« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/28

昔話 38 蒸し風呂

1月22日朝 小笠原諸島の母島列島を10'通過してコースは真南180゜に変針した。(現代の用語・ワープロには変針という言葉がないのかな? 変身か返信ぐらいしか出てこない)
ログブックには、0630 A/Co to 180, abeam 10' off HahaSa/.. と書かれた。
昼には硫黄島を遙かに望んで通過(実際には見えない)
翌23日には、ウラカス島を過ぎ次はサイパン島などと進んで行くと、船内・外気ともに、だいぶ暑くなってきたので、今夜寝られるかどうかだいぶ怪しい。
昼の船の位置は、北緯20゚をきり、東経145゚近くになった。

日本時間と現在地の差を修正するため、時計を現在位置の経度に合わせて、船内時計を24分進めた。
これは、急に1時間進めたり、減らしたりするよりは、ワッチ毎に少しずつ目的地の時間に合わせていくため、負担が少ない。
でも、東向きに走っていけば、日付変更線を超えて、もう一日同じ日付を働くことになる。 
世界一周すれば、一日分の労働が増えるわけだ。 ただし、時間調整は8-0のワッチで行うので、毎回数分ワッチが短くなっているので、それを当直する3/O(三等航海士)はチャラであるが、他の人はどうなるんじゃ? Yes!ただ働き!

船内時刻の調整は、放送でそれを伝えたが、0-4ワッチで休んでいた人は、放送を聞き逃していると、、昼飯を食べてから、当直に入ろうとしても、すでに時間がない。 昼ご飯を大慌てで掻き込むことになる。 
それを予測して、気をつけよう。

24日、今朝0-4ワッチを終え、すぐLogbookを書いて寝てしまったので、起きたのは9時過ぎ、もうサイパン島は全然見えなくなってしまっている。 サイパン島の南西にグアム島があるが、現在はその東130'(240km)のところを航走している。マリアナ諸島とはいえ、ほとんど島影も見えず、夜中にAnatahan島で変針した時に、この島をみただけである。
既に、船は北緯14゚まできている。 船内は蒸し風呂状態で、暑苦しく、まだ、クーラーが入っていない。

真冬にクーラーとは? でも、北半球は冬でも南半球は夏。 赤道近辺は「♪夏、夏、夏、常夏~!」 こんな暑い環境で、生活するのは大変。 戦争中にこの近辺に送られてきた人たちの苦境が感じられます。

船上の人たちは皆裸に近い。
戦場の人たちも皆裸に近かったんでしょうね。
毎日が、蒸し風呂、ただそれだけで死にそうになるのでは?

明日よりクーラーを入れるとのこと。 
生き返るョ、きっと。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/10/24

映画三昧

泣けちゃいますねぇ
昨夜は「イキガミ」、今夜は「おくりびと」
涙しますねぇ、峰岸さんは映画の中でも死んでました。

泣けますねぇ、

これらみんなタダ見ですから。
あと20日間タダ見が出来ます、T◎H◎シネマgood
「レッドクリフ」も、「ホームレス中学生」も、「ハンサムスーツ」も、、、、みんなタダですeye

とある知人は、毎年のようにその恩恵を受けているそうですが、私は2年目にしてやっとです。
毎年、この特典を得るには、毎月7~8本見るわけだから、よっぽど暇な人? もしくは家庭が△△? ちょっと疑いますねぇ。

だが、悔しいのは、今週の土日も仕事で、遊んでられないんだなぁ、これが。
造船の町、尾道に出張です。

その代わり、出張先で美味しい「尾道ラーメン」を食べてきますね。

唐沢のアイスも食べてこよう。 bleah

行ってきま~す。=^_^=

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/10/19

道草

朝起きると頭が重い。胃の調子は最悪。
ロビーでゴルフ組メンバーと帰路の挨拶をすませた。
朝食をグッと我慢して新幹線へと急ぐ。
Photo いつもの定番、新大阪在来線の「浪速屋のうどん」の「刻みうどん」が気持ちよい。

ここは、おすすめのうどん屋である。

Photo_2 途中下車して、「くろしお」に乗り換え、和歌山へ。
今回道中の空いた時間にする、道草のTargetは、和歌山城。

Photo_3  徳川吉宗で有名な紀州の城である。
天守閣まで昇って見るが、コンクリートのRC造りでは、気分も半減ですねぇ。 ここは紀ノ川河口の小高い場所に建てられた城で、本丸へ上がってくるだけでかなり疲れ、天守閣そのものはあまり大きな造りとなっていない。

展示物には、なにやら、石碑のうつしが取ってある。
6 ♪てんてん てんまり てん手毬、かきねを越えて 山越えて、、、、、、紀州の殿様、、、♪ のくだりまで来た時にやっと、この地のマンホール図柄の意味がわかりました。
長野県松本市のマンホ図柄も毬であったが、どうもあちらは蹴鞠、こっちは手毬、ちょっと違うのかな? 時々、観光地のマンホ図柄にペインティングして、芸術性?観光性を高めているので、注意してみたが、ここ和歌山にはないようです。

Photo_4 そして次のTargetは、そう、和歌山ラーメン。
店の場所をきちんと調べてなかったので、駅前(何処の?)の中華蕎麦屋さんに入った。
細麺ストレートでこってりした醤油味は美味でした。ただ、¥570.-でもボリュームが少なかったのと、麺がフニョフニョで歯ごたえの無いのが気になった。 まぁ、シコシコしてれば「固い」とか、ぐったりしてればフニョフニョだとか、文句の多い旦那の口であるが、、、全体的には美味しかったので、ご勘弁願おう。
38 ところで、店のテーブルの上には、「早なれ寿司」なる物が置いてある。 鮒のなれ寿司などは癖があると聞いていたので、恐る恐る開封して食べてみると、これは鯖の押し寿司。
ベトベトの寿司を想像していた旦那には、嬉しい誤算。 ラーメンのボリュームを補い、美味しく戴けたので、これまたご勘弁である。
和歌山まで出かけた価値は十分にあったと思う。

帰りは大阪で「551蓬莱」の豚まんを買って帰ることにした。
これで、今回の土産は「バッケンモーツァルトの洋菓子」「豚まん」と美味しい土産話の3点セットである。 そして、ラーメンを2食、うどんを1食、まぁまぁの麺食い道中となったわけである。

こんな道楽をしてきたというのに、帰った家では、小言も食わず(もっともあまり話していない)、残り物の天麩羅でうどんを戴いた。 よほど麺に好かれているのかな?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

なんとまぁ、出張の目的は?

本日は「安全会議」と言うことで、福山に来たわけだが、私の出番は3時から、昼について、ブラリと散歩した。
8a170016 なんと、ここにはセルフサービスのラーメン屋が出来ている。
8a170015 塩ラーメンを注文したが、¥280.-、何とも安い。玉子が¥100.-をのせて、背脂、天かす、胡麻などは自由にトッピング。
塩だけあって、そんなに癖はない。 しこしこした縮れ麺が癖になるかも?

82 福山城で時間つぶしに小説を読んでいたが、時間になったので、タクシーで会場へ向かう。
結構遠い場所で、何でこんな所でするんだという批判もあった。
オートプレイピアノがやたら曲を弾いているが、何とも心地よくない。プログラムがへたなのか、あれでは、何か別のCDでも流した方がマシという物だ。

「安全会議」に私の話が必要かどうかわからないが、聴衆約50人にお話をさせて頂く。
会議後には、バンケットの料理が出され、第一次の懇親会である。
何とも不味い料理、シャコの背側の殻は取ってあるが、足は切っていない。 本来シャコの足は切っておくべきかと思うが、、、その他、にぎり寿司でなくても良いが、何とも味気ない寿司、不平たらたら(後で聞いた)である。

私はビール片手に名刺配り、そのうち壇上に呼ばれて、ご紹介なる物もあった。 この懇親会は私ともう一人の異動者の紹介の目的も兼ねている。 勿論名刺はごっそり用意して、、人と話し込んでいるうちに、「中締め」。 他所では知らないが、「中締め」=「お開き」であるからして、皆さん帰り支度。 時間もあったし、私はまだあまり食べていないので、腰を落ち着けて、不味い蕎麦、寿司、ポテトなどで少しお腹に詰め込む。 Nさんの勧めもあって、日本酒をグイグイと、、、

 実は、次の店での懇親会が本当の目的(おやおや、目的はいくつあるのだろう)。 次期の建造船主さんとの懇親が一番重要なのだ。
10名ほどでテーブルを囲み、夜は更けていく、、、

今夜の収穫は、広島のもみじ饅頭は「Nしき堂」ではなく、「FG屋」の方が美味しいとか。 私には甘い物がさっぱり判らない。
8a17bm17 そのくせ、明日の時間がないと思って、天満屋内の「バッケンモーツァルト」で洋菓子を購入、お土産の用意だけはしっかりしておりました。(何故か、ここのサービスカードを持っていて、ハンコが埋まったので、千円引き)

ホテルへはどう帰ったかは覚えてない、、チェックインしてすぐ、フロント横のパソをいじったのは覚えているが、忘却の方が多い夜でした。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008/10/17

千葉ビール工場

朝は別の所だったが、午後は千葉へ行って来ました。
それもとある工場の近く。

仕事を終え、上を見ると
8a16ber3 なんですよね=^_^=
海上保安庁のOBと一緒に飲んだのは、××

まぁいいっっか?
仕事中に飲んじゃあ....................
でも飲んじゃったもんね
帰りはビール工場のバスに乗って津田沼まで、20分の旅。
来週の月曜日にもまた行こうかな?
夜は確かに別の所に行きましたが、、、、足下を見るとマンホールが一杯である。

津田沼駅の北側は船橋市8a49

そして南側は習志野市8a1

なんとかぁ
あっさりしたマンホである。

T市なんざぁImg_0002
ですよ。

最近カラーマンホにはまりそうな旦那である。

PS.17日は福山出張。 18日はフリーになりますが、和歌山方面に足を伸ばそうと考えています。
和歌山ラーメン、その大2系統食べられるかな?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/10/13

レクリエーション

本日は朝早く、家の前の公園でみんなが荷物出ししているのをみて、大あわてで外に出たが、うちの町内会の集合より30分も早かった。
慌てて存したなぁ。
30分も家で休んで、出直し。
で7時半に集合して、リヤカーにテントなど積んで、中学校へ。

テントは30分で組み立てたので、また、45分ほど家で一休み。

やっとこさ始まった連合町内会のレクリエーション。
地元選出の議員共がご挨拶(要らないのに)
帰りには、ちゃんとお土産(タオル)を貰って10分で引き上げていった。
来た時は、名刺一枚、帰りはお土産付き。
いくら公職選挙法があるとは言っても、それはないだろう?
貰う時には、全然ためらわないもんな。 うそだろう?

学校の中は禁煙だから、おじいさんに注意したら逆ギレはされるし、皆さん良い性格の人が多いですね。

午前中に綱引きなど出たものだから、腕が、足が、痛いよ。

腕は午前午後の「大縄飛び」の回し方もやったからな。

1日皆に付き合って、お弁当とティッシュとかラップ、石鹸、
アルミホイルとかしか出なかった。

Bentou 中でも、他の町内会に比べるとうちのお弁当は最低。
おにぎりの小さいのが2個、唐揚げ2個、それに漬け物が付いただけ。

確かにお茶は飲み放だったけど、これじゃあ、やる気なくなるねぇ。

若い女の人との二人三脚が出来なかった性だろうって?

うん、それもあるかなぁ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/10/11

♥記念日♥

今日は結婚記念日。
でも 二日酔いでの記念日。
やる気のなさはどうしたものか。
またまた、仕事がたまってきて、憂さ晴らしに飲んだ、その翌日だからね。
晴れてきた午後にパソ叩いてるなんて、倦怠期か?
今夜は豪華に回転寿司でも行くか?
と二人して散歩し、「スシロー」へ

込んでいた、めちゃめちゃに。

向かいの回転しないお店「海鮮問屋」へ行くことにした。
テーブルに案内されたので、ビールを一本だけ乾杯用に頼み、メニューを見ると。

すべて高いじゃんかョ。
目が・です。

料理を一緒くたに注文し、( ^_^)/▼☆▼\(^。^ ) チン♪

出てきました、秋の味覚「松茸の土瓶蒸し」
美味しいです。 
料理は一人前ずつで、お互い箸を突きつつ、、、、、

家までは、だいぶ遠回りして帰りましたョ、




| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/10/09

昔話 37 南十字星

練習船「星雲丸」は、出港2日後の夕方(1630)、29゚48'N(北緯29度48分)、140゚20'E(東経140度20分)の海上にいた。 海の上にニョッキと突き出た「嫂婦岩(そうふいわ)」が見えた。 このあたりは水深2000m級の深さで、海底から天狗の鼻のようにニョッキと突き出ているから不思議。 高さは約100mあり、伊豆七島から小笠原へ向かう途中の凄ッイ奇岩である。小笠原諸島の緯度を通過するのは、その夜()。 遙か沖合をすり抜けた。
神戸から、嫂婦岩を目指してきたのは、まだまだ、乗っている学生が天文航法の実践を行っていないからで、とりあえずの電波航法(ロラン、デッカ、オメガ)などの位置精度と、自分の船位が合致するのかの実地訓練が目的か? 針路としてはかなり東よりのコースである。 そのままのコース(128゚)だとチリの北西部向いてたからね。

その後も順調に航海し、サイパンに近い、ウラカス島(20゚33'N,144゚54'E)を通過する頃は、緯度的には水平線上にあの「南十字星が見えてくる頃である。
夜のワッチで探していると、三等航海士(3/O)が教えてくれた。 アソコのあの当たりと、南南東の方角を示してくれた。
 -------------
3/O 「だからアソコに見える大きな十字があるだろう? でかくて、星も明るく輝いている4つの星」
学生 「ウンウン、見える」
3/O 「あれが噂の偽南十字星だよ」
学生 「ン???」
3/O 「だからあれは偽物、本物の南十字座はその左下側だよ」
学生 「ばっかー」
3/O 「騙されないように、教えてあげたんだよ。 気になるのなら、各自天測暦で調べて、星の名前を覚えておくことだ。 遠航では天測するから必要だよ」
学生 {ショボン}
 ---------------
※) 南十字座は、こぢんまりとした星座。南中した時には右肩が少し上がって見え、下の星(α)と右肩の星(δ)との間に少し明るい星(ε)があります。 下から時計回りにα→εの順で、全てが概ね5゜の角度範囲に固まっている星座です。 士官は教えてくれませんでしたが、北側(上)のγ星からα星の距離を4.5倍にしたところに天の南極があるのです。 だから大航海時代の船乗りは、カシオペアや大熊座による北の方位と、南十字座による南の方位を掴んでいたんですね。
海の上で方向音痴になったら、、考えるだに恐ろしい。
だから、星の名前は覚えておこう。
なになに?梅星とか夫星とかはあるかって?
売る星!

(ウメボシも、オットセイも地上にはありますが、空の上は......)

20080013 <<嫂婦岩>>
20080010 <<小笠原>>
20080015
<<南十字星>>
画像は何処かから
取って見て下さい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/10/07

良い船?悪い船?

車と同じで、船には検査があります。
外洋に出て、すぐ沈んでしまっては、乗ってる人も荷物乗客も溜まったもんではありません。
そこで、保険をかけて、少しでも損失を補おうとするのですが、中には、ボロ船に多額の保険金をかけて、沖で沈め、保険金をがっぽり戴こうとする輩が出てきます。
沖へ出ても大丈夫かどうか、何処の国も検査をします。
しかし、すべて官僚が検査すると、国の方策やら、なんやらで手抜きをすることがあり、それでは保険会社が黙っていません。
大航海時代、イギリスのお茶屋さんで、おしゃべりから発展してロイドが始めたのが、「きちんとした船にお墨付きを与え、それに保険をかけること」でした。  インドまでの航海が莫大な富を保証するので、船主はそれに入り出したのです。  これが発展して、現在のロイド船級協会となっております。
日本では、「日本海事協会(NK)」がこれに当たり、ここは船の検査だけを専門に扱っております。
8a07nk00_2 当社にも何隻かNKの船級を持った船があり、今日は、船の貨物のことで相談に来ました。
大きなビルではないんですが、今日打ち合わせするのに必要な図面1隻分(概ね大きな段ボール箱1個)を用意しており、成果はともかく、良いお話が出来たと思っています。

さて、明日の朝一番に今日のメモを書かなきゃ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/06

手が臭い

ミミ:「なんか鳴ってるんちゃう?」
ペコ:「腹の上がブルブルしてまっせ」
クッチー:「おみゃあさんたらー、電車の中だで、まっと静かに」
(旦那がカバンの中を探る)
アイちゃん:「やっぱりメールやんか、見たりい」
  「ママからや、"魚一杯あるから、早帰って来い"て」
スネ夫:「ゆっくり帰りゃ、ええじゃん、せっかく座ったのに~」
ペコ:「わい、腹減ったで、早う、お腹に入れたいわ」
クッチー:「魚一杯、全部捌かんと、食えしんでぇ」
(旦那のメール返信が早いか、電車が駅に着くのが早いか)
スネ夫:「よっこらしょっと、エスカレータは楽チンやなぁ」
クッチー:「楽したらかんがねぇ、ちゃんと歩かんと」
ペコ:「歩いとったら、腹減るから、ええやんか。 もう改札やし」
クッチー:「最近の男んたら~は、、だちかんがね」
スネ夫:「家に着いたかて、魚捌く間、立っとく身にもなったらんかいな。 ほんま疲れよるで」
(旦那が玄関をくぐる)
クッチー:「ただいま!」
ミミ:「いっつもやけど、"お帰り"聞いたためしないわ、静かやね」
(旦那が玄関上がる間もなく、息子が帰宅)
ミミ:「わ、びっくりしたわ~。 驚かさんといて~な」
クッチー:「お帰り」
ドラ:「帰ったョ~、腹減った、、今日は飯なに?」
スネ夫:「なんだい、これ。 すぐ飯なんて、エンゲル係数上がるじゃんかョ。」
・・・・・・・・・・・・
アイちゃん:「見たらんかい、ワレ、イナダやカツオ、カサゴまであるやんか」
クッチー:「これ、旦那一人で捌くんきゃぁ?」
スネ夫:「これで、1食どころか3食ぐらいは家計簿助かるジャン?」
ペコ:「捌いてる間、食われへんやろ? 堪忍して~な」
(40分後、袋一杯だった魚を捌ききるだんな、息子はその間に晩ご飯を済ませている)
・・・・・・・・・・
(缶ビールを空けながら、つぶやく旦那)
クッチー:「一仕事後のビールはめちゃうみゃあ」

(2時間後、娘が帰ってくる)
ミミ:「ビールが冷えてないって、娘がゆうてるでぇ」
ペコ:「誰が買うて来たビール思うてんねん」
クッチー:「もう一杯、飲もみゃぁ、娘となら楽しいがねぇ」

<今夜も、遊んでみました> =^_^=

************ 出演  と担当 *******
アイちゃん (どうも河内出身らしい女の子) → eye
クッチー (名古屋近辺出身のOL) → mouth
ミミ (芦屋近辺の有閑マダム?) → ear
ペコ (大阪当たりの学生?) → body
スネ夫 (横浜のサラリーマン) → leg
ドラ (特別出演:旦那の舌の息子)




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/05

息子の後輩




本日は晴天なり、 で、息子の後輩達の試合に、応援に行った。
親たちが、我が家へ5人集合。
8a05scrm 8a05mole 8a05lout
しかし、7対28で、あっさり負けてしまった。

私学にはなかなか勝ち進んでいくのが難しい現状。

3年生は少なかったが、これで受験勉強に打ち込めるだろう。
8a05try 2年でトライをしたO君、来年を期待してますよ。

帰りにふと見るマンホール、 図案は藤の絵があるだけ。
もうちょっと、デザインに気を遣って欲しいなぁ。

8a0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/03

ソウカ学会じゃない

とある会社の中、時刻は12時・・・・・・・・・・・
ホットK:「何処出かけるん?」
クッチー:「学会だがね」
ホットK:「ソウカ学会に行ってくるのか? ( -人-)( ーノー)o/"Ωポクポク…チーンて」(笑。
クッチー:「そうかじゃにゃあぁ。ただのがっきゃあ」
ペコ:「ただとちゃう、今日は5千円やで」
ホットK:「まだ振り込み済んでないっちゅうの!」
クッチー:「だで、金じゃにゃぁただの学会だで」
スネ夫:「良いじゃん、そんなこと。 早く行かないと遅れるよ」
ペコ:「まだ、飯食うてへんやんか」
アイちゃん:「今日はパンやろ、クッチー、突っ込んどき」
クッチー:「あんたぁ、恥ずかしいがね」
アイちゃん:「ワレ~、」
クッチー:「わかったで、睨まんでえな」
スネ夫:「んじゃ、行こ」
ホットK:「それじゃあ、行ってらっしゃい」
クッチー:(もぐもぐ)
ペコ:(やっと一息)
クッチー:「ほんなぁ」
・・・・・・・・・・
新橋駅を降りると街宣車の音声が、、
ミミ:「えらい五月蠅いやん」
クッチー:「アイちゃん、睨んだって、見とりゃあしんよ」
スネ夫:「会場はえらく遠いじゃん」
ペコ:「また腹減るでぇ」
・・・・・・・・・・
スネ夫:「着いたけど、観客少な~」
8a03
アイちゃん:「あそこにおるんは、旦那の同級生ちゃうか?」
クッチー:「ほうだぎゃ」
ミミ:「二人とも声大きいで、今は教授やで」
アイちゃん:「寝るよって、起こしてんか」
ペコ:「5千円もするよって、寝たらアカン。 起きとき~」

そんな一幕のあった午後でした。

************ 出演  と担当 *******
アイちゃん (どうも河内出身らしい女の子) → eye
クッチー (名古屋近辺出身のOL) → mouth
ミミ (芦屋近辺の有閑マダム?) → ear
ペコ (大阪当たりの学生?) → body
スネ夫 (横浜のサラリーマン) → leg
ホットK (特別出演:旦那の同僚で、宮崎出身)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育ての会のその後で

1日は偶数月の第一水曜日。
子育ての会が開かれたが、某スーパーの「一の市」と重なったことに気が付かなかった。
参加者は少なく8組のみ。
子供はほとんどが1歳2ヶ月。
先々月がほとんど6ヶ月~8ヶ月だったから、この2ヶ月間で子供が6ヶ月成長したことになる?
そんな馬鹿な、、、、。

先月で、相方の女性が健康上の理由で辞めちゃったので、今月からは私一人。
男手一人で、おかあさん方相手に何が出来る?
ちょっと多めのお話を入れて、定番の「雑巾体操」「抱っこしてギュウ」「モミモミマッサージ」
手遊びは「おいでおいで」「キャベツの青虫」など、、
一息つくたびに、頭の中は(次は何をしようか)で一杯。
1歳ということで、紙芝居を4個やって時間継ぎでした。
子供と遊ぶのに、今回ぱっと考えついたのが、
シーツの上にビニールプールを置いて、その中に赤ちゃんを座らせる。
これで部屋中を引っ張り回すのだ。
怖がる子、泣く子、きょとんとしている子など、反応は様々。
ふっと時計を見ると、、お約束の90分はもうすぐ。
最後に「アンパンマンの手遊び」 キラッキラッキラッキラッ手はバイバイ♪
で終了になった。

ホッと一息つく間もなく、午後からの仕事に出かけた。

1 仕事先で、もうすぐ定年になる船長と一緒に飲んだのは良いのだが、帰りの電車を間違えて、気が付いたら見知らぬ駅。
← マンホールを見ると、、、、
狸バヤシではないか!!

これはきっと、狸にバカされたに違いない。
そうは思いませんか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »