« 黄色の警告、赤のブロック | トップページ | 海難審判庁がなくなる日 »

2008/09/04

昔話 33 機関当直

汽船実習中には、機関当直が入っています。 機関科は勿論ですが、航海科にも1回生には当直実習に入ります。

航海士の一般教養の一部と考えているようですが、こんな実習では何も解らないでしょうね。

まず、なぜこういう事をするのかの理解を得ていない上、表面上のことしか、教えようとしない。 

パイプのねじ切りやら、溶接、機械の解放整備など有効な作業はいっぱいあるのに、学生に危険なことはさせない、触らせないでは、身に付きませんよ。 

せいぜい錆が付くだけ? いえいえ、身から出るほどの錆もかなければ、油の汚れもほとんどつきません。 

付くのは乗船履歴とため息ぐらい。

驚く事ではないけれど、やはり機関室は五月蠅くて、話が出来ないこと。 そして暑い。 所々空気の吹き出しがあり、それに当たると涼しいが、外は冬。 機関室内には機関監視室という別室があって、ここはクーラーは効いているし、防音はしてあるしで、 暑い機関室と比べて格差が激しいです。

また、なんと言っても、機関当直はすることがつまらない。

意味もわからず、温度の計測やら圧力の計測をさせられる。 排気温や水の温度が1℃や2℃上がろうが下がろうが関係ないってば、それより士官の気分の上下が気になりますョ。
30分ごとの計測で、変化など解るわけもなく、ただボーッと4時間を過ごす。
学生時代って、何でこうも眠いんだろうと思いつつ、居眠りできる場所を探す。

昔の船は、船体の中央に機関室&船橋がある三島型が多かった。 ご多分に漏れず、「銀河丸」もその作りであるから、機関室の後部には長いプロペラシャフトが通っている。 その回転するシャフトを支える軸受けもあるわけだから、それを点検する通路もある。 シャフトトンネルという通路は狭く薄暗いが、所々体育座りができる。 

機関室とはつながっているが、騒音も少なく、周りの鉄板は海水温度に近いため、適度に涼しい。 

新聞紙を敷き、ここで座って、シャフトが回転しているのを見ていると、、、、それはもう、催眠術の世界。 

見た目は「ホームレスの居眠りか」と見またごう限り。 

暗いシャフトトンネルのようなところで寝る学生の将来は、豚寝る、豚でもないくらい暗いだろう。

この文書自体が暗い。 Oh、Cry。

|

« 黄色の警告、赤のブロック | トップページ | 海難審判庁がなくなる日 »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

機関当直ってそういうことをなさるんでございますか…。

にけねこは子ネコのころ、
淡路島に渡る船によく乗ったのでございます。
小さい小さいお船。
船の中ほどに、なんかうるさい音のするところがございました。
すぐそばにいる人とでも大声を出さないと会話できないほど。


あけっぱなしの扉から中をのぞきこむと、
機械がいっぱいあって、上下運動をしているのが見える。
そしてなんとなく油くさいんでございます。
ときたま下の方に人が見えました。
わずか45分ほどの乗船ですが、酔いやすいにけねこは、
船上をうろうろ、
そこをのぞくのが大好きでした(笑)。

投稿: にけねこ | 2008/09/05 21時13分

にけねこ<大昔のエンジンでは30分ごとに油を差さなければならないところがあって、それはもう大変だったとか。
でも、今はただ、相当五月蠅いだけです。
言われたフェリーは多分、800rpmで、1秒間に40回ほど爆発が起きているから、相当五月蠅かったでしょうね。
普通、耳栓していくんですよ。 

投稿: Samson♪ | 2008/09/05 23時10分

明石港と富島港を結ぶ
ちっちゃなお船でございました。
端から端まで行くのに一分もかからないような…。
(フェリーにも乗ったことはございますが)

確かに耳栓してないと大変かもしれない。
子にけねこは何でもそういうのを、
見るのが好きでございました。(^m^)

投稿: にけねこ | 2008/09/07 19時14分

にけねこ<一応言っておきますが、機関室は危険な物がいっぱいありますから、遠くで見ている方が良いです。五月蠅くはないし、臭いもしないでしょうから、
潤滑油、重油、灯油の臭いが好きな方は別かも知れませんが、あまり好きとは言えないですね。

投稿: Samson♪ | 2008/09/07 22時10分

catにけねこはごちそうの匂いを好き~、って…。

なーんか、子にけねこの頃から、
左官屋さんの仕事、
大工さんの作業、
さんちかできんつばを焼いてるところ、
京極のロンドン焼き(?)焼いてるところ、
とか…、
つい、じーっと見てしまうのでした。

実はこの歳になってもそういうところがあるのでございます。
喫茶店でコーヒーがこぽこぽ…それを見るのも好き。

見られている方はいやかもしれないですね。
この前も、阪神百貨店でだしまきを作る機械に
ついみとれてしまい…。

投稿: にけねこ | 2008/09/08 19時12分

にけねこ<それは技術屋の癖ですよ。
じっと見て仕事、技を盗むんです。
そのうち手を出し、ケガをするんですが、
それでもまた手を出しちゃうのが、技術屋です。

投稿: Samson♪ | 2008/09/08 23時49分

にけねこは技術屋に向いてんでしょうか。
船の中央にある部屋のドアはいつも開けっ放しで、
中を見るとあるはずの床がない。
よく見ると足元に急な階段があり、下方に人影も見える…、
しゃがみ込んでじっとのぞきこんでいたちびにけねこ、
何がおもしろかったんだろう。

投稿: にけねこ | 2008/09/11 18時02分

にけねこ<落っこちないで良かったですね。
階段は急だし、船は揺れるし、危険ですよ。
階段の上から見るのは、スキー場で急斜面の上でぼーっと見ている人達を思い出します。
恐い物見たさ?
行けそうにないところは、じっと見ちゃうんですね。
それが好奇心。coldsweats01
(o^-^o)

投稿: Samson♪ | 2008/09/12 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/42381171

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 33 機関当直:

« 黄色の警告、赤のブロック | トップページ | 海難審判庁がなくなる日 »