« 60周年祝賀会 | トップページ | 初の海外へ出張?? »

2007/12/03

昔話 29 免状

このころも船舶職員免状は、乗船履歴がないと資格が取れない。
人によれば大型免状というようですが、学歴が無い人は6級の免状を取るにも、6ヶ月の乗船履歴がいる。 当然その手の大学も乗船履歴がいる。 1年間の乗船履歴と口答試験で、3級の資格が取得できる。 3級、Thank you、ありがとうという事で貰えたら、昔の乙種船長資格。
そのために、この12ヶ月を割り振る。
1~3回生では1ヶ月、4回生に3ヶ月、足りない6ヶ月を5回生で、、、
乗船中は文部省から離れて、運輸省管轄に、、え?今はそんな省庁はない?
(昔の名前ででています)
どういうシステム? つまり遠足が1ヶ月間続く。4回生は卒論を仕上げた1月から3ヶ月の長い研修旅行。 5回生は6ヶ月間の修学旅行と言った感じ。
そして帆船での6ヶ月が航海科(船長コース)の必修。
機関科は必ず蒸気タービン船への乗船が義務。
タービン船は「北斗丸」であるから、みんな、どれかの機会に乗船する。
1回生の時は、まだよく分からないせいか、デッキ・エンジン ゴッチャ混ぜの編成での乗船。その後は、基本的に生徒の資格に合わせて乗船させられる。
私の場合、旧銀河丸が最初の乗船でしたね。
免状のために、1ヶ月の乗船が1回生の時からあった。 今は2ヶ月も夏休みがあるのに、我々の時は1ヶ月のみ。
そして、卒業が9月だから、普通の人と半年ずれている。
普通の会社に入るにはタイミングがずれているんですね。
普通の会社なら免状は要らないし、、、、世間と半年ずれているし、、、帆船なんて近時代的な乗り物に乗っていれば、頭も半年固まってます。

加山雄三さんとお話しするときがありました。 で、彼が言っていました、「私には乗船履歴がないから、免状がなかなか取れないんですよ」

免状なくても、「光進丸」があるじゃないですか!(心の中で)

|

« 60周年祝賀会 | トップページ | 初の海外へ出張?? »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

♪大きいことはいいことだ~。
何故タービン船が必ず残されているのか納得。
当時、銀河、進徳、大成、北斗丸の名前は聞いていました。今は全て用途廃止ですね。当時、青雲丸の名前は存じませんでした。
帆船と進徳丸以外は見たこともなく、北斗丸がタービン船だということくらいしか…。
また、進徳丸名物にうたわし体操というのがあったとか、どんな体操だったんでしょう…。
今年初めて帆船以外のTS(青雲、銀河、大成丸)を生で見ました。こんな船で実習してたんだ~、としばし思い出にふけり…。

投稿: にけねこ | 2007/12/05 06時55分

ディーゼル船はピストンの上に燃料素噴射、熱爆発の力を回転力に、タービン船は燃料の燃焼熱を蒸気に伝え、蒸気の膨張圧力でタービンを回す。タービンを回すのは、原子動力でも同じです。
私は、銀河、銀河、進徳、星雲、日本丸と乗り継ぎましたが、S丸体操は知らないですよ。
また、銀河丸は私が2回生の時の航海が最後の航海だったはず。ずんぐりむっくりの船でしたね。

投稿: Samson♪ | 2007/12/06 00時35分

昨日送信したはずのコメントが反映されてないことに気付きました。送信できなかったみたい。何を書いたかなぁ…。
銀河2が就航したのは1972年。Samson氏はその前の銀河丸、ってことですよね。1955年頃から使われてた初代ですよね。すごい~(@_@)何か、歴史、というか、年輪を感じてしまいました。
私の友人は一年で大成丸(その頃“ボロ船大成”と言われていました)に乗り、名古屋と沖縄、ある方は銀河2で長崎と札幌へ。皆さん色々行かれるんですね。

投稿: にけねこ | 2007/12/07 14時24分

にけねこ<みんなは、ボロ銀河と呼んでいました。 そこら中に経年変化のしわが見受けられ、、、ただ、私の経験からすると、エンジンはまだまだ使えるはず。 もったいねえ。
そんな船で、日本全国回るんですね。ちょっと航走っては停泊。どんなボロ船でも、3日も航走れば、1000㎞は動けるからね。
はぁ、、、、

投稿: Samson♪ | 2007/12/08 00時24分

銀河2は一旦引退してから、座礁した海王丸の代替船として再就役していたそうですね。今年初めにドック入りしていた時、火災に遭ったと聞きました。なんとなく胸が痛みます。
TSは用途廃止後、外国に売却されるケースが多いのでしょうか?
それと、北斗丸がいまだに人気があるわけがわかるような気がしました。

投稿: にけねこ | 2007/12/08 15時30分

海王丸の時は、ビックリしましたね。 半年の帆船乗船履歴が、航海免状に必要だったのでは、、、と心配もしていました。 風圧抵抗が大きいので、もう少しなんとかならなかったのかなと感じているのは、私一人とは思いませんが、ね。
TSの寿命は想像ですが、発電機だと思いますね。1年8600時間回りっぱなしですからね、2台を交替に回しても、10万時間も回せば、クランクボルトも3~5回交換。 この辺が寿命でしょう。 日本では船体も古くなるともう使えないが、外国ではまだ、客船・フェリーとしては使えます。
日本の船は手入れが良い上、中古船はメチャ安ですからね。
日本の船って、二束三文。

投稿: Samson♪ | 2007/12/08 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/17258575

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 29 免状:

« 60周年祝賀会 | トップページ | 初の海外へ出張?? »