日は、ボランティアで芋掘り会に参加した。
9b0301
3㎞ほど先の芋畑で、、

1. 蔓を切る
2. 蔓を畑の外に持っていく
3. ビニールを剥ぐ
4. 株の数を数え、区切る
5. 町内の人たちを案内する
6. アトラクションの景品くじをちゅうせんする
7. せっかくの当たりくじを小さな女の子に渡し、残った芋を掘り起こす
8. 袋に詰めた芋をトラックに載せる
9. 後かたづけをする

9b0304
まぁ、蔓は重いわ、泥だらけになるわで、大変な一日でした。

そこでふと考えた。
この蔓は後は土に鋤き込んでいくばかりの廃品・余剰品。

地主にも文句は言われまい、蔓を少しとって持ってきた。

01
葉っぱを取って、塩茹でし、皮を30分かけて剥いて、、、
芋の蔓のおひたしが完成した。
食べるとサツマイモの風味がするんだョなぁ。

戦争中は、これを食べて、良く飢えをしのいだものと、つくづく懐かしく、、、、、
と言っていますが、旦那は、戦後生まれですからネ。

でも貧乏人の子供の頃を思い出す味ですョ。

え?ジャンルに「グルメ・クッキング」があるというのはおかしい?
トリョフやフォアグラ、キャビアを食べ慣れたあなた方には、新鮮な味だと思いますよ。
私には普通で、懐かしいけど(#^.^#)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/03

おいら××サンドイッチマン

大学へ行って、人は何をするか?
もちろん勉強?

80
偶には、カンバンに挟まれてもいいじゃない?

「全国の物産展やってます~。
あま~い、甘~い、愛媛の蜜柑。
北海道直送、取れたてホクホクのジャガイモ。
つけてミソ、かけてミソ。
えびせんもあるでよ~。
全国から取り寄せた、名品、逸品がありますよ。
ステージの横でやってます。」

085
かけ声かけながら、門の入り口で客引きである。
大学生は、もじもじしながら、ビラを配っている。
「恥ずかしがっていちゃだめだよ。ほら、もっと前に出て」
と言うのだが、なかなか声が出ないみたいだね。

そりゃ、お前達の何倍も、恥かいて生きてきた私に勝てる訳はござんせんよ。

そう、この格好で、お昼も うどんを立ち食いだよ!

後援会の役員なんて、こんな恥も、張り切ってやらなきゃ。
もっとも、「全国から取り寄せた」を「世界から取り寄せ、、、」
なんて言ってるようでは、まだ恥のかきかたが足りなさそうですわ。
わっハッハ~ =^_^=

もちろん準備の日も一杯、終わってからも一杯、そんなのがある大学の後援会。
のんべぇにとっては良いですが、ほんとにこんなんで良いのかな?088

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »