« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

昔話 25 舵輪当番

航海当直中での重要な仕事、舵輪の当番についてごご説明しましょう。
本来なら、これはクォーターマスターの仕事。 仕事の内容を知るのが目的で舵を握る。

舵は船の進行方向を決める重要な部品、これがなかったら、どうしようもない。 帆船時代でも重要なのは当たり前で、複雑な機械であっても、これは甲板部の範疇で、機関部の管理にはなっていない。

その昔、舵と舵輪とは、直接または、チェーンで結ばれていたりした。 だから、波が舵板に当たるとズシリとくる。 帆船日本丸・海王丸もチェーンで直に接続されている。 帆船での実習時は、直接大きな舵を動かすので、これがかなりの労働力を要する当直になる。

今の機船は電気信号、油圧などを利用しているので、小指の先でも舵を取ることが出来る。 もっとも、現在は自動操舵装置(オートパイロット)があるので、舵取りは眠っていても出来る(実際に眠ってる奴もいる)。 

最初の舵輪当番の時は、少し緊張した。 少し舵を取ると、暫くして、スペリー式のジャイロコンパスの音が「チッチッチチチ」と音がする(東京計器のものは音が大きかった)。慌てて反対に舵を取ってまた、「チッチッチッチッチッチチチチチ」と大きく音がして、針路が左右に振れる。 「コラッ、舵を大きく切るな、あほ!」と士官の怒鳴り声が爆発する。 間髪入れず、後背からQM(クォーターマスター)の優しくてゴツイ手が舵をしっかり抑える。 耳元で、「緊張するなよ、少しだけ左にあて舵を取って、ゆっくり舵輪を操作しなさい」と小声でQMのアドバイス。 

あとは1時間の当番がじっと過ぎるのを、目を凝らして待つだけでした。 

舵輪当番は4時間の当直中1時間交代で当番に当たってました。

船を真っ直ぐ走らせるためだけに、舵輪に人を配置して、、、、こんなのが、訓練になるのかしら?
確かに、真っ直ぐ走らないと燃料が無駄。舵を切ること自体、抵抗が増えるので、大きな舵取りは燃料の無駄。自動操舵が一番無駄のない動きをする。

何につけても、舵が肝心。 政治の世界も、舵取りが重要(すぐ悪い方に行きたがるのが政治かなと思うんですがね)。 「船頭多くして船 山に上る」だけは避けて欲しい。

さて、サブワッチ、舵輪当番、ルックアウト(見張り)、リーサイドと当直中の役割をかいてきましたが、もう一つ、非番というスペアの役割説明が残っていますね。
これは、タダひたすらに、居眠りをするという役目で、、、、、どういう訳か、昼夜拘わらず眠かった。 いつも夢の中だから、役目の内容は覚えてないよう。 あはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の昼食200円

久しぶりのボランティア食事会。
P22713挽肉の玉子巻き(蒸しています)
煮物(里芋、人参など)
ほうれん草のおひたし
ちらし寿司
お汁
パイナップルとサツマイモのヨーグルトかけ

これが、メニューでしたが昨夜の酒のせいで、二日酔い。
少し遅れて到着して、皆さんにご迷惑をおかけしました。
それでも、せっせ、せっせとお茶くみだけは、頑張りました。
いつも思うけどコレで200円とは安いよね。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/26

がっかり酒

ボーン、ボーン、ボーン、、、、お昼の合図と共にHPを開いてみた。

この大学に入りたい息子の願いには、神頼みしかないと思っていたので、お酒を断って、たっての願いを神様にした。 それは、「北京の55日」のようだ。  酒断ち55日、正月からの苦行も今日で開放のようだ。 今夜は酔うだ。

「北京の55日」は映画ではなくて、ブラザースフォーのコーラスしか記憶にない。 最後はどうなるんだっけ?  西京(さいきん)物忘れが酷くなってるようで、記憶の脈絡がペキンと折れている。  息子はもう受験地獄の南京錠から開放され、ノビノビしている。 親父も今夜は飲もう、、、東京当たりが良いかな?

今日は、だじゃれもあまり浮かばない。酒でも飲んで、浮かれ酔う。 (昨日までは願いを込めた「受かれよぅ」だったが)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

誕生日+一ヶ月

今日は日曜だが、早めに起床。 運転免許試験場はすぐ近くだけど、ある国は遠すぎる。 電車で3駅、歩いて数分のところにある。
8時半過ぎに着くとかなりの人がいる。 まずは免許証を出して、、、、更新の手続きです。
免許証を申請書にコピー → 身体測定(視力等) → 2Fで証紙2800円(G免許) → 講習 → その場で新免許証の交付 といった流れ、 だが、タイミングが悪く、講習の開始まで30分も待たされるは、申請書も視力検査も人の列がアリンコのよう。 結局、到着してから2時間経過してやっと、G免許を更新した。
生憎、午後は息子の靴の購入などの予定があるため、献血車の前は素通りしちゃいました。
しかし、何故誕生日を1ヶ月過ぎた日に設定したのだろう? あまり意味がよく分からない。
期限はH24年4月19日、、、、5年もある、機嫌上々だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/23

昔話 24 ルックアウト

当直の役目の一つにルックアウトがあります。
首から双眼鏡ぶら下げて、水平線を見る。
当直交代後は、ぼやけてて、何も見えないことが多い。
「アホ、双眼鏡の焦点を合わすんじゃぃ」と、お叱りの声。
私が双眼鏡を覗く時には、必ずと言っていいほど焦点がずれている。

 双眼鏡には、焦点調整のダイヤルがついていて、右左のバランスを調整する必要があります。 だから、士官は自分専用の眼鏡を持っていて、よく首からぶら下げています。 学生用とは区別していますので、置いてある眼鏡に 触ると怒られる。 触らぬか?見に気をつける(ちょっと違った)。

 夜のワッチでは、目盛が見えないので、適当にやっていると、遠くの船の灯りが見つけにくい。
そんな時に限って、「オイ、ルックアウト、サボってるんじゃないぞ。 正面の船を報告せんかい!」と怒鳴られる。
見てもよく判らない、雨にぼーっと淡い灯りが滲んでいる様に見える。 まあ、その時は、船の位置が概ね判っているので、目元の目盛をいじって調整。「同行船」とか、「横切り船」とかを大急ぎで報告することになる。 (それでも、もう一回は怒鳴られることを覚悟する)。

 余談ではあるが、船も飛行機も進む所は道があるわけではないのに、「右側通行」と言うことになっている。 ぶつかりそうになったら、右に転舵することが基本ということだ。 そして、舷灯というのがある。 右側 (Starboard-side) が緑色(Green)で左側 (Port-side) が紅色(Red)の色灯を点けている。
そこで、ある場所で、船の針路が交差する場合を考えてみよう。
交差地点に向かって相手船が自船の針路の右側にいる場合は、相手船の左側船体が見えているはず。 だから、見えているのは、船体に隠れて、右側の緑色は見えないので、マスト灯(後ろからは見えない)の白色と紅色である。 → 赤色は危険色なので、これを避ける。
また反対に、自船針路の左側にいる場合は、マスト灯と緑色が見えていて、この場合は自船は避けなくて良い(更に言えば、相手船が判らなくなるので、針路を変えない様にする)のである。

 出来の悪い学生だった私には、この時には、それが判ってなかった。
精々、舷灯の色を「赤玉ポートワイン」( Port = 左舷 )と覚えるのがやっと。 もっとも、赤玉ポートワインなんてしゃれたものを飲める様な身分ではなかったので、未だに味を知らない。 どうも、イベリア半島の港から積み出される、世界的に有名な赤ワインだとか。 でも、甘すぎるという話なので、なかなか手が出せないョ。

 ルックアウトの話に戻ると、、、、、あまり書き込む内容はないようだが。 「見張り」&「船」と聞くと、どうしてもマストの上に登って、望遠鏡 (Telescope ) を覗く場面が目に浮かぶ。 地球は丸いので、高い所の方が、遠くの船を見つけやすいところから来ている様だ。 計算によれば、水面に立ったとして(忍者か?)、その場所から見る水平線は2km先の水面だそうだ。

⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ、水面に立った2kmじゃ、あまりにも近視眼的な話だって?
でも、水面に寝てみたら、波ばかりで、浮かばれないよ(死ぬぞ~)。

<うむ、有無、思ったより良い話に仕上がった。わはは>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/20

♪デェ~ォ、♪いテェテェ~ヨ

カエレコールが鳴った。
旦那は残業切り上げて、すたこらさっさと帰宅した。
家で待つのは、そう、鯖が15匹ほど。
鯖を捌くのはいつも旦那の役目なのだ。
今回は、ちとしくじって、棘で手のひらを切ってしまった。

  鯖は三枚にして、塩を強く振って数時間おくと水分が抜ける。 塩抜き洗いをして、水気を切り、更に塩・醤油・砂糖・酢でしめる。

ということなので、朝5時過ぎに起きて、酢でしめる工程に入った。 会社に行く時間だ。 手は臭い。 酢で洗うと臭いが落ちるので、手に酢をかけた。

手ョ、痛ェ痛ェ~ョ。

そう、酢が手の傷にしみたのだ。 深く不覚。 (>o<);残念。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/17

社会福祉協議会との研修旅行に慌てた箱根行き

12日と午後一時を勘違いしてお昼に出かけたS駅前。
いくら老人が多いと言っても、これは早すぎ、一度家に帰り、出直した。 5分前にもう一度行くと、送迎のバスには鈴なりのように詰めかけている。 やはり、お年寄りは早いや。 本日は社会福祉協議会と自治会役員、そして民生委員児童委員との合同研修であるが、何故か社会福祉協議会のボランティア活動員さんの慰安旅行の感が強い。
 それでも、我がY市S区Ⅰ区長も同席しての研修は有意義そう。 車中では、乗車後すぐアルコールが出され、ちょいと戸惑ったが、まあ、ほんのり酔う程度で、目的地の大平台(箱根)温泉の民間保養所に着く。
Kuchou  到着後すぐに、研修を行う。 研修と言っても、お互いの活動概要を説明するだけなのだが、今まで特には交流のなかったお互いの仕事内容が理解でき、実りのある内容でした。
 また、Ⅰ区長の説明で我が区の施策も良く判った。
 こんな事を言っては何だが、この区長、マイクロ東といった感じかな? まあ、休日を返上して我々の会合に参加してくれるとは素晴らしいです。
 研修後に、一緒に温泉に浸かっちゃうなんて、まさに地元との密着区政。
Enkai  夕食はお酒でご一緒して、大交歓。 区長の言っていた「高感度」「公感度」「好感度」よりは、この言葉の方がぴったり。 たが、夜8時前には電車でご帰宅です。 さすがに公務に響く事は無理か。



 さて、酔った後の温泉場で何する?

Mahjang  4時間後は、、、、夢の後。
実は、バスに乗った直後、メンバーに加わっているのが判明。
頑張って、8人の中で2位になりましたョ。 しかし、疲れました。
終わって寝たのが、12時半だからね。




Tozanden  翌朝は登山電車のスイッチバックを眺めて、 過ごす朝のひととき。
宿から見えるこの景色、ふんふんこれが温泉宿。
良いですね。
8時出発、

Kamaboko_1
途中で立ち寄った「籠◇」で蒲鉾を買う。
イカスミの入った蒲鉾というのは珍しかったせいかも


あっという間に戻ってきてA区のゴミ焼却場を見学し昼食になる。 ファミレスで私だけ持ち帰りのお弁当にして帰る。 午後からお仕事~。 みんなはあれからまた飲んでるだろうな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/08

椅子取りゲーム

今日、親会社の役員人事異動が発表された。  大体が、親会社の役員から子会社である我が社の社長に異動が決まる。

そうすると、プロパーの我々はなかなか上に昇進しない。 上席の椅子の数も当然ながら少ない。P20204_1 

会社内組織の再構築(リストラ本来の意味)で、実物の椅子もあまることがあり、そんな椅子を暫く前にゲットしていた。

しかし、2月に移動してきたS部長に譲るハメになった。 矯正撤去で、小さな椅子に我慢していた所、「俺には大きすぎる。 上並の椅子で良いとのこと。  ほぼ一週間で椅子が戻ってきた。

図体のデカイうちの旦那にはピッタリだったので、ラッキー!

でも、実物の椅子だけで、部長の椅子には座れないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/06

梅は咲いたか?

P2060029_1 梅は咲いたか?

昨日1輪見つけ、今朝は所々に花を付けています。

梅が咲き出すと、すぐ桜はいつかなと思う。 今年の春は暖かで、3月中旬にはソメイヨシノが咲き出すのかなあと思うと、ウキウキしてきますね。

こんな時、地球温暖化が深刻になってきたと思うのは私だけかなあ。 ゴアさんの映画も先日は満員だった。 \500円という金額の性もあるのだろうが、ね。(#^.^#)

盛況なのは良いが、はたしてどれだけの人が考えてくれるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »