« 鶴見駅界隈の麺事情 | トップページ | 子育ての会のその後で »

2008/09/28

昔話 36 4回生の長期遠足

5回生になると、遠航がありますが、乗船履歴の都合で、1月~3月の3ヶ月は短期の遠航があります。
4回生の乗船3ヶ月がないと、1年の乗船履歴がつかないです。
卒業して、かつ乗船履歴があって初めて、3級の航海士の受験資格が得られ、身体検査と口述試験でよっと、海技免状が発行されます。

この3ヶ月の乗船履歴、我々の時は、南方への航海となりました。
例年は、ドサ周りといって、日本各港を一周をするのですが、この年は、デッキ(学生)の華々しい遠航が控えていて、エンジン(学生)の遠航と差が付くため、特別に組まれたようです。

神戸港から、南方の外国への旅ともなると、悲哀こもごも。 彼女とのしばしの別れを惜しんだり、「そんなの耐えられない」と分かれたりする場面もあった。
乗船後二週間ほどでの出港式を迎えた「星雲丸」は、そんな別れを惜しむ人たちで一杯。
出港間近の此処彼処で、ハンカチが濡れています。

沖へ出て行く船を追って、海に飛び込んだ女性もいたそうですが、このときはいなかったですね。 だって、飛び込んだら冬の海、下手すりゃ死んじゃいます。
でも、神戸商船の学生でも、彼女のいない硬派の学生はしょんぼりと、後輩の人たちに送られる。 一方、東京商船の学生は、彼女も来られず、昨夜の電話で別れを惜しんだのでしょう。
そうこうするうちに、船は出航時間(14:00)を迎えた。
日を同じくして、「進徳丸」が神戸に入港、沖合でのすれ違いになりました。

197601
1月20日  神戸港沖

|

« 鶴見駅界隈の麺事情 | トップページ | 子育ての会のその後で »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

ドラマになりそうなお話ですね。
Samson♪さんもハンカチを濡らしたんですか?ship

投稿: ベリーナ | 2008/09/29 07時37分

ベリーナ< 実はこの数日前、カギかっこのようなことがあり、見送りにも来てくれなかったようです。despair 寂しく出航しました。

投稿: Samson♪ | 2008/09/29 12時21分

それは切ない思い出ですね。。weep

投稿: ベリーナ | 2008/09/30 01時05分

ベリーナ<女の子も、これから3ヶ月と+6ヶ月会えなくなるので、その間の寂しさは判りますがね。 これはショックでしたよ。

投稿: Samson♪ | 2008/09/30 07時01分

catそうですか…、さぞかしショックをお受けになったことでしょう。
にけねこは会えない時間こそが大切だと思っていましたけれど、
友達にはそんなの付き合ってると言えるの?
と言われました。
にけねこの場合は
それくらい会えないだけで気持ちが変わるようなら
それだけのもんだと思っておりました。
いろんな考え方がございますから。

その方もおつらかったのではないでしょうか?
嫌いになったわけでもないのに
自分から別れを言い出さなければならなかったのだとしたら…。
とても、お見送りには行かれないと思うのでございます。

投稿: にけねこ | 2008/09/30 18時52分

にけねこ<そう、とても悲しい旅立ちでした。
crying

投稿: Samson♪ | 2008/09/30 22時56分

『そんなの耐えられない』と嘆かせないために
旅立つ人から別れを告げたケースもあったみたい。

投稿: にけねこ | 2008/10/01 19時29分

にけねこ<逆のバージョンもよくありましたね。
そういう話はよく出てくるんです。
男の見栄でしょうが、、、

投稿: Samson♪ | 2008/10/02 23時28分

正直に申し上げちゃいますと
にけねこは、お戻りになられる日が明確なのに、
なんでさよならしなきゃいかんのォ…?
って、不思議でございました。にけねこ、待つなと言われたら泣けまする。
それが結婚すると、
ホニャララ元気で留守がいい
になるんだ。
女ってコ・ワ・イ(-_-)

投稿: にけねこ | 2008/10/03 05時46分

にけねこ<男が外で仕事を持つと、家庭と仕事の両面でそれぞれ期待される。 専業主婦の場合、見る目的は一つだから段々、旦那が邪魔になってくるのかな? 生活が第一ですから、

投稿: Samson♪ | 2008/10/03 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/42626009

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 36 4回生の長期遠足:

« 鶴見駅界隈の麺事情 | トップページ | 子育ての会のその後で »