« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

昔話 23 リーサイド

乗船中の学生は班毎に6班に分かれて、当直につきます。サブワッチという士官の真似事をする2人の他、見張りにつく者もいますが、リーサイドという役目もあります。

細々した補助的な仕事をするのですが、実際の商船ではクウォーターマスターの仕事。

それは、30分ごとに風向・風速・気温・海水温・気圧を測ったり、時鐘を鳴らしたり、次直の人を起こしたり、、それはもう小間使い。

そもそも語源は Lee-side(風下) のことである。  昔、帆船で航海する時、当直士官は風上側(Weather-side)に陣取って針路や風の具合を見ていた。 帆の状態は、風上側の方が良く判り、また、デッキが傾斜して、風下より高くなっているので、遠方や海面を見やすくなっている。

そしてLeesideは当直士官の邪魔にならぬ様に風下でじっと耐えていた人達だ。 雑用が言いつけられるのは当たり前かも。  船長 - 士官 - 準士官 - 船員 といった階級の名残なんですねえ。

今?  それはだいぶ違っていると思う。 舵は機械が勝手に取るし(オートパイロットの方が正確で無駄がない)、風や温度も自動記録だし、、仕事自体がない。  精々、掃除に精を出すぐらいかな?  また、人も少なくなって、船橋は寂しいかぎり。  唯一の仕事は、眠らない様におしゃべりをすることに成り下がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/30

焦った、WEBメールのログインが出来ない。

本日、メールを開こうとした時、Webメールが開けず、焦った。

パスワード、IDが違うと出てきた。

??? 合ってるはずなのにと、悪戦苦闘。 なにやら、ニフティでは1年前から、パスワードにスペースが使えない設定にしている!!

今日のメール切替時に、新しくパスワード要求画面を設定していたが、そこでオミットを喰らった!

今までちゃんと使えてきたスペース入りのパスワードを、ここでオミットするとは重大な不手際だ!!!

メールでの事前通知が最低限必要だろうが!!

どういう、プログラム管理をしているのか疑ってしまうョ。

あと、数台、パスワード変更を覚えさせなきゃいけないのかと思うとがっかり来る。

先に教えてくれてれば、慌てなくて済んだのに、、、、、。 私より大きなトラブルを抱えた人は多いと思う。

原因が分かるまでの私の30分返せ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

このネオンはいつまで?

今夜は同窓会がありました。
有楽町まで、お出かけ。
男しかいない同窓会だから、足は進みませんが、、、、

取りあえず、宝くじを買って、ふと、見上げる夜空。
明るいネオンが点滅してました。
そう、あの話題のネオン。 Fujiya

これを希望の灯りと見るか、

これを、風前の灯火と見るかは、自由だ~♪
♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

英語リスニング

20日の午後、今日は英語だけだという息子。 
リスニングもあるぞ、頑張れ、と言って送り出したのだが。
帰りは7時過ぎ、なんとリスニングの機械も持って帰ってきた。
P12130
翌朝の新聞を広げながら、リスニングの機械の再生をしてみた。 問題を見ながら聞くと、
「ん?なんか違う。 1問目は③の18:00なのに①、3問目は④の右側の座席なのに③、、、、どうして????」
と自分の耳を疑った。  焦った。

「待てよ? なんかおかしい。」
そう、問題文中の 口 内は回答欄の番号を示しているだけで、正解の番号とは違うことに気が付いた。
チャオ、
すっかり、親父はやる気をなくしたが、21日も数学と理科の試験がある息子は昼前にでていった。
後、1ヶ月。 頑張れ、我が息子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

男の料理教室

P120023毎月第三土曜日は料理教室の日。
今日はオムレツと、ブリの揚げ物のメニューでした。
脂ののったブリは、やはり焼いた方がとか思いましたが、そこはレシピ通りにしました。 う~~~ん、味はやはりイマイチ。 オムレツの方はバッチリ美味しかった。

今月から、会費が500円上がって1500円になった。
まあ、講師料を入れるとそうなるのかも知れないが、少し高いね。
料理の会員は20名弱。 
P120027_3
班毎に4~5人でA料理を作るのだが、、、
最後の食事は配膳台の上で。 だから、ステンレススチールの冷たい台が、雰囲気を盛り下げています。

来月は丁度、この料理教室がある場所のお祭り。
喫茶店を開き、ケーキを売る予定。
お一ついかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

長谷川工業 って?

これはあるアルミ加工を営む業者についての話ですが、とあることがあり、ここに記録しておきたいと思い立ちました。

我々鉄を扱う業者では、アルミはあまり使用したくないが、軽量化を図る上で、やむなく使用することになった。 まあ、そこそこ強度計算は出来るので、自分で大まかな構造体を設計して、各施工業者に見積を依頼することになる。 基本の設計をしなければ、各社いろいろな思惑で、勝手な設計をして、金額が過大になったり過小になったりして、本来の目的からずれてしまう。 そんな事態を避けるためにこちらも色々思案する。また、製作途中で出来映え状況を確認し、不都合な点が見つかれば、修正しようとあれこれ努力する。 そして出来上がったものに責任を持って検収、支払いをするのが、我々の仕事と思っている。

我社が、仕様書と基本設計を基に代理店と契約したのは11月10日です。納期は12月末。 部材手配を考えても、それほど短納期とは思えないと思われた。

 12月4日、先方の基本図面とアイソメ図を見せられた。 使用している部材が私のと違う。 一体もので設計したのに分割している。 余分な車輪もついている。 でもって、「年内に全納できない」と曰う。 言ってることおかしくない? 詳細についていちゃもんを付けたのは言うまでもない。でも、発注した後で、分割でも納入してもらう方が優先していたので、一応は納期を早めることをお願いした。 12月18日には一部出来上がってくるだろうと、工場検査を申し入れした。 快く手配してくれることになった。筈。

 12月中旬になっても工程表が出てこないので、せっつくが、でない。 工場検査は私のスケジュールが一杯で、同僚と作業現場に携わる人達3人と代理店の代表者が行くことになった。 新大阪での待ち合わせで工場へ最初に行く予定だった。 しかし、当日になっても、部材を切断してあるだけで、溶接作業は出来ていなかった。 慌てて仮組した様だが、これでは様子が分からないのは当たり前。 何のための工場検査?と疑問を抱く。

 更に、仮組で判明したことがあり、僅かな部材の追加をお願いしたところ、年内には一台も納入できないという。 それも数日経ってからの返事。 追加分の設計をして、部品を発注すると無理だという。 Please tell me the reason. どんな設計?と聞くと返事は数日後に電話。 まともな図面を戴いて、図面上であれこれした営業との打ち合わせは、設計者に反故にされる。 別な図面が出来てくる。 何のために貴社は ISO9001 をとっているの?

 12月28日、営業が来た。 文句をガンガンぶちまけた。 「キチンと議事録ぐらい書け」、「製作工程表ぐらい出せ」「メールで良いから状況を連絡しろ」、、、、、。ほとんど反応なく年を越す。どうしても1台目は1月の15日になるという。 当然少々の追加なら、1月早々の出荷だろうが、そんな体制はとれないという。

 1月5日は、地元での祝賀会があるので、会社には出なかったが、議事録(未完成)が出てきた(修正をお願いしたが、修正版は出てこない)。そして、進捗表なるものが出てきた。 おや?パイロット出荷品以外の工程はどうなってるの?(全然書いてない)。 完全にバカにされてる?

 1月10日、設計者から、電話がかかってきた。 「電話をしろと言われたので電話しました」???  苦情を言うと「営業のほうには連絡してあるから」とかなんとか、どうも、会社対会社で会話をしているのではなく、発注者、代理店、営業部門、設計部門のそれぞれが別の立場である様な言い方である。

 1月18日現在、工程表はでていない。 まともな議事録は出ていない。 打ち合わせとは実物が違う。

19日朝、代理店が工程表とは呼べないものを持ってきた。 この時点で、22日納入だって? ということはものが出来てるって事じゃ? なら、工程表が早くでない理由は何ですか?

 長谷川工業 (0826) って、素晴らしい会社だ。 こんな商売で会社が成り立つなんて。 社名を実名で出すのは問題あり? でも事実なら、、、それとも発注者のエゴ? 自分のブログでもマズイ?

19日午後、電話を受けた。  「工程表(納入日のお知らせ表)の通りに2台ずつ納入させてくれないか?」 24日にずらして、4台の納入をお願いしたら、この電話だ。

そうそう、 ISO9001 で、顧客に対する会社方針があると思うので、それをメールしていただけないかと頼んでみたら、営業の人が返答してくれると言ってくれた。 あれから1ヶ月。 返事はどうなったんだろう?

JICQA という所が審査したらしいから、そこへの苦情はすべきなのだろうか? また、このページをアップしたのに、ココログの検索エンジンで引っかからないのは何故だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

胃は三重痛

先ほど病院から帰ってきた。
結果は良好。
ふう、この半年の間薬を飲んでいた成果が現れたんです。 その名は十二指潰瘍、壊滅作戦。
本日苦しい想いで胃カメラを飲んできましたョ。
今回は見習いの医者で、長く時間がかかること。前の診察者も時間がかかり、こっちの麻酔やらなんやからは効力が切れてしまっている。 そしてまた苦しいのが長く続く。

一番奥まった所をいろいろ見ていた。  医者二人は「見あたらないですねえ」とつぶやいていた。 そこから15㎝ほど管を戻した所で、つまり胃の当たりだと思う。 そこでグズグズしていて、胃の内壁を検体として採ろうとナースがワイヤーを用意していた。Polipe
 そこで、声が出ない状況だから、手でバッテンを、、、通じたのか、中止してくれた。
管が取り除かれ、目的の潰瘍はなくなっていたとの報告を指導していた医者から改めて聴く。
(やはり)

胃の内壁を採ろうとしていたのは、少し胃炎がでていたからと説明を受けたが、私は信じてないよ。 (写真を見ても、出血が判らない)
 ナースが何の合図もなく、採取用のワイヤーを出していたからね。 きっとおきまりのコースだったに違いない。 だって、検体を検査に回すと¥ 13K ほどとれるからね。 It means こっちの懐から、¥ 4K 以上の出費。
そんな金があったら、お酒がどれだけ飲めるか、、、、、、今は飲まないけど。
胃は32、、、いえ、医は算術だよ~。 ご注意を!

写真は、カメラ写真(下のピンク色4枚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

SUDOKU

ゲームのジャンルに入れたが、Puzzl

数独(SUDOKU)というのにはまってしまった。

普通のは、9マス×9マスの中を9ブロックに区切って、縦・横・ブロックの3種類総てに1~9の数字を一つずつ入れて完成させるものであるが、とある本に25マス×25マスで25ブロックの数独SUDOKUが問題として出された。 難しい。 なんと言っても、面倒。

そこで登場したのが、エクセルなる表計算ソフト。

このソフトがなければ、何処かで間違えてしまうことは間違いない? てな事で利用したが、ロジックを組むのが難しかった。 結局は数字のチェックと色分けを使っただけになった。

そして、解き始めてからもう20時間ほど経過したと思う。Puzl2

完成盤ができた。

これから、はがきを出して、抽選で当たれば「WⅠⅠ」がもらえる筈。

まあ、解くことに意義があるんだけど、夢も少しは混ぜさせてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/12

願掛け

願掛け
「お百度参り」というのは良く聞く。 また、水に打たれながら、水垢離するのも願掛けの一つ。 私は、好きな酒を断つ事で、願をかける。
それは、息子の大学受験での、志望校に合格を願っているためだ。

正月以来、酒を断つ事10日目。 結構、アル中である事を意識しだしている。 どこにその症状が出るのかというと、それは夢。 夢の中でつい、ビールを飲んでしまった。 飲んだ後、あ、願をかけているから、飲めないんだったと罪悪感に捕らわれて目が覚めた。 昨日は、酔っぱらっていると意識した時に、反省しながら目が覚めた。
夢にまでアルコールが出てくるとは、幸せなのか?不幸なのか? アルコール依存が進んでいると判断するんでしょうな。
それだけ、断酒の実行に御利益があると、自虐∝御利益なんて比例を期待している。
そしてこの時期、あるんですね、新年会とか賀詞交歓会が。
火曜日は5000円会費の賀詞交歓会、これは、他の会社との関係で強制的。 そして翌週にも新年会がある。 これは社員同士の交歓会で、これまた強制的。

飲みたいのに、飲まない。 飲めない。 会費はみんなと同じ。

やっと、全然飲めない人の悲哀が理解できたか?
まあ、自虐すればするほど御利益が大きいと信じている人種であるから、これもまたよしとしよう。
こんなに親父が我慢しているんだから、息子よ、大学合格しろよ!!

でも、合格すると、3人も大学生を家族に抱える事になる。 生活苦しくて、酒が飲めなくなるかも? (#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/11

倉敷出張報告

疲れたというべきか、有意義だったというべきか。 出張の主目的は達成した。
帰りにタクシーに乗り、ハタと迷う。
今夜は何を食べて、お土産は何にするか。
駅に着く前に浮かんだのが、彼処のラーメン。
濃い醤油系だが、ネギもたっぷり載って、美味しいラーメンだ。
それは、あの潰れたM枯死百貨店の通りを渡った側にある。 タクシー代3千円以上かかってたどり着く。

だが目に引いたのは、「ぶっかけうどん」という垂れ幕。 今日のお昼は O山駅 構内のうどんですから、かぶってしまうことになるが、その辺はうどん好きのお大尽(あれラーメンは?)、幟のかかっているお店にGO!
何々、ぶっかけとは、、、、店頭では分からない。 お姉さんが自動ドアを開けてくれたので、そのまま誘われる様に席に着いた。 結局、「天麩羅ぶっかけうどん」を頼むことになった。

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚*+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+
P110udonほうほう、麺はシコシコ、讃岐うどん。
汁は濃い醤油味醂系の出汁が入ったものがかかっている。
これは、汁をぶっかけたから、ぶっかけうどんなのか? 
汁も冷たいのをかけたから、うどんが冷え上がっていて、まるで水風呂に浸かった秋田美人の様。
そして、海老の天麩羅がまた良いじゃないか?
BMIはきっと10以下、体脂肪10%以下の超スリムな海老だあ。
うどんとネギと天かすを 同時に戴くと、箸の隙間におろし生姜が隠れてくる。 上手い調和だ。
次回はやはり、熱々の讃岐にしよう。
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚*+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+

うどんはいつでも美味しく食べられて、日本食を代表する一品ですね。
\560.-でなければ、もっと良い。 アハハ。
P1104O山駅には日没後に到着。
早かったほうだ。
ホームから見ると一番星が見える。

黄昏時の金星がお見送り。
風は冷たく、のぞみがやってくる。
自由席に乗って帰りました。
(レポート書きながら)
ところで、今書いているノートPC、2時間前から<残り3分、2%残>という表示がつきっぱなし。 このバッテリーも出来るだけ外出させて、鍛え直さないと使えないね。 残り3分を表示する前は、あっさり、「電源容量が足りません」と電源が落ちたのに、2時間以上、動いてる。 異常事態だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/09

明日は出張、嬉しいじゃないか!

明日は出張、嬉しいじゃないか!
朝はハヨから、寝ぼけ眼、 新幹線で西国へ。
西国といっても福岡じゃないから、お土産には辛子明太はないから、ご安心を。

会議といっても、懐疑多く、何が決まるやら、決まらぬやら。
一応は、近辺の人達で集合。 皆さん立派な経営者達だから、烏合の衆とも違うだろう。
だから、余計、何も決まりそうにもない。(悲観的だなあ)

とにかく、行ってきます。
倉敷の名物は「むらすずめ」、しかし、この旦那アンコには滅法弱いので、基本は土産なし。勿論、話し下手なので、土産話もないよん。
誰か、美味しい究極のお土産っての知らないかな?

そうそう、帰りは夜中になりそうな日帰り出張。
嬉しいじゃないか?うちの会社。
休まずに働けってさ。
残業代は付かないしね。

今夜はラーメンでもすすりに行こうかな?
=^_^= ただ今断酒中です =^_^=

P7280002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/07

七草がゆ

今日は七草がゆを食べる日、、、、
スーパーに行ったら398円でセット売りしていた。
(あほかいな?こんなんで、何で398? えらい高いやン)
買うもんかいな

今朝は結局、昨夜の残りの蟹飯を食べてチョン。

お昼に、、、よせばいいのに玄米雑炊が食べたくなった。
それは先日飲み屋で戴いた雑炊を思い出したから。

慌てて水につけても、なかなか水を吸わない(当たり前)
無理矢理、雑炊を作り出した。

めんどいので、出汁は顆粒のヤツを使い、中国産の椎茸を一杯スライス。 七分の一草のスズシロ(確か大根のことだと思うけど)を投入。 一度沸騰したら、火力を3にしてトロトロと1時間。

雑炊の中で、玄米の歯ごたえが、、こたえられない。ははは。

やはり、玄米のご飯を炊いた後の残飯だと、簡単にできるのに無茶しました。 
味は良かったし、一草入って、目出度し、目出度し。
って、美味しくて、写真を撮るのを忘れました。(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

帰省

帰省する。
Photo_1高速道をひた走る。
運転手は、、、
娘。
子供達と交替で運転。
免許取り立ての娘にも、練習の意味で

しかし、隣に座る親父の気持ちは、そんな言葉とは裏腹に、ドキドキのしっぱなし。
娘、息子(長男)の運転にビビリまくりです。
そんな車中からは、富士山が綺麗でした。

帰省先では、まずお墓参り。 死んだ親父にもお線香ぐらいあげなきゃ。
Photo_2
そして「味噌カツ」が食べたいという娘に昼飯は
こんなものです(左)。Photo_3

きしめんは、やはり、こちらの定番(右)。
しっかり戴きました。

夜は、温泉に入って、疲れをほぐします。


夜の宴会はそこそこ、 新年に変わる頃、P101

神社に初詣、
おみくじは「小吉」
(娘は「大吉」)
祈っていたのは次男の大学入試が主でした。

だが、
神社からの帰り道。
普通なら、振舞酒があるのだが、、、今年は飲酒運転が話題となった年であるためか、それはない。
その代わり、配られていたのは

1
そう、お酒1合の箱入りと一合升。
お子様用に、お菓子の詰め合わせもあり、いたれりつくせり。
5人がすべて戴いてきました。
参拝客は、1000人位来ていたので、凄い費用だなと感じた。

ココで忠告。
毎年、その年の厄年男(42歳)が、自分の災厄を人に振る舞うことで、厄を払うわけだから、その人達の厄をもらってくることにもなるので、沢山貰わないようにしましょう。
ちなみに貰った、お酒とお菓子は、次男が大学合格するまでオアズケです。

温泉につかって、ゆっくり疲れを取りましょう。
Photo_4

「ござらっせ」は、この地方では「良くお出で下さいました」、「こちらにお出で下さい」という意味。

いいネーミングですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »