« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/29

昔話 47 トンガのバナナ

昨日、約束したカナダ人は、車で来ると言ってたので、期待してただぼんやりと待っていたが、約束の10時を30分ほど回っても、現れない。
このまま現れないと、時間が無駄になるので、仕方なく、友人のT君と街に出ることにした。 とんでもない食わせ物カナダ人だが、ぼやいても始まらない。 まずは軍資金をと、T君は最後の壱万円札を取り出した。 こんな辺鄙な島で日本の紙幣が両替できるかな? なんて思い悩んでいたが、たった一軒の銀行窓口で「Exchange to dollars, please」で、何のことはない、紙幣の透かしも見ずにあっさり交換できた。勿論端数のコインはオーストラリアドルのコイン、十二角形の物も混ざっていた。
独立して、まだ間もない国で全てが揃っているわけではない。
銀行があるだけマシと言うもの。

二人で歩いていくと、市場があり、色んなものを売っている。傑作なのはバナナだな。
親指くらいのモンキーバナナ、それが房になっている。 その他、、、よくわからない、なぜなら、初めて見るものがほとんど。 
さすがにビールは判るが、高い!値段も温度も。 地元ではあまり飲まないから、外国人用か? 栓を抜いて少し泡が漏れたところで、グビッと飲む。 うーむ、旨かないよ。 やっぱり冷やして飲むのが一番だね。
歩いて彷徨き回っているうちに宮殿に着いた。
19760050
王国だから宮殿が一番立派な建物ですわ。 
友達も一休み。

あまりお金も残っていないが、家に絵はがきでも送ろうと、郵便局に行って切手を買った。
Bananaton1
1¢切手はなんとバナナ形、シールの様に貼って出すんだね。
聞くところによると、印刷業者のレベルが低く、印刷物など日本に依頼して刷っているそうだ。 このバナナ切手も外貨稼ぎのトップになるのかな?
現在でも人気のシール切手だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/25

そう、無償か?

先日、とある大臣がお辞めになった
あの総務省。
桜田門から、KC庁を過ぎてすぐのところ。
Soumu
玄関前はこんな感じ。

中に入ろうとすると、警備員がいて、「どちらへ行かれます?」と
心の中では、[この不審者め]と思っているか知らないけど、あれこれ書類を書かされ、
最後に「身分証は?」
じっくりと顔を見られた。
次に書いた紙を持って、別の警備員に、、、、そして臨時の通行証を渡された。
赤いひもがついていて、いかにも要注意!
で、そのパスをゲートに当てると1秒後に開く。
パスネットより反応が遅いやんか!
人を止めるのがこのゲートの芸当だもんな。

で、無事くぐって、エレベーターで7階へ

(オィオィそこは総務大臣室、止まれないョ。いくら空席でも、事務次官もいるっし)

で、7階より上の方の会議室へ行って参りました。
ちょっと別の省の人に呼ばれて行ってきたけど、エライ警備ですわ。
Fukinuk
ちょっと隠れて、上の方から中の吹き抜けを撮りました。
これは、決死の覚悟ですわ。 ふー=3

電車賃使って、総務省のビルに行き、お土産なしの無報酬。
あ、お茶が出たか?
総務省ではただの、そう無償でした。(ほんとは国交省に呼ばれたが)

そのお茶は税金だから、ね~。
と心を戒める旦那でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/22

なんだなんだGremz?

1
え?何だろう?
グリムスのページを覗いても、ローソクを付けている人と、つけていない人
どこで分かれるんだろう?
でも、夜の気分にはGoodな雰囲気です。

でも、1時間ほどしたら、消えちゃいました。
何だったんだろう?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/21

秋山先生の講演を

Campas2
土曜日は、息子の大学までデートする。
□□大学後援会の総会で講演会があった。(そうかい?)
Akiyam3
まじめな話、あの「 秋山 仁 」先生が講演をしてくれるというので、遠くは九州からも来ていた人がいる。
いやいや、先生の講演は楽しかった。
前振りが40分以上あり、理系の学生の父母は、その後に始まった模型等を使った実演に目が点でした。
ああぁ、一時間では、全然物足りない。

で、後援会の総会が始まり、荒れに荒れた総会とはなったが、無事終了。
1時間遅れで、懇親会が始まった。
Buffe8
見よ、この豪華な料理の数々。
酒は飲み放題、寿司食い放題である。
もちろん、他の料理もあったが、夫婦でそろってまずはお寿司。
旦那は、その次にお寿司、そして赤白ワインに日本酒と、大満足。
奥様は、そんなには食べられないと言いつつ、デザートのケーキ類をがっぽがっぽである。

ここまでは良かったが、
良い(酔い)話の後には、苦難の話。
女性が近づいてきて、
「後援会の役員を引き受けて欲しい」と、、、
やはり、さっき荒れてた総会で、ちょっと手を挙げて発言したのが、命取り?
それとも、お寿司の食い過ぎ、酒の飲み過ぎが因果か?

女性から頼まれて「否」と断ることができない旦那には、首を縦に振らざるを得ない。
一応、旦那も他の人と話し込む奥様に了解を取りはしたが、、、
これで息子が卒業するまで、月1~2の土曜日の世話仕事が決定!
まぁ、暇つぶしにはなるわな。

悪い話の後には、また酔い話が、、、
この懇親会が終わったら、別のホテルで、役員交代のセレモニーがあるという。
これは見物と、奥様同伴。←酒が飲める訳じゃないが。
一緒に付き合うという。
自分には関係ないと、きっと高みの見物なんでしょう。

Tower11
ホテルのバンケットルームは、東京タワーを見られる絶好のポジションで、また宴会!
ここでもワイン、日本酒など、飲み放題。
さすがに、お寿司は残ってますし。
多少のつまみをつまむ程度で、また飲んだわけですが、最後に、役員就任の挨拶までさせられた。
困難で宴会(こんなんで、ええんかい?)

先ほどの懇親会で一緒に話をしていた、名古屋から来ていたHさん。
私のとばっちりを受けて、彼も役員になるそうである。
ホテルを出て、声をかけると、今夜は息子さんの下宿先に泊まるという。
ご苦労様である。

浜松町まで歩いて電車に乗り、夫婦で、帰宅できたのは10時を回っておりました!
今日は長いデートであった。
旦那は、もう完全にできあがってました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/14

真夏のオリオン

「真夏のオリオン」
最初に聞いた時には、なんのこっちゃと思ったが、
オニオン??タマネギ?潜水艦となんの関係?
オリオンと聞いても、そりゃ冬の星座じゃん!

でも海好きの旦那としては、見逃せない映画。
T◎H◎のネット予約で、千円の席を予約。 (14日は千円なのだ)

Orion
この映画、かなりリアリティを重要視したと言うが、、、やはりアラは見つかる。
「○○」よりも少なかったが、旦那の目では、、、
機関室の中で、4サイクルのエンジンの弁の動き、タイミングが変だ。
ボルトの飛び方が変、パイプの位置やバルブの形も変、、、
和文モールスはでたらめで、読み取れなかった。
でも、敬礼の仕方はちゃんと海軍式!
技術屋さんのスタッフはいなくとも海事関係者はいたようだ。

この映画の中で、何度も繰り返した
「もったいない」
ぐぐっと来ましたね。

ほぼ満席のお客も、この映画に感動したことでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/12

皆既日食よ、幻か?

先日来悩んでいた皆既日食ツアー。
悩み一掃です。

その日は、お食事サービスの日
奇数月の第4水曜日である。
お年寄りには¥200でお昼が食べられる日なのだ。
晴れて嬉しい日。
私らボランティアにも嬉しいことです。 トホホ。

老人の人の心に、華を、日の光を
トカラ列島に、陽の陰りを、日食を。
私の心にも、陽の陰りと皆さんの笑顔を。
う、う、う、
心は複雑~。

陽の陰りと、笑顔、どんな日食も笑顔には勝てないですよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

電力中央研究所

本日、
雨空を気にしながら、午後から、京浜急行に乗りまして、
6115
ついたところが、新逗子駅。
マンホールには「逗」をデザイン化したマークが入っております。
だが、案の定、曇っていて東西南北が判りません。
仕方なく、人に道を聞くと、南西と思った方角が東。
市役所の前にはバスが止まっていますが、あれかな?
綺麗なお姉さんに聞くと
「こんにちは、サムさんですね?」とにこやかな笑顔
後で聞くと、ガイドさんじゃなくて、××大学の、、、、あ、恥ずかし、、、

で、行ってきました
「電力中央研究所」61112

横須賀市の佐島マリーナから少し離れたところに、200,000㎡という敷地を使い、全国から集めた電気代などの一部を使って、未来のためにエネルギーを研究しているところです。
今年度は×××億円の規模。
働いている人の中に、博士とか何とかの人が何百人。
凄いわぁ。
さすがに単位が違う。
こちとら、チマチマと太陽の恵みを受けて、3kwで一日めいっぱい発電して、2百円ちょっと。
ここでは、データを取るため、ただただ石炭を燃やしたり、色々していますが、基本的に発電機にはあまりくっつけてないみたい。
自転車置場の屋根が太陽光発電でしたが、旦那の家の数倍程度の面積。
611
そして、無駄に見えるような広い敷地。
感心したわ~。
6111
特に、燃料電池の仕組みを、旦那のようなバカにでも判るように説明頂いて、、、感謝、カムサハムニダ!

◎◎人という、高学位見学者に、送り迎えのバスも出して頂き、、、、、どういう訳か、変な旦那が混じっていたこともつゆ知らず、ご説明ありがとうございました。
もちろん、他の高学位のお歴々様は、頭にしっかり入れての質問をバンバン、
旦那は寝るタイミングを逸して、不機嫌であります。
でも、しかし、寝込まずに半日を過ごしました。

こんな研究設備があるから、日本の未来のエネルギーも安心できそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009/06/08

皆既日食へ

ただ今、非常に悩んでいます。
皆既日食ツアー
7月22日のトカラ列島へ、、
無性に行きたい。
確かに、雨が降るかも、曇って見えないかも知れない。
あの緯度なら、梅雨明けしているだろうから、晴れ確率は80%以上だろう。そこで、

I asked my wife, and her word was "Don't"

奥様は、行きたくはなさそうだ。
夜中に流星を見に行こうと言っても、付き合ってくれたのは娘だけだったしな。
すると一人でか?

仕事のスケジュールは、ギリギリ休めそうな様子。
天文好きな旦那としては、一度経験したい。
小学生の時、部分日食は見た。
がしかし、皆既日食はまだだ。
そして、この次日本で見られるのは?
30年ほどあとのこと。
北関東である。

今回行くか、行くまいか、本当に悩む。
一人で行けば、夫婦関係に影が差すのは間違いない。
昼日中に差す暗闇が、、

とりあえず、町のパンフでツアーを調べてみた。

鹿児島のツアーとセットで4日と5日のコースがあるが、、、、、、、
テント泊でも
4日が¥145,800、
5日が¥138,800.
ホテルなら+3万円
値段が高いのう。...

ちょっとまったぁ!!
何で、4日の方が一日短いのに7千円も高いんじゃぁ?
こりゃ、皆既日食じゃなくて
怪奇にショックだわぁ。
~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009/06/07

昔話 46 日付変更線

ちょっと海図を見てみよう。
ここは南緯が21°であるが、東経は、およよ、西経175°つまり、西半球に入ったわけだ。 じゃぁ、日付が一日変わるよね。当然日付変更線を横切ったから、、、なんと横切っていない。
誰が決めたか知らないが、西経172度に日付変更線があり、そのすぐ西側にトンガ王国は位置するのである。
もっとも、フィジーは丁度180°ライン上にある。 同じ経度ながら、トンガの真北、緯度にして8゜のサモアは日付変更線の向こう側で、まるっと一日違う場所なんですね。
フィジーの島の大半が東半球だからうなずけるが、「トンガは、日付変更せぇへん」とおっしゃるのだから根性ですな。
まぁ、オーストラリアドルがそのまま使えるのだから、国としては、オーストラリアを向いているんですね、 っつうか、通貨(コイン)が発行されていないので、しょうがないですね。
周りは綺麗な海、魚介類はいっぱい捕れる。 1日に1ドルあれば家族一同が暮らせるという環境だから、あくせく働く必要もなさそうである。
そんな国の港に日本のばかでかい船が入港したとなると、見物に訪れる人は多いだろうな。 ええ?見学者が少ないって? 
興味も少なけりゃ、人口も少ない。 だから、船内見学に来ないのか?
来たと思ったら、カナダ人だった。
とんがことになってます。
サーファーだというカナダ人が明日も滞在しているから、一緒に島を遊んで回ろうというお誘いがあった。
トンガに来ている人はみんな親切なんだな。
そんなことを思って、眠りについた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/04

Aくんへ

A田君の訃報が飛び回っている。
同窓生がまた一人いなくなった。 非常に残念です。
次か、翌年か関西で一度飲もうと思っていたのに、、
大学時代、よく一緒に遊んだ友人です。
告別式にも参列できないが、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »