« 良い船?悪い船? | トップページ | ♥記念日♥ »

2008/10/09

昔話 37 南十字星

練習船「星雲丸」は、出港2日後の夕方(1630)、29゚48'N(北緯29度48分)、140゚20'E(東経140度20分)の海上にいた。 海の上にニョッキと突き出た「嫂婦岩(そうふいわ)」が見えた。 このあたりは水深2000m級の深さで、海底から天狗の鼻のようにニョッキと突き出ているから不思議。 高さは約100mあり、伊豆七島から小笠原へ向かう途中の凄ッイ奇岩である。小笠原諸島の緯度を通過するのは、その夜()。 遙か沖合をすり抜けた。
神戸から、嫂婦岩を目指してきたのは、まだまだ、乗っている学生が天文航法の実践を行っていないからで、とりあえずの電波航法(ロラン、デッカ、オメガ)などの位置精度と、自分の船位が合致するのかの実地訓練が目的か? 針路としてはかなり東よりのコースである。 そのままのコース(128゚)だとチリの北西部向いてたからね。

その後も順調に航海し、サイパンに近い、ウラカス島(20゚33'N,144゚54'E)を通過する頃は、緯度的には水平線上にあの「南十字星が見えてくる頃である。
夜のワッチで探していると、三等航海士(3/O)が教えてくれた。 アソコのあの当たりと、南南東の方角を示してくれた。
 -------------
3/O 「だからアソコに見える大きな十字があるだろう? でかくて、星も明るく輝いている4つの星」
学生 「ウンウン、見える」
3/O 「あれが噂の偽南十字星だよ」
学生 「ン???」
3/O 「だからあれは偽物、本物の南十字座はその左下側だよ」
学生 「ばっかー」
3/O 「騙されないように、教えてあげたんだよ。 気になるのなら、各自天測暦で調べて、星の名前を覚えておくことだ。 遠航では天測するから必要だよ」
学生 {ショボン}
 ---------------
※) 南十字座は、こぢんまりとした星座。南中した時には右肩が少し上がって見え、下の星(α)と右肩の星(δ)との間に少し明るい星(ε)があります。 下から時計回りにα→εの順で、全てが概ね5゜の角度範囲に固まっている星座です。 士官は教えてくれませんでしたが、北側(上)のγ星からα星の距離を4.5倍にしたところに天の南極があるのです。 だから大航海時代の船乗りは、カシオペアや大熊座による北の方位と、南十字座による南の方位を掴んでいたんですね。
海の上で方向音痴になったら、、考えるだに恐ろしい。
だから、星の名前は覚えておこう。
なになに?梅星とか夫星とかはあるかって?
売る星!

(ウメボシも、オットセイも地上にはありますが、空の上は......)

20080013 <<嫂婦岩>>
20080010 <<小笠原>>
20080015
<<南十字星>>
画像は何処かから
取って見て下さい。

|

« 良い船?悪い船? | トップページ | ♥記念日♥ »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

cat子にけねこのころ
北半球から見えるのが北斗七星なら
南半球から見えるのは南斗六星だと何かで知ったのですが、
南十字星の方がだんとつ有名で
南斗六星なんて言っても誰も話にのってくれません。
それにしても「嫂婦岩(そうふいわ)」
ってこの写真でみるかぎり、こわい…。

投稿: にけねこ | 2008/10/10 23時12分

ここを登った人は登山家。
次にの登れるのは。。
旦那が船をこぎ、誰かが登るのかなあ。
多分、その登山中、きっと磯釣りでしょう。
美味しそうな魚が一杯いますよ、きっと。

投稿: Samson♪ | 2008/10/10 23時45分

いや~、こわいのでございます。
なんでかわからんけど…。
登りたくないのでございます。
この岩、写真だと大きさがわからないのでございます。

投稿: にけねこ | 2008/10/13 20時47分

にけねこ<99mの高さとあります。
登るには、ザイル、ハーケンなどをご用意。
また、救急車はここまで来られませんので、ご覚悟を。

投稿: Samson♪ | 2008/10/13 22時17分

cat写真でみると実感がわかないのでございます。
なんか、この岩にぐるっと腕をまわして
しがみついているにけねこが想像されてしまうのでございます。wave
でも…ほんとうはアリンコくらいの大きさなんでございますね。
「嫂婦岩(そうふいわ)」なんて難しい名前はやめて
「SAMSONの指」、
ではいかが?happy01

投稿: にけねこ | 2008/10/15 18時42分

にけねこ<It's a nice idea! って、勝手に名前つけちゃダメですよ。

投稿: Samson♪ | 2008/10/16 06時26分

あーら、ニックネームでございますわ。
別名、『Samson(氏)の指』と呼ばれている、
なーんて、言われるようになったらどうしよう…

投稿: にけねこ | 2008/10/17 01時29分

にけねこ<サムは親指のこと。
サムソンは親指がなくなること?

やっぱ、親指と言うより「天狗の鼻」ですよ

投稿: Samson♪ | 2008/10/17 22時43分

ははは…
サムにかけていらっしゃいましたね。
しかし、水深2,000メートルでございましょ?
海に沈んでいる部分はどんなふうになっているのか
思わず想像しちゃいます。

投稿: にけねこ | 2008/10/18 16時39分

にけねこ<海の中は、、、底は、そこはかとなき神秘の部分、 潜って見ようなんて思わないことですね。
見ると、きょうザメ間違いなし。

投稿: Samson♪ | 2008/10/18 23時54分

catもちろん、想像するだけでございます。
にけねこは、そのへんの岩もshockこわいのでございます。
え?この顔の方がこわい…?

投稿: にけねこ | 2008/10/20 14時34分

にけねこ<ひょっとして、にけちゃんて お岩さん?

投稿: Samson♪ | 2008/10/20 23時24分

キャーッ、実はそう…。happy02lovelybleah
実在のお岩さんは
夫婦仲よろしくお稲荷さんを深く信仰する、
あげまんだったそうでございます。
にけちゃんも、あやかりたいニャーcat

投稿: にけねこ | 2008/10/21 18時05分

にけねこ<う、そうですか、甘いお饅頭だったん?
おあとは お茶が怖くなりそう。

投稿: Samson♪ | 2008/10/21 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/42739155

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 37 南十字星:

« 良い船?悪い船? | トップページ | ♥記念日♥ »