« そう、無償か? | トップページ | 厄日じゃぁ »

2009/06/29

昔話 47 トンガのバナナ

昨日、約束したカナダ人は、車で来ると言ってたので、期待してただぼんやりと待っていたが、約束の10時を30分ほど回っても、現れない。
このまま現れないと、時間が無駄になるので、仕方なく、友人のT君と街に出ることにした。 とんでもない食わせ物カナダ人だが、ぼやいても始まらない。 まずは軍資金をと、T君は最後の壱万円札を取り出した。 こんな辺鄙な島で日本の紙幣が両替できるかな? なんて思い悩んでいたが、たった一軒の銀行窓口で「Exchange to dollars, please」で、何のことはない、紙幣の透かしも見ずにあっさり交換できた。勿論端数のコインはオーストラリアドルのコイン、十二角形の物も混ざっていた。
独立して、まだ間もない国で全てが揃っているわけではない。
銀行があるだけマシと言うもの。

二人で歩いていくと、市場があり、色んなものを売っている。傑作なのはバナナだな。
親指くらいのモンキーバナナ、それが房になっている。 その他、、、よくわからない、なぜなら、初めて見るものがほとんど。 
さすがにビールは判るが、高い!値段も温度も。 地元ではあまり飲まないから、外国人用か? 栓を抜いて少し泡が漏れたところで、グビッと飲む。 うーむ、旨かないよ。 やっぱり冷やして飲むのが一番だね。
歩いて彷徨き回っているうちに宮殿に着いた。
19760050
王国だから宮殿が一番立派な建物ですわ。 
友達も一休み。

あまりお金も残っていないが、家に絵はがきでも送ろうと、郵便局に行って切手を買った。
Bananaton1
1¢切手はなんとバナナ形、シールの様に貼って出すんだね。
聞くところによると、印刷業者のレベルが低く、印刷物など日本に依頼して刷っているそうだ。 このバナナ切手も外貨稼ぎのトップになるのかな?
現在でも人気のシール切手だそうです。

|

« そう、無償か? | トップページ | 厄日じゃぁ »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

初めてモンキーバナナを見た時は、
(もちろん日本国内ででございますよ。)
ふっつーに、
『なんてかわゆいバナナなん?!』
って思ったにゃん。

こにけねこは切手の収集をしておりました。
対象は日本切手に限られておりましたが、
外国切手を集めている人も
いらっしゃるみたいですね。

理由は、きれいから…。
うーん、確かに…。
当時、四角くない切手は
珍しかったかもしれませんね。

でも、バナナの切手は美味しそうだニャン…

今、Samson氏もベリーナちゃんも、にけねこも
みんなキャンドルナイトでございますよhappy01

投稿: (=^・^=) | 2009/07/02 20時33分

にけねこ<当時は、アトムやら、おそ松くんなどのシールが流行った時代ですから、ちんけな切手と思ってましたが、結構画期的な切手でした。

キャンドルナイトは時間帯でちがうのかな?
今は真っ暗闇の☆だけです。

投稿: Samson♪ | 2009/07/02 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/45494413

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 47 トンガのバナナ:

« そう、無償か? | トップページ | 厄日じゃぁ »