« Aくんへ | トップページ | 皆既日食へ »

2009/06/07

昔話 46 日付変更線

ちょっと海図を見てみよう。
ここは南緯が21°であるが、東経は、およよ、西経175°つまり、西半球に入ったわけだ。 じゃぁ、日付が一日変わるよね。当然日付変更線を横切ったから、、、なんと横切っていない。
誰が決めたか知らないが、西経172度に日付変更線があり、そのすぐ西側にトンガ王国は位置するのである。
もっとも、フィジーは丁度180°ライン上にある。 同じ経度ながら、トンガの真北、緯度にして8゜のサモアは日付変更線の向こう側で、まるっと一日違う場所なんですね。
フィジーの島の大半が東半球だからうなずけるが、「トンガは、日付変更せぇへん」とおっしゃるのだから根性ですな。
まぁ、オーストラリアドルがそのまま使えるのだから、国としては、オーストラリアを向いているんですね、 っつうか、通貨(コイン)が発行されていないので、しょうがないですね。
周りは綺麗な海、魚介類はいっぱい捕れる。 1日に1ドルあれば家族一同が暮らせるという環境だから、あくせく働く必要もなさそうである。
そんな国の港に日本のばかでかい船が入港したとなると、見物に訪れる人は多いだろうな。 ええ?見学者が少ないって? 
興味も少なけりゃ、人口も少ない。 だから、船内見学に来ないのか?
来たと思ったら、カナダ人だった。
とんがことになってます。
サーファーだというカナダ人が明日も滞在しているから、一緒に島を遊んで回ろうというお誘いがあった。
トンガに来ている人はみんな親切なんだな。
そんなことを思って、眠りについた。

|

« Aくんへ | トップページ | 皆既日食へ »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

子にけねこは地球儀に引かれた日付変更線を見て思った。
『なんで真っ直ぐちゃうんやろ?
何で、折れてんのやろ?』
子にけねこは少し大きくなった頃、
同じ国の中で日付けが違うと不都合だからだ、
と知り、なんだそんなことか、
と納得した覚えがございます。
(^^ゞ

投稿: (=^・^=) | 2009/06/11 13時45分

にけねこ< そうだよね、きっとフィジーが強硬に反対したんだと思うよ。
国土をまっぷたつにしてるもんね。
”じゃ、明日お金返すよ”
”今日返せよ”
というセリフが、信用できなくなるもんね。

投稿: Samson♪ | 2009/06/11 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/45258894

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 46 日付変更線:

« Aくんへ | トップページ | 皆既日食へ »