« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/28

昔話 36 4回生の長期遠足

5回生になると、遠航がありますが、乗船履歴の都合で、1月~3月の3ヶ月は短期の遠航があります。
4回生の乗船3ヶ月がないと、1年の乗船履歴がつかないです。
卒業して、かつ乗船履歴があって初めて、3級の航海士の受験資格が得られ、身体検査と口述試験でよっと、海技免状が発行されます。

この3ヶ月の乗船履歴、我々の時は、南方への航海となりました。
例年は、ドサ周りといって、日本各港を一周をするのですが、この年は、デッキ(学生)の華々しい遠航が控えていて、エンジン(学生)の遠航と差が付くため、特別に組まれたようです。

神戸港から、南方の外国への旅ともなると、悲哀こもごも。 彼女とのしばしの別れを惜しんだり、「そんなの耐えられない」と分かれたりする場面もあった。
乗船後二週間ほどでの出港式を迎えた「星雲丸」は、そんな別れを惜しむ人たちで一杯。
出港間近の此処彼処で、ハンカチが濡れています。

沖へ出て行く船を追って、海に飛び込んだ女性もいたそうですが、このときはいなかったですね。 だって、飛び込んだら冬の海、下手すりゃ死んじゃいます。
でも、神戸商船の学生でも、彼女のいない硬派の学生はしょんぼりと、後輩の人たちに送られる。 一方、東京商船の学生は、彼女も来られず、昨夜の電話で別れを惜しんだのでしょう。
そうこうするうちに、船は出航時間(14:00)を迎えた。
日を同じくして、「進徳丸」が神戸に入港、沖合でのすれ違いになりました。

197601
1月20日  神戸港沖

| | コメント (10) | トラックバック (0)

鶴見駅界隈の麺事情

最近鶴見駅を利用する仕事が増えた。
この機会に目を引く店に行ってみようと思い立った。

891943 京急駅の南側「麺馬鹿息子」は、木曜定休日であった。
仕方なく別の店に行ったが、
またまた機会が出来たので、仕事の関連業者とともに入店。
流行の魚貝系スープ味であるが、何せ、味がこってりして濃い。
麺は太めでお願いしたが、ゴツゴツが強すぎて歯触りは悪い。
このメ麺とスープのミスマッチ感は否めませんでした。
連れに悪いコトしたなぁ。

892634 で今度はガード下に当たる「せたが屋」
こちらも魚貝系のスープを売りにしている。
お好みで入れるタマネギのみじん切りを入れると、味が穏やかになってまとまり感がまします。
私はこちらの方が好きですね。
それに「麺馬鹿息子」より安い700円
両店ともそうであるが、最近つけ麺をウリにする店が増えたようです。
この両店とも、つけ麺を狙っている人が多いみたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

昔話 35 奨学金

この頃の学生生活は、苦しいの一言でした。

ろくな仕送りがあるわけでなく、毎日の食事にも困る、、学生寮の食事代は7,000円/月でこれが一番痛い。 一日300円の食費も月には9,000円となり、これを一括で、食券を買わなければならない。 朝の30円の記憶はあるから、確か昼・夜とも135円で一日300円。

なぜそんなに安いのかというと、お米は、桜のマークが入った袋から出ていた。 多分、政府支給米でしょう。 カビが生えているわけではないが、ご飯はベチョッとして、冷めると餅に近くなる。 部活で遅くなると、お茶をかけて流し込むことも多くなります。
玉子をハンバーグ状の挽き肉でくるんで揚げたものを、2つに割ったヤツが欲メニューに入ってましたが、冷めると喰いづらかった。 ソース味とお茶は合わないですねぇ。

生きていくためには、食べなきゃ。 それもお金を出して、、、、、この頃の大卒の初任給が4万円ほどでしたから、この食費はでかい。 学費は年間3万3千円だから、どれほど学費が安かったか。 
奨学金は、優秀な人は、月1万円の「育英会」で支払い免除。 私らは、誰でも申し込んで、皆受けられる海事関連の奨学金7千円/月。 貧乏人のバカには有り難いこってす。 返済は卒業後に就職してからで良いんですが、7年ほど時間がかかります。 当然のごとく結婚してからも払い続けました。

奨学金がなければ、生活は成り立たなかったのでしょうね。 朝の辛いバイトも、時給にすると750円ですが、毎日すると授業は眠くなるし、体は疲れるし。

で、乗船中は?
食費は国持ち、ただでしたから、奨学金はそっくり懐に、、、いえ学費の足しにしました(立て前)ですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/26

昔話 34 脱船

船は佐伯港に入った(今思うと臼杵港だったかも)。
港は開発途中らしく、岸壁はあるが、、、、、、やはり見渡しても何もない。 数件の建物があるっきり。
物流拠点開発の途上にある港は殺風景で、新しい港とはこんなものか?と思うとちょっと寂しい。 さすが、この港での娯楽はないと見たか、バスによる見学が組まれた。
近くには臼杵の石仏像があり、何百体と道の脇から、通りゆく人たちを見守っている。
さて、バスハイクから帰ってきても、まだ時間があり、近くの町中までぶらりと散歩。

めぼしいものもなく、岸壁近くの飲み屋があって、そこで一杯飲んで、、、、帰船時間は2000。 20時には、上陸者の一斉点呼があり、デッキに並ぶ、、、
「1班、総員×名、現在員×名以上なし」、と確認をとっていき、「解散」となると、各自自分の部屋に戻って、、、酔いが中途半端だったのか、友人とそのまま抜け出して、先ほどの飲み屋へ。
エスケープ、意味は脱出である。
22時頃こっそり戻ったつもりだったが、士官にバレていた。
こってり絞られた上、翌日の上陸は差し止め、俗に「上陸禁止」である。
規則はしっかり守りましょう。
「ハイ、十分に身に沁みました。」
この失敗以降、時間はきっちり守るようにしています。
それより、飲み過ぎて気が大きくならないように しなければいけないのかも、、、それが一番重要なことでしょうが、、今回は脱線してしまいました。

時間を守って「5分前主義」
これをモットーに、今も?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/09/25

湾内放浪

8924 寝ぼけまなこをこすり、此処まで来ました。
ゴルフ県の南端近く、青空と潮の香り。高いビルなど一つも無い。
閑散として、
ほんわかと地中海を感じさせるムード、素晴らしい。

これが休日なら申し分ないが、また仕事。

8924fery 午後にはそれも終え、ちょっと戻ってフェリーを利用するが、駅を降りて歩いていくと丁度出航時間。
8924fer7 あれよあれよとい言う前に出航した。



久里浜に上陸して電車に乗ったが、いつの間にか、出発地を通り過ぎ、
8924_2 とあるシネコンにたどり着いた。
まぁまぁ、前から派手な場所ですが、ネ。

腹ごしらえはナイスなラーメン、

8924no 本日は喜多方ラーメンをビールとセットでつまみ付き。
8924_3 千円セットのボリュームは、....   
オィオィ、
油濃いめ、
醤油薄め、
ビール多めだよ!
シネコンのチケット見せてたら、トッピングに海苔がついてきた、。

今日は、東京湾内をあっちこっち

朝早くからで、正直つかれました。
「WANTED」を見たら、くたくたです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/23

町内会のビラ配り

892302 今日は、天気がよい。
だから、町内会のビラを配ることにした。
2~3日前にきた レクリエーションのプログラム。
こんな配布物を近所の印刷屋に刷らせている。
私も毎年同じ図案で誤魔化しているが、中の広告は修正が多く、校正 には手間がかかってますよ。
毎年ペラペラの安~い紙だし、水に弱い。

だから、晴れの日に配ることにした。
雨の日だと配布物がグチャグチャになっちゃいますからね。
30件以上の家のポストに、 rundoor

そして汗だくになりながら、帰ってきたら、次の配布物。
892303 区と県の広報誌だが、いつもなら28日頃に届く配布物。
予定にはなかったョ。
何々、10月の中旬に区のお祭りをするとな、、、フムフム。

BMⅠを下げるには運動がよいと言うが、こりゃ気力がそがれます。
とりあえず、枚数を数えて、区と県の広報誌をセットする。
町内を大きな足で、早足で廻っても10分以上かかる。
sweat02sweat01sweat01sweat01dash

今夜はビールbeerが美味そうだなぁ。

でも休肝日でした。coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/21

応援ありがとうございました

皆さん、応援ありがとうございました。

Tagawa T君はこんな葉書と、土産として、チョコと紹興酒持ってきてくれました。
皆さんのパラリンピックの応援も届いたと思いますが、残念ながら、決勝にも残れませんでした。
それなのに、この心配り、凄いヤツです。
私がお酒好きなのを知って、紹興酒。
私にまで持ってきてくれるとは(本当は息子に)、帰りの便は貨物室が一杯になるほどかってきたに違いない。
持ちきれなかったろうな。
だって、片手なんだもん。

次の土産は、ロンドンからのメダルが見たい。
出来れば金色が、、、それなら、なにも要らない。

くじけず、また4年頑張って欲しいと思ってます。

ロンドンへは応援で行っってきたいな、遊び半分で、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/17

新米買いのそのついでに

朝、町内会のレクのプログラムを再訂正し、印刷して渡す。
さて、これから、新米を買いに行くぞ、、、、

その前にM市にいる息子を拾わなくてはならぬのだが、
先日、約束していた昼食をとる。 我々がグルメなのかどうかは判らないが、ある人に教えて頂いた店へイザ。

891401 891402 三島大社の前に「社亭」なる蕎麦・鰻屋がある。
ここの名物は「うなぎ蕎麦」、温蕎麦バージョンと、冷蕎麦バージョンの2種類があるので、息子が冷、私が温と別々に頼んだ。
どんなんかなぁ、と待つこと約10分。

暖かい蕎麦の中に、確かに焼けた鰻がまるまると泳いでいます。
不思議な感じです。
天ぷらでも、あぶらげでもない。
にしん蕎麦などはちょっと魚の感じが強烈ですが、鰻の方は柔らかく、サクッとしながら、トロッとして美味しい。 でも少し蕎麦が負けてるなあぁ。
お互いに相手の方がもっと美味しいと言い合いつつ、1食\1,300円の「うなぎ蕎麦」を堪能しました。
さて、車に戻って愛知県T市へ向かう。
毎年、敬老の祝日頃には、稲刈りも終わっている時期なので、空いた田んぼに櫓を立てて、仕掛け花火の準備で付近の道路も大混雑。
今夜は、豊作花火大会があるのです。
891425 891434 891446  広いベランダで、酒を酌み交わしながら見る花火は最高ですよ。

891451
891453_2 891449_2 何せ、お呼ばれしたところのお宅にはボートがあり、釣ってきた魚を焼いてくれるのですから、美味しいことこの上なし。
勿論この家には、先日のバームクーヘンが、、、、

翌日は、近くの農協に行き、精米する。 200円で30kg一袋が精米できるから安いもの。 横浜の米屋さんに頼むと600円だったかな?高いんですよ。
息子とコイン精米所に入るのもこれが2回目だが、いつも精米所の中は暑いんですよね。
2袋精米して300円で済んだ。

時間は丁度10時。
T市名産の「あさりせんべえ」を買いに走る。
自宅用、会社用、息子用と、、、金が無くなるョ。

一路帰路につくと言ったら一直線だが、浜松インター入口につく頃はお昼。
計算式 → お昼×浜松=鰻  でしょ、(#^.^#)。
それに店の手前7kmから1km毎に看板があるので、段々その気になって行く。
懲りもせず、インター手前の「松葉」なるお店へ。
8915119 私が鰻重(2,310)、8915120
息子が鰻茶漬け(2,730)
美味しいけれど、値段が、、、、

天にも昇る気持ちでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/09/14

ねんりん家

8909ox 最近東京駅近辺には、、、、
牛が居座っている。
丁度通り道の脇だから、
避けて通る。
でも、気になるあの姿。
東京駅も色々あるんですねぇ。

東京駅前にある大丸百貨店。
そこの1階に「ねんりん屋」という店がある。
随分客が並んでいる。
8912r1 明後日は妹の家に行くので、手みやげとしてこのお菓子を買っていこう。
そう決心はしたのだが、昼休みの時間を潰しても買えそうにないくらい並んでいるので、一度は止めた。
夕方、某省の説明会後、わざわざ逆戻りしてまで、買う価値があるのか?
さっきの東京駅近くの牛はOX(雄牛)であってCOW(カウ)じゃありません。
しかし、惜しい。

本を1冊持って、行列に並ぶこと25分。
もう少しで、商品がなくなるとか言うことで、少し気が焦りましたが、程なくGET。
たかがお菓子、なんでこんな苦労までしてと思いつつ、、、。
2個買って、一つは家に、、、、、娘と、奥様の笑顔が見たいだけですが、。。。
私は味見だけで十分です。

でも、本がなかったら、本当の苦痛だろうな? =^_^=

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008/09/13

海難審判庁がなくなる日

午後、会社を出て、国交省へ向かう。
891216 桜田門の駅を出るとそこは、国会議事堂が見える。
この交差点は渡らず、そのまま左に回ったところが国交省。
891217 何やら物々しい雰囲気。
警備の人がそこら中にいる。
入口脇の門衛さんのところで、人物確認。
ISMの様に、入口でチェックし、来場者番号を胸からつるす。
そして玄関に入ったところで、SUICAやPASMOじゃあるまいし、カードを読み取らせて、「ピッ!」とゲートを開ける。
私は、A4のFAXを見せただけで、横のゲートなしをそのまま通過。 意味ないじゃん。

本日は、航空機事故、列車事故、海難などの原因調査をする部門を一つにまとめる組織「運輸安全委員会」を作り、海難審判庁の役割を分離して、海難後の海技士の行政処分を行う「海難審判所」を10月1日に立ち上げる説明会。
89120175
報道陣が少し多いのにはびっくり、それも特定の人を撮っている。
説明の後の質問時に判明。
日航機事故の遺族会の人たちが質問していたのだ。
マスコミもその取材をするために、来ていたと思われる。
多分、遺族会が、マスコミに連絡したから、取材陣も増えたのだろう。
今日の説明会は、主立った、航空関係、鉄道関係、海運関係の各社には、FAXされてきたので、彼らは、一般扱いで入場していたのでしょう。
そして、事故の風化を防ぎたいのか、事故の証拠品の保存を求めていたように思う。 ま、それ以外の質問もありましたが、。
せっかく後にスクリーンがあるのだから、配付資料を写せばいいものをと思いつつ、聞き入っておりました。
このような場所での質問はなかなかしにくいです。
ただ感情に流されると、質問の意味が判らなくなったり、聞いている人が嫌気を催す。
先日の護衛艦と漁船の衝突沈没の関係者でしょうが、意図がわからなくなってました。
質問に答える役所の人は、流石に慣れているのか、応答が上手。
はらりはらりと かわしていく。

休憩を挟んで、海事関係者だけが残って、海難審判所の説明に移った時、満員の場内が、約1/5位に人数が減っている。 10台ほどあった報道陣のカメラがすべてなくなっている。
海って、人気ないのかなぁ。
でも、最初の方で質問に立った弁護士さんは、流石流ちょうに弁舌をして、今回の改革は時代に逆行していると説明している。
海事補佐人の方も、上手だ。流石弁士。
時間最後の質問は要領を得なかったが、それでもお役人さんは、答弁しつつ、はらりとかわしていく。
やっぱりこういう説明会、質疑応答は、役所からすると「ガス抜き」なんでしょうね。

これで説明会は終わったから、後は「10月1日から好き勝手にやりますよ」ってことかな?

そうそう、この運輸安全委員会、中央集権的で、大きな事故は東京から調査官が派遣される。
地方の調査官も、軽微な事故だと判断すれば、現場へ行かなくても良い。
また、大きな事故の時(旅客が2以上または、乗組員の5名以上の死傷者→何で乗客と乗組員で差が付くの?)は、、東京の調査官の支援に、地方の調査官がまわる。
つまりそれって、昼間の弁当から夜の接待まで税金でお手伝いするって事かなぁ。
現に、東京の調査官のお弁当なども支援すると答弁してたからねぇ。
いい加減 勘弁してよ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/09/04

昔話 33 機関当直

汽船実習中には、機関当直が入っています。 機関科は勿論ですが、航海科にも1回生には当直実習に入ります。

航海士の一般教養の一部と考えているようですが、こんな実習では何も解らないでしょうね。

まず、なぜこういう事をするのかの理解を得ていない上、表面上のことしか、教えようとしない。 

パイプのねじ切りやら、溶接、機械の解放整備など有効な作業はいっぱいあるのに、学生に危険なことはさせない、触らせないでは、身に付きませんよ。 

せいぜい錆が付くだけ? いえいえ、身から出るほどの錆もかなければ、油の汚れもほとんどつきません。 

付くのは乗船履歴とため息ぐらい。

驚く事ではないけれど、やはり機関室は五月蠅くて、話が出来ないこと。 そして暑い。 所々空気の吹き出しがあり、それに当たると涼しいが、外は冬。 機関室内には機関監視室という別室があって、ここはクーラーは効いているし、防音はしてあるしで、 暑い機関室と比べて格差が激しいです。

また、なんと言っても、機関当直はすることがつまらない。

意味もわからず、温度の計測やら圧力の計測をさせられる。 排気温や水の温度が1℃や2℃上がろうが下がろうが関係ないってば、それより士官の気分の上下が気になりますョ。
30分ごとの計測で、変化など解るわけもなく、ただボーッと4時間を過ごす。
学生時代って、何でこうも眠いんだろうと思いつつ、居眠りできる場所を探す。

昔の船は、船体の中央に機関室&船橋がある三島型が多かった。 ご多分に漏れず、「銀河丸」もその作りであるから、機関室の後部には長いプロペラシャフトが通っている。 その回転するシャフトを支える軸受けもあるわけだから、それを点検する通路もある。 シャフトトンネルという通路は狭く薄暗いが、所々体育座りができる。 

機関室とはつながっているが、騒音も少なく、周りの鉄板は海水温度に近いため、適度に涼しい。 

新聞紙を敷き、ここで座って、シャフトが回転しているのを見ていると、、、、それはもう、催眠術の世界。 

見た目は「ホームレスの居眠りか」と見またごう限り。 

暗いシャフトトンネルのようなところで寝る学生の将来は、豚寝る、豚でもないくらい暗いだろう。

この文書自体が暗い。 Oh、Cry。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

黄色の警告、赤のブロック

先週から、会社のパソコンにはこんな画面が出るようになりました。
1 自分のブログページにアクセスしたら、黄色の警告。
自分のwebメールには、赤色のブロック。

コメント記入しようとしたら、「不明なエラーが発生しました」 トホホ。

会社からの情報流出を防ぐためだそうだが、
お陰でブログやmixiを覗く度にこれじゃあ、やってられません。

以前からも、書き込みはしなかったんだが、画面を見るのもこれじゃあやりにくいよねぇ。

2 もちろんスケベサイトを見ようとしたら、ブロックされる、、、、、
どんな方法でブロックかけてるか、仕組みが知りたい。
と言っても、絶対にエロサイトに行きたいとは言ってません。

総てのアクセスが記録されるので、エロ!とは、、、、、、誰が判断してるんだろうね?

いけないとなると余計にいきたくなるのが人の常。
システムを騙す方法は見つかるかな?

いや、その前に仕事に集中ですョ。ね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »