« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/28

家事、カジッて大変やわ

先日から、奥様はいとこ達と旅行中。
羽を伸ばせるかと思いきや、結構家事があるんですね。
時々PCに寄りはするが、
家事って大変疲れますね。
自分の仕事と合わせると、ほんと時間がない。
きん金曜日にちょっと飲み過ぎたので、土曜は二日酔い。
お陰で、半日潰れたから、取り戻すのは大変だ。
息子二人と娘の晩飯の用意もする。

日頃の奥様のご苦労を感じます。
今頃、エステでもしてるかな?

今日は午後、買い物も済ませ、子供達の晩飯を用意しようとしたら、
娘も、息子も、
「友達と遊びに行く、晩飯要らない」
せっかく準備したというのに、、、、

013
美味しい新米のご飯は炊かずに済んだが、
麻婆豆腐とアジの刺身は準備できてるぞ。
一人では、ご飯は要らぬが、ビールはいる。
これだけあれば、飲める。 でも、おかずが多すぎだよ。
(ビールに合うように、麻婆はコチジャンを使った)

やけ酒気分で飲むか?
明日は生ゴミの日、台所も片づけておかなければ、、、、
それに豆腐が多すぎか、、、酔えない。

明日の夜には奥様もご帰還。
その時家の中はスッキリとしておきたいが、、、ドタバタしてて、無理だろな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/23

ノーベル賞の益川敏英氏 講演会

知らなかった。
Ver2
あの益川氏が母校の先輩だったとは!

昨夜、メールを開くと、緊急ニュースが出ていた。
あの先生が、戦前から立っている同じボロ校舎に通っていたと言うのもびっくりである。
その母校が講演会を計画したようだ。
場所は名大の講堂。 私のような人にはくぐれない門の中にある。
もちろん、学生だけではもったいないので、保護者や卒業生にも案内を出している。
その通知メールが回ってきた。

もちろん、即メール返信です。
定員オーバーにならないうちに、申し込んだ。

久しぶりに学友に会えるかも知れないし、、、、
青春の1頁を思い出します。
母校で有名なのは、後一人、亡くなられたアイドルの岡田 有希子さん
(本名佐藤佳代さん)。
堀越に転校していたが、所属していたサンミュージックのビル、、、、、
寂しい記憶もある母校です。 (ご冥福を祈っています)

さて当日は、「ムーンライトながら」かな?
夜は久しぶりの級友と飲み明かすか?

だんだん、嬉しくなってきました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

贅沢な食い道楽旅

今年も息子を助手にして、米を買いに出る。
まずは、腹ごしらえと、舘山寺で食事する。

920820
なんと、1時間待ちで「ひつまぶし」¥2,600
やはりTVでの放映があって毎日長蛇の列。
味は美味しいが、店員の対応はおしい。
息子と二人で、対応がちとまずいなとうなずく。

0024
さて、夜は当然お酒を飲みながら、ちょっと夏からは遅い花火を見た。
翌朝は、お米を積んで、実家まで走らせる。
遅い帰省である。
ついでに親父の墓参り。
041
そして、幼少時を暮らした家があったところを見る。
今年の春までは家があったのに、今はない。
駐車場になってしまっているのは、ちょっと残念。
奥に一輪のユリの花が咲いていた。 あそこは、、、、お風呂の近くだな。

0045
昼は、外食して焼き肉 <網焼き肉>
なんと、この店、普通の一人前の肉が、休日のランチ時は¥200/人前!
そりゃ、もう一杯頼んで、ビールも頼んで、、、
帰りの車の運転は、もちろん運転助手のお役目=^_^=

00510053
この運転助手には、今日お昼を御馳走した。
それは、¥3,360/箱の鰻重。 =^_^=
M島付近で美味しいという評判の店だ
<桜↑>
地元の人が、この店が良いという口コミを、息子に調査させたのは大正解。
めちゃくちゃ柔らかい鰻の肉質。
息子は最後のお茶は「口の中から美味しさが消えてしまう」と飲まないぐらいである。

家には、¥420/パックの「あさりせんべえ」で我慢して貰おう。0057


随分遠距離まで、ドライブして、疲れました。
なにせ、事故渋滞にあって拘束道路だったんだから、、、

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/20

新米が、待ち遠しいネ。

例年のことですが、老人の日のこの辺りは、「新米」を仕入れに行く日です。
今年は高速も千円と言うことだから、
高速道路の運転も久しぶりにとばせるわぃ。

あのメロンが美味しい所まで
お昼は換算時のウナギでも食べて、
夜は花火を見ながら宴会になる予定。
土産はあさりせんべえかな。

そして、体の弱くなった母の顔も拝んでこよう。

台風一過、
天気は秋晴れ、
100%新米の味がすぐ味わえる。

これで、高速道路が拘束道路にならなければ最高でしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/16

昔話 54 教授A

教授の中には、いろんな方がおられます。
名物先生はどこの大学にでもいるでしょう。 その中の一人、A先生をご紹介しましょう。
授業に出ると、まずは出席を取りますが、代返が多いのも一つの特徴。 用事があると、後の席からドアを抜けて行く学生もいたですね。
授業に使う教科書は、とっくに発売禁止になっているので、本屋には売っていない。 それなら余計授業に出て真面目にノートを取らなきゃと思うのでしょう? でも、学生間では、授業に出る出ないで、単位が取れるわけではなく、試験にテクニックで通ればよいと言う風説が立っていました。 授業風景を見てみましょう。

自分が著作した廃版の本を、めくる。 一頁一葉を本から5cmほど上に持ち上げて、ひっくり返して下に置く。 なぜなら、すでに本の背綴じが離れている骨董品。 発する言葉は「あ^~」「う^~」など感嘆詞が多く、時々は聞き取れない。 あまり見ていられないと思う人が、やはり外の空気を吸いたくなる。

試験の時が、またやっかいだ。 試験問題は数種類しかない。 2年続けて同じ問題が出ることもある。 グラフを読み、与えられた船の吃水(深さ)から、積み荷をした後の吃水などを求めるのである。 その計算問題は1問。 正解との誤差は1mmを要求され、その解答方法は、授業に出るか、教科書にある。 でも、教科書の途中に計算間違いがあり、その問題は同じように計算間違いしないと合格しない。 もちろん、廃版となった一つの理由でもあろう。 教科書についての噂が本当なら、授業を本気で受けたくなくなるでしょう?

この試験に合格するためには、その教科書を手に入れるか何かしなければと思う。 そこに学生の味方があった。「月光仮面」とか「まぼろし探偵」「月よりの使者」と言われる一夜漬け解答マニュアルがそれだ。 なかなか秘伝らしく、噂だけで、誰も見せてくれなかった。 先輩は、授業に出てれば判ると言うし、、、。 この先生のお陰でまともに卒業できなかった学生がたくさんいたという。

その先生も、私の卒業時には退官となり、今では伝説にも上らないかも知れない。
古き良き時代?でしたね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/09/12

紀文のはんぺんを戴きました。

紀文の応募に参加したら、大型のはんぺん3枚を送ってきました。
スゴク得した気分。

オリジナルのレシピ --------------------------------
はんぺん/ディズニー 1枚
サラダ油 小さじ1
A ツナ缶 1/3缶
  マヨネーズ 小さじ2
  塩 少々
  こしょう 少々
コーン 小さじ2
(2人分)


作り方
1. はんぺんは四角く4等分に切り、厚さが半分になるように一辺を残して切り込みを入れる。
2. Aをよく混ぜ合わせ、コーンを加えてさらに混ぜる。
3. 1の切り込みに、2をはさむ。
4. フライパンにサラダ油を熱し、弱火で片面約1~2分ずつこんがりと焼き色がつくまで焼く。

http://www.kibun.co.jp/recipe/index.cgi?id=99110144
であった。 ----------------------------------------

私のつまみには、辛さが足りない!
ツナ、塩胡椒の代わりに、小エビの塩辛で塩分調整した。

変則の作り方

1. はんぺんは厚さが半分になるように一辺を残して切り込みを入れる。
2. はんぺんの内側に薄く、コチジャン(または板醤)を塗る。
Hanp1Hanp2
3. エビの塩辛とコーンを載せてはさみ、好みに応じてハムを挟む。


Hanp3
4. フライパンにマーガリンを熱し、弱火で片面約1~2分ずつこんがりと焼き色がつくまで焼く。Hanp4

これで、美味しいつまみになりました。
ビールに合います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/09/11

娘からのメール

メールが来た
現在、スペインで明日からバスでフランス予定。
全く持って無事です。

余裕あればまたメール連絡します。

だってさ、
昨日開けてなかったメールボックス。
毎日顔を見ていないと寂しい思いでしたが、ちょっと一安心です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/09/09

昔話 53 追試

神戸では、4単位ぐらいまでは残していても、遠航(遠洋航海)に出られるが、残った単位をどうするか、、、
結局は、救済措置を先生にお願いして、追試を受ける羽目になる。

下船中に受けるのだが、先生にすれば、お荷物学生であるので、こんな学生を世の中に送り出して良い物かどうかを随分悩むであろう。 そこそこのできであればいいのだが、その基準に達していないからこそ、追試を受けるのである。
ご多分に漏れず、、、、こういう話をするためにも一つぐらいは残しておいた方が、人生の調味料みたいで良いよね? ただ、塩分・糖分・脂肪分の三兄弟を通り過ぎた、辛さたっぷりの激辛唐辛子だけですが。
試験詳細は、別なエピソードにした方が良いので、省きます。

さて、3月中旬に下りたら、試験まで後数日しか残っていない。 古巣の寮の部屋に戻って猛勉強ですわ。 
ブツブツ独り言を言いながら、黙々と机に向かう。 ココが天下分け目の決戦場、本試験でこれほど精力を出していれば当然通っていたのに、今頃という感じです。 
春休みに入っている寮の部屋で、毛布を肩にかけ、コーヒーがぶ飲み。
体裁の悪い「卒延(卒業延期)」と言う言葉と、「奨学金打ち切り(満期)」の二語が頭をよぎりますね。 すでに後輩からの「アホな先輩」というレッテルを背中に張った上、この環境は厳しいものがあります。
この試験に通ると、晴れて気兼ねなく遠航に出られます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009/09/08

素晴らしい大学?・・・父母懇談会

2年前にも行ってきたが、日曜日は息子の父母懇談会
無事すんだその後は、後援会役員としてのおつとめである。
レセプション会場には、ドリンクが各種揃っていて、呑みホー!
990611
料理も余るほどあります。

お仕事はみんなと一緒に呑んで、スピーチをして頂ける人の勧誘です。

結局、呑むだけだった(#^.^#)
990622
料理は少し残り、
その後の反省会に、、、、、
その反省会が終わって、もう一度反省会に

帰りは副会長と一緒に家の近所まで帰りました。

後援会の会長は、なんと同郷の同級生であった。
ちょっと高校は違ったけど、ね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/05

お買い物の下調べ

お買い物の下調べ

ちょっと大物の中古品があり、下調べに出かけた。
海外で下調べすると思っていたら、期待が外れ、かなり近い場所でした。
海外には違いないのだが、山口県下関の外れ、六連島と言う所でした。
9903002
あまり好きじゃない真っ黒の飛行機で北九州空港に飛んで、迎えてくれたのが、メーテルリンクである。こんな形の動く人形も、メーテルリンク自体が表情の少ないアニメだったので、不思議と違和感がない。
丁度来たバスに乗って戸畑へ、そして若松で仕事の打合せ。
9905simo
連絡の悪いJRで関門トンネルを抜けると下関。 小倉と下関を往復するこの電車、何故か山陽本線と鹿児島本線を、ただ繋いでいるが、どちらにも連続して長く走る列車が見あたらない。 電圧が違うのか? やはり乗り継ぎが多くて不便ですね。 それとも西日本と九州ではJRの仲が悪い?

その夜を過ごす下関を少し歩いてみたが、随分寂れているなと言う感じである。 夜になって、釜関フェリーが出航し、一気に人通りもなくなった。
広島~釜山にフェリーが就航しているらしいので、そのせいであるのかも? 下関は寂れて行くばっかりか、売りは河豚だけ、空気膨らませてもしょうがなかろうが、、、、、、、、
翌朝は、税関に寄って交通許可を貰い、船で沖に出る。
990412_2
暫く行くと、ありました、プカプカ浮かんでるものが、長さ80m、幅12m程の中古品です。 12年の年代物と言うべきか? これを買うには「土地付我が家」が何軒も買える値段なのだ。
評価をしくじるといけないので、検査する人を7人連れてきたが、評価報告を誤ると当然この旦那の評価も下がる。 え、元々賞味期限切れの評価ゼロだなんて言わないでくれョネ。 少しは残ってますから。
23
夜は、評価査定会議を河豚を食べながら、、、当然、河豚だけに、「毒気を抜かれた、ええ評価になりました。」とさ。
お後がよろしいようで、、、、=^_^=


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/01

昔話 52 海外土産の続編

あの手の本の持ち込み方?

それはもう、やってはいけません。
第一、税関の検査前に、士官から処分するように言われるし、見つかったら酷いことになると散々脅かされる。 当然、税関のサーチ(捜索)は予想されるので、みんな、参考書の間に挟んだりして隠す奴らがいる。
麻薬や拳銃などの重大な違反品ではないが、密輸入に当たるので、処分は覚悟しておく必要がある。
麻薬だと、船の燃料タンクや煙突の中など、普通のサーチでは判らないところに隠すことがあり、情報がないと、税関も判らない。
実習生は隠す物も知れているが、将来のため、若い時からしっかり教育しておく方が良い。

また、ガセネタも流れ、釣り糸の先に重りを付けて海に隠す方が良いとか、スパイ映画のように本をくりぬいてとか、税関検査前日の夜は大騒ぎで過ぎていく。

ここだけの話ですが(もちろん時効でもある)、あの時の青○丸には、一つ欠陥があった。
わざと造ったものかも知れないが、それは第二教室から上甲板へ上がる階段のステップにあった。 
20
その一番下の段が、なぜか二枚重ねになっていて、階段の板が上下3cmほど隙間があって、ちょっと見ただけでは判らない。
無理をすれば、3冊×2列分のマル秘の隙間である。
Sさんは、ここに1冊だけ後輩のために本を隠し、ウィスキーと合わせて、寮へ持ち帰ったのである。
さて、持ち帰ったのは良いが、米国と違って、豪州は認可されている卑猥度が健全で、後輩には見向きもされなかったとか、、、、、苦労したのになぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »