« 新種旅行4 | トップページ | ヤフオク 初入札 »

2007/08/27

信州旅行5 (木曽なのに)

信州旅行の最後。

老人ホームを出ると11時、小腹が減ってくるとはいえ、中~~途半端な時間、そこで「寝覚の床」なる景勝地へ向かう。 ホームからは5分とかからないし、地図にくっきり"∴"のマークがあったから、チェックしていた。
20駐車場に車を入れ、川岸まで下っていく。
中央本線のガードをくぐり、落差としては100m弱ほど、確かに綺麗な眺めである。
木曽川中流で、岩盤の固いところをくぐり抜ける場所であり、水路が割れ目をうがっている場所であるから、自然とそんな名前が付いたであろう平たい岩がドデンとある。 何々?浦島太郎がここで玉手箱を開けたところである? 何とも胡散臭い表現である。
隣には、亀の形に似た岩があり、浦島さんを祀った鳥居が見える。
一通り見て、さあ、食事と考えるが、車までは遠い、ここへ来るまで考えもしなかったが、高低差がキツイ。 メンバーのうち2人が私に賛同、遠回りの緩やかな山道を上がってゆく。
「どんなに遅れても、運転手が一緒だから、乗り遅れはないね」と安心しきった様子。
登り切ったところで、時間もお昼少し前。 お腹も空いた。
20_2そこのレストランに入って外を見たら、なんと、、、ここからの方が眺めが綺麗。
アチャー!

まだ日は高く、帰るには時間もあると言うことで、もう一つ景勝地を回ってみる。

天竜峡まで、小一時間以上かかったが、すんなり到着。 

疲れたのか、遊歩道(上り坂)を行くのは5人ほど。
20_3 10分程度の行程(高低)でしたが、上の方からの眺めは最高。 下を行く川下りの船に手を振って、、、、ありゃ、エンジン付きの木船だ!ズルイ!
途中の吊り橋までが、遊歩道。 その先は行き止まり(小さな祠はありました)。 何でここに吊り橋が必要? 疑問に思うのは私だけでしょうが、。

ここで、右足に何か違和感を感じる。
靴がベコベコになってる!

何とか、車にたどり着き、あとは土産物屋に寄って帰るだけ、、、時計を見ると午後の4時。
エンジンスタートと同時にかかるバックシートのざわめき。
「お酒屋さんによって!」「漬け物屋!」「・・・・」 みんないろんな事を言っている。 気楽なもんですね。

中央高速に乗ったら、案の定、八王子手前で大渋滞。 大月から御殿場抜けて東名で帰ってきました。 それでも、夜7時。
全工程821.7kmの一泊二日旅行が終了。

|

« 新種旅行4 | トップページ | ヤフオク 初入札 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/16256120

この記事へのトラックバック一覧です: 信州旅行5 (木曽なのに):

» 田舎暮らし 田舎で楽しく暮らすコツ [田舎暮らし 田舎で楽しく暮らすコツ]
田舎暮らしといってもなかなかイメージが沸かないものです。まずは情報収集してみませんか? [続きを読む]

受信: 2007/08/27 17時41分

« 新種旅行4 | トップページ | ヤフオク 初入札 »