« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/28

雪の降る日は、寒い

01_2
昼前の雪は午後から霙、雨へと変わった。
外で働く人は大変だろうな。

あ、俺も午後から出かけなきゃ。

東京って、意外と地下が発達しているから、目的地まで濡れずに行けないかなと、、、、
甘かった。
200m程雨に濡れられてしまった。 まぁ、これが普通なのに、、、大分頭がズレてきている。
寒かったな~

暖冬だったから、特に印象的。
コートを着ていない旦那は、ほんとサムかった。

帰りがけ、
「ひょっとして、旧姓 富山くん?」
懐かしいなぁ。
うん十年ぶりに会う、大学時代の同級生。
雪の日に現れた幽霊のよう。

ちゃんと足があり(名刺まで持って)ました。

滅多に会わない事が二つ重なった1日。

夜は禁止?町へ出かけ、初めてのライブハウスへ、
922701
こぢんまりした中に、でーんとグランドピアノがある、なかなかのお店「LadyBird」。
女性の出演者が多いらしい。
で、第2セッションが終わる頃まで、お客は私一人。
なぜか、私が行く時はお客さんが少ないんだよね。
ライブハウス全体がそういう傾向にあるのかな?

初めて行った禁止町の店、また行くことが楽しみなお店発見です。
本社がこの町にあった時に、見つけられなかった旦那
「悔しいっです」 ※◇_<;;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/02/24

豪華なお昼

とあるビルの地下一階のお店に、仕事関連の人たちと入る。

昼からこんなもの食べて良いのか?
からすみのスライス。
ツブ貝。
あんぽ柿、、、。
菜の花のおひたし。
これらが、前菜。
さらに天ぷら、、、ご飯、、、、。
最後のデザートに、黒ごま豆腐。

後は忘れた。

とにかく美味しかった。

普通なら、画像をアップなのだが、それはちょっと無理な雰囲気。

だって、目の前は美人!
目が、メガ引きつけられて、料理なんて覚えていられない。
写真も無理。
マイ箸をこっそり出すのがやっと。

だって、シンガポールの美人さんで、ちょっと詰まると英語なんだもん。
英語考えているうちに、料理を忘れる。

今日は、ビルの上の方で仕事の打ち合わせ、それが終わったら、ちょうどお昼直前。
ベリーナイスなお昼時でした。 
もちろん、いくら好きでも、ワインもお酒も断りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/22

偽卵巻き

偽卵巻き、、、
もっと良いネーミングがあるでしょう?

レシピ as follows...

材料:1本分
 卵    4~5個
 海苔     2枚
 ごま油    少々
 塩       少々

ゆで卵を作る。(固ゆで)
殻をむいて、白身と黄身を分けて取り出す。
黄身には少し塩をふる。
白身、黄身をそれぞれ裏ごしする。
簾(まきす)の上に海苔を敷き、軽くごま油を塗って海苔は二枚重ねにする。
白身のみを広く伸ばして四角く適当な大きさにする。
さらに黄身のみをのせて、広げる。
普通の海苔巻きのように巻き、しばらくそのままの形を保つ。
 (サランラップを使用しても良い)
1cmほどの厚さに切って、さらに盛りつける。

以上、簡単レシピですが、実際に作ると、意外と手間がかかる。
あくまでも、目の観賞用にお遊び料理です。

私が名前を付けるなら、「巻きえぐ~?」かな

おっと、写真は取り忘れです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/20

住民ふぉにゃららカード

19日、とうとう住基カードを申請しました。
発行まで約15分
手数料やら、よくわからないものに千円も使いました。

基本的には、この住基カード反対です。
情報がどう漏れるか判ったもんじゃない。
情報漏らしも特定に時間はかかるし、難しい。

かたや住民票の移動もできない人たちがいる。
家庭内暴力、、俗に言うDV被害者である。
今でさえ、自分の住所を伏せたくても、伏せられない環境があるので、自分の住所も、子供がいたら、友達にもいえない状況。 もしバレれば、暴力配偶者が、、、、、
住基カードが秘密保持できなければ、やばいなぁと思って、これまで拒否してきたが、 今回、税金の還付のほかに5000円もらえると言うことで、住基カード1000円+IC読取機2480円の負担をすることとした。

5000円は余分に国民の税金から支払われる。
3480円は個人負担だ。

なんかおかしくないかい? 

e-Tax 導入のために? 
税金が一人5000円使われ、個人の機器購入ほかで3500円ほど支出する。
どこにメリットがありますか?
一昨年はネットで申告、領収書は郵送。 それでも確定申告はできていた。
国はなぜこんな余分な支出をしたいという意志が説明されていない。

国民のための役人が、なぜ、弱者の国民をいじめるの?

それは、あ、そうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/19

キムチの気持ちの中心はどこに?

只今、キムチの育成特訓中。
なぜだろうか?美味しくならない。
2回目もうまくいったと思ったのに、
今回は3回目。

だし汁、、、鰯 +α
アミの塩辛(川崎で購入)
韓国の唐辛子粉

塩抜きした白菜にネタをすり込んで、、、、
1週間たつのに、アミノ酸の発酵がまるで見受けられない。

ホタテのだしの素αが悪かったのか?
以前、茶碗蒸しに舞茸を入れて固まらないと、(自分が)固まってしまったが。

今回も相性があるのかな?

やっぱり烏賊の塩辛を入れるか?

大阪のアミ塩辛じゃないとだめ?

アミのアミノ酸が悲惨なせいか?

旦那の勉強不足とか根性なしのせい?

なんとかしたい!!

白菜はたった200円なのに、すでに唐辛子が500円、アミ塩辛が500円かかっています。


♪きっといつかは~、キムチ漬けの天才になってやる~!

キムチだけに、気持ちだけは、、、、

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/02/15

また贅沢

本日は民生委員・児童委員の研修会という?会合
92150
電車に乗って中華街まで、
ちょっと食傷気味の旦那、先日のウナギと河豚で、高級食材は日は腹にあわないと思いつつ、食べました。
飲みました。
食事前の口調の長ったらしい、どうでも良い講演はオミットしたかったが、
食前酒のつもりでいね無理。

9215 定刻を10分遅れて、宴会の始まりですわ。
ビールと紹興酒、ワイン
はっきり言って飲み過ぎ?
紹興酒の8年ものと10年ものの区別は旦那には全く不明。

いやあ、食い過ぎですがな。
あるお姉ちゃんは、これ持ってけ!と唐揚げを旦那の手提げ袋に入れるは、、、紹興酒の残りも、フタしたから持って行けとバッグにつっこむ。
ばれたら大変やど、、、。

92153 しかしおなか一杯や。

今週のお昼相当食事制限が必要やな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/14

チョッコレート、チョッコレート、チョコレートは、、、

3個、戴きました。
=^_^=
最近、義理チョコばかりで、お返しが大変なチョコが多かったのですが、昨夜?戴きました。
うっかりして忘れるところだったけど、、、
(やっぱり飲んべぇは、うっかりが多いですね。)

実は昨夜は、ノー残業デー。
そこで、旦那の社長が100円会費以上で飲み会を開催。 (ん、費用はどこから?)
旦那は250円出して、ビール2本。

気が付いたら、もう18時を大分廻っている。
慌てて中央線へ走り、T駅の「農家」へは7時45分過ぎに到着。
セッションが始まっているのかどうか判らなかったが、演奏者に手を振って、まずはビールの後始末(トイレが近いのだ)
21時には帰るつもりだったが、お客は私他、もう一人。
帰りにくいですね。 結局22時までいたが、これ以上過ごすと終電に遅れそう。  ボトルは半分以上空いていた。

家に帰るとほとんど午前様。
娘が待っていましたョ。

最近、私があの店に行くと、客よりその他大勢の関係者が多い。
前回は、客が一人に演奏者2人、店内のカウンターに2人。旦那が行かなきゃ、閑古鳥も泣けない状況だったのが、笑うに笑えない。
良いライブハウスだから、気が向いたら、覗いてやって下さい。

旦那は、2~3ヶ月に1度覗く程度。 あはは、金が続かないのだ。

Gremz92

ブログ脇のgremzは昼間はハート型の雲が流れ、夜はハート型の雪が舞っています。

粋なことを、、、

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/11

海を渡る、伊勢参り

日曜日、朝8時前、前日借りたハイエース10人乗り。
駅前まで転がし、集合場所へ。
続々集まってきた、お仲間を乗せ、8時丁度に出発。ボランティア団体?の1泊旅行のスタート。
まず、東名高速に乗り、快調に清水まで。
「日本平」へは、1本道を間違え、グニャグニャしたカーブ連続の登り道。
92080012 さすがにここは、富士山が綺麗。 先ほど休憩した富士川SAより、眺めがよい。
92080010 ふと見ると、「赤い靴の女の子像」。あの話のモデルとなた女の子は清水生まれらしい。
異人さんに連れられずに、最後は孤児院でなくなったそうです。 歌とは大違いですね。

別ルートの下山道をさっと降り、「美保の松原」へ。 海は広いな大きいな~♪
晴れていたので、海風がさわやかです。

92080015 さて、時間も経ち、食事を予定している「舘山寺」へ向かうのですが、既に時刻は11:40。
92080019 鰻を食べるため、ここから1時間以上かかる温泉地へ車を走らせる。
現地に着くと、「志ぶき」は他の店と違って、行列が、、、30分ほど待ち、やっと店内へ入る。 注文したのは、「おひつまぶし」! 一人前2,300円で、私のお腹は大満足。
92083 ただ、女性メンバーから、「美味しいけど、お腹一杯で食べきれない」と半分近く残ったご飯桶が3個廻ってきて、都合、2人前以上頂きました。 そのまま食べても、お茶漬けにしても、美味しい「ひつまぶし」。 皮がカリッと焼いてあり、ジューシィな鰻、とってもEELでした。

店の駐車場には、うなぎ地蔵が笑顔で送ってくれました。

おや!時計を見ると、14:20。 予定していた、豊川稲荷行きは中止です。 

張り切って車を飛ばし、(おまわりさ~ん!)速度違反です!
92080024  何とか16:00丁度に「伊良胡港」に到着。 大あわてで、下車し、駐車場に車は置きっぱなしにして、高速艇に乗船。 「日間賀島」まで片道¥1,360円の船旅が定刻の16:10に出航したので、ギリギリセーフと言ったところ。 これを逃すと1時間後の師崎行きのフェリーで乗り継がなければならないので、一般道を飛ばしたかいがありました。

92080026 前日から予想していた通り、海は強風下の荒天。 船が島影に入る10分ほどは、船内はジェットコースター状態で、船客は「きゃーきゃー、ワーワー」の大騒ぎ!
船酔い者が一人も出る間もなく、30分後に日間賀島西港に到着、蛸のモニュメントが我々をお出迎えです。

宿は「ホテルやごべえ」、偶々、ここのご親族のお嬢さんが旦那と同じ会社。 だから?ではないでしょうが、歓待を受けました。
  92080032920800359208003692080037

92080038

 

夜は、河豚づくしのパレード、「てっ刺」「てっちり」「唐揚げ」「白子」「焼河豚」、、河豚の皮から白子まで沢山、、、その他、伊勢エビとイカの刺身、そして、日間賀名物、「蛸の丸煮」! もうもぅ食いきれない。
お酒も、料理に押されて、4合程度しか入らなかった!←飲み過ぎ。

920800309208002892080027   個人的には、到着時、寝る前、起床後にお風呂を戴きますが、お風呂も4F屋上をロッジ風に建てた三角形に仕立ててあり、浴槽が露天風呂に続く、構造。夕方の日没を見ながら、また、夜空を長めながらのお風呂は、嬉しいです。 特に久し振りに見る、澄んだ冬の夜空は綺麗でした。 温泉とは書いてないのですが、お湯が少しぬるっとしているので、鉱泉を湧かしたものと思います。

92090039 翌朝は、前夜の伊勢エビの頭をみそ汁に、ワカメのしゃぶしゃぶなど、ほとんどこの島で採れた食材を利用してのご馳走。
良い島ですね。

  海上タクシーなるものを使うのも初めてですが、伊良胡09:30出航の伊勢湾フェリーに間に合わせるには、定期便では無理なため、利用しました。
支払いは、船長にするのですが、会計担当者は理解できていず、そのまま支払いせずに下船しようとする、、、、説明しなかった私が悪いのでしょう ン?

9209004492090042無事に駐車場にポツンと停車している車を発見、ホッとする運転手。
これから、フェリーに車を乗せて、伊勢湾を横断です。
このフェリーにはフィンスタビライザーが付いているので、まるで地面のように揺れていない。 感動ものです。 しかし、このフィンスタ、うん千万もするので、普通の船にはつけていられないです。

海を渡って暫くして、車に給油、51㍑。
良く飛ばしたから、、走行距離400㎞弱、こんなものかな。
92090050920900499209005292090053    伊勢神宮内宮近くは、駐車場待ちの長い列。 少し離れた駐車場へ入れましたが、、参拝道に横から入ったところは、丁度「おかげ横町」。 参道はあの「A福」本店がありました。 月曜日というのに、この参拝客の多さはなんと言うことだろう。 まるで、新宿・梅田・栄などの地下街ほどの人通りだね。 両側のお店も景気良い。 干しサンマの試食など、バンバン焼いて、大きな固まりを食べさせている。 水に濡れると桜の花が浮かび上がる傘、伊勢うどん、まんじゅう、飾り物など、参道は大にぎわいです。

92090058 内宮は残念ながら撮影禁止。 なんでだろう?と思いつつ、階段の下で写真をパチリ。
あとは、自分の眼に焼き付けて、、(もう薄れているが)、神官があちこちにいて、なかなかカメラを出せないですね。 お参りを済ませ、お守りを購入し玉砂利を踏みしめて、ワイワイと帰りました。

お腹も空く頃。丁度12時だし、、、「伊勢うどん」を食べましょうか?との声が上がる中、車を走らせる運転手は、カーナビの目的地をとりあえず「松阪」に、、、県道の看板には「松阪牛」の名が入った、○○とかG牛とかの看板が多く、、、誘導しましたが、松阪牛を食べようと言う所までは誘導できずに、途中のJAレストランで

92090062 「伊勢うどん」を食べることになりました。
あは、前日からの豪華絢爛のご馳走は10年分の、いや一生もんの食事で、もうこれ以上の贅沢は、お腹が持たないということで、残念ながら、松阪牛は次の機会に持ち越しです。

さて時刻は14:00。 あとはもう帰る帰路のみ、ここから400㎞以上を飛ばしましょう。
松阪から、伊勢湾高速に乗り、東名高速へ豊田で接続、そのまま順調に地元まで帰ってきました。 ガソリンスタンドで、警告灯の灯いたタンクを満タンにしたら、55㍑入りました。 106㍑の消費。 皆さんを自宅近くへ送り、車を返却した時は19:30。
事故もなく、無事に過ごせ、なかなか楽しい研修旅行でした。

勿論、民生委員の研修旅行でしたから、宿泊場所での討議も日程に入ってましたョ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009/02/07

車の運転、海を渡る?

明日の朝出発である。
先ほど旅行に必要な大きな車を借りてきた。
本当なら、明日の8時の営業開始から借りに行くのだが、夕方、店に行ったら、持って行っても良いというので、早々に引き取ってきた。
10人乗りのハイエースである。 8人での旅行には充分。
同型の15人乗りは、最近置いていないらしいので、ゆったりサイズの車だ。

さて、運転手は私独り、目的地は日間賀島。
三河湾に浮かぶ小さな島なのだ。
ここはタコが有名で、フェリー乗り場の所に蛸のモニュメントもある。
今の時期は美味しい河豚を食べさせてくれるのだ。 ジュルリ。

翌日は、海を渡って、三重県に。
そう お伊勢参りなのだ。
敵は天気であるが、どうも明日の午後が風が強く、月曜日は穏やかな天気になりそうだ。
従って、仲間との旅は楽しくなりそう。

いつもは、ボランティアで苦労する仲間達。
ゆっくり羽を延ばす旅になりそうだな。

勿論明後日は、有給休暇で無理矢理休みを取っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

昔話 41 異国の地

シドニーの湾内に入りましたが、バースがないのか、沖アンカー。
外国への初上陸はボートです。 1隻だけはエンジン付きのため、鮮やかな船首波を立てて、岸壁にまっしぐら。 「うらやましいなぁ」と思いつつ、えっちらおっちら漕ぐと、ピンカチ(ピンカートン)の白いズボンが気になりますよネェ。 上は夏の略服ですが、下は正略関係なし。  ましてや、作業服での上陸は当然禁止です。 商船士官養成の訓練生であっても、「礼を尊べ」ということですね。
今日は、半日上陸なので、8時までの上陸。 とりあえず、初めての外国の地ですから、足を踏みしめ、、踏みしめウロウロしてしまいます。 換金した50豪ドルで、何に使おうか?迷ってしまいます。 どこかへ行くには少ない。 何を買うにも、もったいない。 それにもまして、自分の英語が通用するか全然自信がない。 だから、ウロウロするんですね。 欲しい本があったので、それを探して、本屋だけは念入りに物色しましたが、、、結局、探していた「ホーンブロワーシリーズの第一巻」は見つからず終いでした。
向かい岸の動物園に行けば、コアラに会える。 ちょいと足を伸ばせば、オペラハウスが間近に見られる、なんてことは船に戻ってからみんなの情報でわかりましたが、最初に降りてどぎまぎしながら、町を歩いているうちに、夕日が赤くなってきました。
そこで、のども渇いたし、勇気を出して友人とパブに入り、ビールを頼むことにした。 なんか床はピーナッツの殻がいっぱいで、たばこの煙をかき分けてオーダーしました。
“Haai, Beer puriizu" ←んな発音で。
ビールは来たが、その他に英語の質問が、雨あられと来た。
本当はつまみの方が良かったが、英語の質問がわかるのだろうか?
“フムフム、アッハーン“
どっから来たんだ?とか、海軍か? と聞いているようだ。
そこで、「I cannot speak ,,,,,aha, I'm Japanease, and marchant marine student....」とかしゃべくりました。
何とか、意味が通じ、ビールの追加はあちらさんのおごり。
てなことで、初の外国語体験が無事終了しました。
その後、帰船時間が迫っていたので、あわてて本屋に入り、雑誌を1冊買ったのです。
“これは、後輩たちへのお土産。日本では手に入りにくい雑誌なのだ“
想像にお任せをします =^_^=

| | コメント (8) | トラックバック (0)

旅行熱にうかされる

そんな感じがする、うちのバカ息子。
今朝のメールで、
「搭乗手続きが済んだよ!」
・・・・・
道理で、朝早くすっ飛んでいったわけだ。
友達の誘いに乗って、12人で、10日ほど過ごすという。

それも異国の地で、
通貨はルピア。

Idr_ 親父も太っ腹で、40万ルピアを換金して持たせた。

「こんなにたくさんあると、使い切れないかもしれない」と言う。
そうだな、向こうでの小遣いとしては多い?

日本円にして、約4700円。アハ。
なんかすごい貨幣価値です。
今頃は、現地で遊んでるだろうな。

父親としては、「かわいい子には旅をさせる」
息子としては、「学生のうちに遊べや遊べ」なんだな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »