« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/27

飯山市、素敵な町ですねパート2

P82140朝起きたん♪、日がさしたん♪、湖ぐるっと散歩しちゃったん♪
と、景気よく起きたのは良いが、まだ6時。
ぐるっと北竜湖を一周しました。
朝食は8時だから、それでも時間がある。
温泉地ならやることは一つ、そう、朝風呂。
気持ちよいお風呂です。
ここの温泉は、源泉26.9゚Cだから、かろうじて温泉と呼べるもの。
ちなみに25゚C以下は鉱泉と呼ぶらしい。

P82145朝食は1Fで食べるのだが、隣の部屋の椅子は、なんと、アスパラ形。
そんなに特産品として出荷しているんですね。

 
 


P821468時半に玄関へ出ると、市役所のY氏がお出迎え、今日の午前中を案内して頂けるとのこと。 嬉しい
限りです。

 
 
 
 
 

P82149段々の棚田とかは、身近で見ると凄い手間がかかっているなと感心します。
小学生の授業の一環として、学年毎に手入れしている棚田もありました。

 
 
 

P82156棚田の上にある、数年前に映画「阿弥陀堂だより」になった舞台やら(写真左上:ポスター、写真左下:内部)、障害児のパン焼き工場など案内して頂きました。
もちろん、今回の本来の目的である飯山市の民生委員方々との意見交換会などは、しっかり司会して頂きました。


 
 
 

そして最後に、地元信州ならではのおもてなし、、、、、

 

P82168P82171
 
 
 
 
 
 
 
 
「蕎麦のフルコース」   ( at 「そばしげ」 )   
 
「そばがき」、「ざるそば」、かの夏でも詰め襟の服部さんご推薦、「笹寿司」(左上)まで戴きました 

 
 

P82172_1「そばがきのあんかけ」という珍しい物も戴きました。 蒸したそばがきに出汁と醤油の案をかけたもの。

もう、お腹いっぱい。
だって、全部食べられないからって、「サム、食べきれないの食べて、食べて!」と勧めるので、つい、大食らいになっちゃいました。

「つい」って嘘だろと言うあなた、一度信州の美味しい蕎麦を食べてご覧なさい。 やみつきになりますよ♪。

この飯山市のマンホールですが、市内でも地区によって少し図柄が違うようですが、私は蓑を被った子どもの竹スキー図柄が好きですね。
P82166P82175

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

素敵な飯山市、豪雪でなければ住みたい。

P82014 またまた、長野へのドライブ。

今回はお供8名を連れての研修?旅行でした。




20日朝にレンタカーを借りて八王子に向かう。 予定では八王子を過ぎたら10分ぐらいで圏央道のあきる野インターにつく予定が、、、何故か大渋滞。 原因は、このインターの近くにある、東京23区内じゃないのに「東京サマーランド」(千葉県のTDLやNRT空港よりはマシだが)。 ここに向かう車の行列は、駐車場への入場待ちの列だった。
これに巻き込まれること50分。 たった3km程度を。
ここの来場者予測はおそまつかな、、、夏は暑いし、プールは行きたい、パパの休みは日曜、ともなれば、みんなが集中すること間違いない。
私の予測は、もっとおそまつと言えば、大当たり。

P82144_1 高速に乗って、長野県飯山市へ。 案内役のNさんと合流しました。

このことの起こりは、、、、
長野県須坂市出身のSさんが、横浜市瀬谷区に「ふるさとホーム」なるグループホーム(協同生活グループの場)を開いたのがそもそもの始まり。
うちの家の近所だし、独居老人などのための家でもあるため、我々もどんな所か訪問することとなった。  2月に訪問した折りに、たまたま、そば打ちを披露して振る舞っていた飯山市の人達と、飯山市のそばを神奈川県で栽培しているNさんらが、食事の時同席していた。  その時会話が弾んだのがきっかけで、メンバーに居られたEさんが、民生委員をしておられることも手伝い、仲良くなった。
その話の穂が膨らみ、今回の研修旅行の行き先となったわけです。

この案内をかってでられたNさん、横須賀市在住で、藤沢市に、漬け物の工場から出るくず野菜を肥料にしておられる方。そしてなんと飯山市のEさんの畑の隣で、豆を育てている。 何とも元気な方である。  ちなみに60歳は既に超えておられるそうだ。

P82001_1 お昼は、東京で修行したという、そば屋さんへ。
 「しおいり」(0269-67-2898) 
 
.
.
.
.
 
 

P82002_1 ← ざるそば+小天丼セット
      \1,000.- 
 
 
 

.
.

P82003

私はつるりとざるが3枚も入っちゃいました。 
 
 
 
 .
.
.

P8200005 そして、あの「故郷」を作詞した 高野辰之さんの記念館へ回りました。 

 
 
.
.
.

P82007_1丁度 弦楽コンサートがあったので、うっとりと聴いていました。 本当はゆっくり聞いていいたかったけど。残念です。

道沿いに暫く走ると立派な茅葺きの屋根が「正寿庵」。 
.
.
.
.

P820sho ただ、改装中と言うことで、立派な手水岩がありました。(写真下部中央)

千曲川を少し上り、対岸へ行くと、菜の花公園があります。  
 
.
.

P820chik ここの菜 の花は、菜種ではなくて、野沢菜の花なんですね。千曲川が一望の望め、遠くは妙高の山々が映える所です。  
 
 
.
.
.
 

P82016ここにも高野氏の「おぼろ月夜」の石碑がありました。 
 
 
 
.
.
.
. 

P82022  次に案内されたのが、Nさんの耕しているという豆畑、隣にはEさんのカサブランカ畑もあります。
この辺りには、ほとんどがズッキーニを栽培している農家が多いようですが、Nさんは豆をまいて、美味しい豆腐を作りたいと意気込んでいるようです。
.
.
.

P82018後から聞くと、豆畑に雑草がいっぱいあるけれど、雑草が土の感想を防いでくれるので、かえってこの方が畑にはよいと言うことでした。(写真は豆の花)

このあたりは、冬には3m以上の雪に閉ざされるところ。
だから、 短い夏に枝豆やらカサブランカなどの農作物が頑張って生えとります、 (両方ともお土産だよ)  (#^.^#)。
.
.
.
.
.
.

P8210050 そして、写真のように、海草のようなものが地上に生えとります。なんだろな?。 そうあれ。 そこら中にありますから、凄い特産品なんでしょう。

(実はアスパラ、翌年ウドのように、地面から生えてくるのを、バッサバッサ刈り取るわけですね)
.
.
.

P8210037 夜は、地元の農家やら、市役所の人も来て、大宴会。
温泉に入って、宴会でええんかいな?
しこたま飲んで、爆睡しましたとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

500マイル以上つうの、約930キロを走った。2

15日 朝6時半に起床、すぐ朝食に。
P81500 清々しい高原の朝、都会では味わえない素晴らしさ。
30年前には、ここに来て同じ空気を味わったとはとても信じられない。
あの時は、合宿が苦しいだけだったのに。
景色も大分変わった気がする。
覚えているのは、グランドまで駆け足で昇る途中、タバコの葉がゆらゆらと揺れていたのを覚えている。そして暑く苦しかっただけ。遠い日の一コマみたい。
その思いを他人、自分の息子が味わっていると考えると、何か奇妙な感じがする。

午後の練習試合は、花園の経験者。こちらもS高との選抜で望んだ。 結果は12-0で気持ちよく快勝。 誇らしい気持ちになりました。

夜遅くなると、留守番の娘が心配するからと、16時半には現地を出発。帰路につきました。
高速では、横川の「釜飯」を\900.-で戴きましたが、このサービスエリア、ガソリン給油のための車列がずらり。 \137/Lの安さに、皆さん並んでました。 我々は手前のSAで入れたので、割と空いていましたが、此処では多分30分の待ちでしょうね。
渋滞情報を得たので、吉井インターから本庄児玉まで70分のところ、下を通って行きました。
途中で気が変わって、花園インターに変更したのだけれど、悪運か、あの近辺での花火大会に遭遇。大渋滞に巻き込まれました。 うちの奥様はそんなこと関係なく、車中から花火を眺めて楽しんでました。 ううう、結局、花園まで80分。

ラグビーの花園球技場、埼玉の花園インター。 どちらの「花園」も道程は険しいことを実感しました。 あはは ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

500マイルも参るね

P814017 8月14日:朝6時半に起きる。
今日は、長野県の菅平までのドライブ予定。この3日間で1000km走る中日でした。

一時はどうなるかと思っていた母が元気になり、久し振りに朝食を作ってくれた。
やはり、母の作るみそ汁が美味しい。
これが故郷の味。
味の原点はこんなところにあると、感慨ひとしお。

高速にのって中央自動車道へ、
こんな朝早くからのドライブには最適のユーミンを聞きながらも、渋滞へ突入。
曲は「中央フリーウェイ」
何で土岐の辺りで渋滞なのかよく判らなかったが、中部環状道路のJCTがあって、岐阜方面からの流入があった。そしてそのすぐ先に原因となった坂(直線の急な上り坂)。この坂を抜けると渋滞は解消、順調に飛ばせるようになった。
長野を過ぎ、菅平までは急な山道。確かに近いかも知れない。でも、冬には絶対来たくない道。
私の気迫に押されたか、私の前行く車が道を譲ってくれた。
だんだん、気圧の差を感じる。耳がツーンとなる。

さすが、ラグビーのメッカ菅平。気温は爽やか、空気も綺麗。
息子達の練習試合を観ながら、親はのんきにおしゃべり。
写真も撮ったが、凄い体のぶつかり合いが響いてきます。

P814035

夜はBBQで盛り上がり、父親達は深夜2時まで酒を酌み交わして、、、、眠いです。

話題は一つは焼きそば。

今回のBBQはS高校のラグビー部と我がK高との合同。

焼きそば担当だったが、用意してもらった材料には肉がない。おまけにS高の父母会会長が頑固者で、自分流の焼きそば作りを頑として受け付けなかった。 「まぁいいっかぁ」「好きにしたら、ええやん」

と私は、焼きそばの総監督だけで、後はお任せにした。(材料の配分だけは指示したが)

そんな話を夜中まで、男5人だけでするというのも「まぁいいっかぁ」。

そうそう、8月15日を控えているので、やはり終戦の話もありましたね。

靖国神社参拝の是非。 そもそも、東京裁判は不公平な裁判という話題。 原爆投下の責任はとらない? とかありましたね。

此処で、一言。

広島原爆は、ウラン235を爆薬で圧縮高温にして、臨界点を引き出した→爆発。

長崎原爆は、爆弾内部で前後のプルトニウムをくっつけ、距離を短くしたことで臨界点に達した→爆発。

全然別のタイプの原爆である。

これは日本人を試験台に使用した、欧米の実験としか考えられない!

これに関しては、私は憤りを感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

梅雨明けと土用の、、季節

梅雨明けの声、暑い日差しがうめえ.。

先日長い梅雨が明け、暑い日差しが照りつけるようになりました。
この時期は、ウナギの死亡検数が鰻登りに増える土用の頃ですが、もう一つ美味しい物の季節でもあります。

それは、あの酸っぱい梅干し。
土用の三日干しとか言って、干すんですね。

Ume06
今日はその三日目。
ヤットカメの太陽に照らされると、色が薄いピンクに変わっていくんですね。
紫蘇の葉でも色を付けるんですが、陽の光でピンクになったのは、特に美味しいと思ってます。

今年は南高梅10㎏を漬けたのですが、梅干しの姿になったら、せいぜい3~4㎏かな?

Ume803

粒が大きいので、1年程度でなくなりそう。
もっとも、まだ梅干しのストックは沢山あるので、焦りはしないです。
聞く所に依ると、一粒1万円の梅干しもあるとか。何年物の梅干しか知らないけど恐ろしいです。

今日の夕方には干し終わるので、試食するのが楽しみです。
皮の破れたヤツは試食して、綺麗な物は瓶に戻して、更に漬けておきますョ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

♪ある日、社のなか、あ熊さんに出会った♪

昨夜は○○△△委員の暑気払い。

近くの居酒屋で、♀\3,003.-x15&♂\3,318.-x2 の飲み放題。

若い方に♀が集まり、旦那の方には6人、席が悪かったか?でも、"両手に花"以上でしたから、旦那もニンマリしたさ。

まずはビールと、飲み始め、気がついたら一番のハイピッチ。

ビール×3、ワイン×5、日本酒×2などガンガンやっちゃいました。 旦那だけは絶対に、元とってる。(#^.^#)

今回の収穫は、皆さんの歳がばれたこと。そして、メンバーのうち2人が同級生だったこと。それも、K市のとある中学校の同級生。

もちろん結婚して姓が変わっているし、卒業後30年も経っているから、最初はお互いに判らなかったそうだ。

ある時、M☆委員をしている恩師(中学の先生)と、話をしていることろを見て、お互いが同じ中学校に通っていたことが判明。 不思議なこともあるんだ。 と、こんな楽しい日記にしようと思っていたら、、、

会社の帰り際に玄関で、会社の女の子がつまずいて擦り傷。

「バンドエイド貼って帰る」が、大騒動。

一応、通勤上の傷害だから、労災扱い。 たかが擦り傷と言うことで、自家用車で帰した後から、メールで報告。

これが、悪夢の始まり。

電話報告しようとしたら、電話番号が緊急連絡網と違う。

やっとかけたら、今度は電話で怒られる。 

☆何故救急車を呼ばなかった! 

☆傷が膿んで、大事になったらどうするんだ! 

☆こんな考え方だから、"労災隠し"するんじゃないのか!

会社の方針では救急車を呼べ、とのこと。

ううう。結局、その女性と連絡を取り、病院に向かってもらった。

そして、「災害報告書を明日の朝一番に提出せよ。」だって。

あああ、胃が痛くなる。

ストレス堪りそう。

腰の痛みがまたぶり返したような気もする。

今夜は本当の残業(残酷な稼業)。あなたならどうする?まさか、足にしゃぶりつく?

Anyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »