« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/21

そんな気分、損な気分

I woke up this early morning, and I awaked the rain.
My narough eyes looked the park through a wide window, there were nobody walking without any umbrella.
I heard the soft voice from a TV, the sound said "rain, rain, rain....."

"Rain go away"
"雨なんかどっか行きやがれ!"

Today's pfrase is this, just I feel.

On our office rule, every body clean up the office room after every noon break.
Some body must throw out the trash to the dumpster outside.
So, it means somebody will be wet by rain.

Eventhogh the rain, the fire engine is running.
P7210064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

また飲んで、詩を思い出した。

昨夜の状況は、
「大変な仕事も投げる上機嫌、たった四杯で夜もぐっすり」
それは、こんな唄を思い出したから
「泰平の眠りをさます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず 」

ある発表会の慰労会と言うことで「名古屋の手羽先」が売りの店に、みんなで飲みに行った。
「名古屋の手羽先」を含むコースが3千円、プラス飲み放題が1,680円。

Kochin2 ←写真はあの「ナゴヤコーチン」

(1羽を料理するのは大変でしょうなと思います。)

(この写真は今回の飲み屋とは直接的には関連しておりませんが、手羽先が写っているので、、、、)

まずは高いビールをジョッキで、ピッチャーでと始まり、冷酒を大盛りで頼んだ旦那。
国士無双、奥の松、酒望子、立山と、コップからなみなみ溢れる高価な液体が枡を埋めていく。
完全にへべれけになってしまった。
今朝レシートを見ると、ビールやら水割りが20杯+ピッチャー2杯、日本酒が17杯となっていた。
女性3人を含む8人でこれだけ、1,680×8=13,440 ほぼ原価ベースぐらいは飲んだかな?
旦那は当然のごとく、元は取っていると考えている。
高いお酒を沢山飲んじゃいましたからね。
店も、こんな人ばっかりなら赤字だと思うけど、飲まない人もいたからね。損はしてないか。

今日は酒は要らない、酒はいらない。休肝日です。
仕事に精を出しましょう。
カップ麺でも食べて、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/18

何かと恐ろしい。

涼しくはなったが、、一日中の雨だった。
午前中の仕事がなければ、完全な代休に出来たのに、、、結局働いてしまった。
損な役回りと、つくづく思う。

午後のボランティア会議も順調に進行していた。

時計を見て、慌てて廊下に飛び出す。(午後3時)
この時、会議の司会者役をやっていたにもかかわらず、会議をほっぽり投げて、一言も言わずに飛び出した。
丁度、みんなは雑談していたタイミングだったから良かった。

電話を数カ所かける。
そして、「午後一番に電話します」と言ってたところへ、恐る恐る電話する。
「もしもし、、、おられますか?」

「担当者はいない」(って、サムの背中を汗が落ちていく)

「代わりのものですが、、、」(ちょっと一息)

何とか説明して事なきを得た。

何せ、相手は□土×2省のお役人。 それも明日のスケジュール打合せ。
明日の穴が空いたら、、、、穴が空いたら入りたい気分になるだろう。

会議室に戻ると、何事もなく席について、、

(誰も文句言わなかった。あはは、良かった)

最近、呆けたのかこんな事がたまにあります。
まだ、仕事に穴をぽっかり開けたことはないけど空恐ろしい。
司会者が抜けても差し障りのなかった会議ってどうよ?
会議の最後に、「暑気払い」の予定を決めちゃうってどうよ?
どれも恐ろしい、(#^.^#)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/17

旦那は、本日技能発揮、、責任果たす。

旦那の持っている技能が一つあり、それを今日は大発揮。

朝10時から、□↑区の公会堂に詰め、色々打合せをした。
それから準備に入る。機械をセットして、音量も調節。
同じく資格を持っているというおっちゃん。何も判らず、指示待ち状態。
大したことじゃないから、質問に答え、私の予備員についてもらうことになった。
どう見ても私より20は年配。
私一人じゃ不安だったのか、ある時から二人で行うこととなったが、、、、ちょいとやりづらい。
13時に開場、□↑っ子ソーランが始まりました。 旦那は待機中。
P71765






14時から、会長の挨拶後、スイッチをひねりました。
正面には「文部省推薦」の文字、、、
学び座』なる映画の始まり始まり、、、♪
主演は、渡瀬恒彦、安達祐実、田中好子やら、増田恵子まで出てるではありませんか。
内容は、荒れていた稚内S中が立ち直る様を、「ソーラン節」を通して描いている作品。
感動の物語でした。(少し臭いけど)
P717050
でも、1日の映写料金が15万円と高額! 映写技師をつけると+6万円だって、、、ということで私が駆り出されたわけですが、教育的な映画なら、補助金がついてもっと安く借りられるようにして欲しいよ。 ただでさえ、我々の予算少ないんだから、こんなイベント3年に一回しかできないよ。
観客は1部、2部合わせて約400人。一人当たり400円の計算か、、。

まあ、弁当は出ましたが、お昼はマック¥300円、夕ご飯はハンバーグ弁当¥313円。それに¥89円の飲み物が付いた程度、第2部の終了が20時だったから、10時間缶詰。
フィルムの入れ替え、巻き戻しぐらいしか作業はやってないですが、みんなはこの映画を見るために来ているんだから、責任重大。
そんな仕事が無事終了してほっとしました。 
今回はどう考えても、今年度の最重要ボランティアワークでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/15

今日の料理

毎月の料理教室はこんな風景
P715_2







むさ苦しい男共十数名の寄せ集め。
先生(♀)の言いつけを護らないで、てんでに料理を造っています。
もっとも先生もよく間違えるのでどっこいどっこいとも言えますがね。
本日の料理はサフランご飯と、冬瓜に鶏肉の煮物、鯵の素麺でした。
P715_1








サフランご飯のレシピ(私のメモから)
c    タイ米    2    カップ    水洗い後ザルで水を切る
c    鶏ガラスープ    400    cc    水2カップ+顆粒素10g
a    タマネギ    1    個   
a    ピーマン(赤)    1    個   
a    ピーマン(青)    2    個   
a    唐辛子    1    本   
a    青唐辛子    1    本   
a    サフラン        少々   
b    トマト(中)    2    個   
d    帆立    6    個    水平に横切りする
d    海老    2    匹    殻を剥いて背わたを取り除く
e    塩・胡椒        少々   
f    パセリ        少々   
    バター    20    g   
f    タマネギ    0.5    スライス

1    タイ米は水洗い後、水気を切っておく       
2    バターを引いたフライパンに、aのみじん切りを入れて炒める       
3    ざく切りのbを入れ、cを入れて煮る  20分       
4    煮えたらdを入れ、かき混ぜて更に煮て、水分を飛ばす。       
5    eで味を調える       
6    10分程度蒸らす。       
7    盛りつけ後、fを載せて飾り付ける。      

てなもんでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/13

夏のつまみはナッツじゃないの?

♪夏、夏、なつ、ココナッツ♪

夏と言えば、××暑い夏。
かき氷から、アイス、冷やし中華、流し素麺、冷や奴、ビール、冷酒 と連想していくと、もう仕事止めて、飲みに行きたくなる。

飲む時の肴には何が良いかというと、焙ったするめいかやおでんが良いのは、やはり冬。
暑い夏には、もちろんナッツかな~?

なんて思っていたら、
こんなのが、ビール棚の横で冷えていました。



図柄は私の大好きな<ハマチワン、、浜崎伝助氏>が活躍する、「釣りバカ日誌」だ!
缶には「夏おでん」と書いてあるんやない?

中には何が入っているかというと、 おでんの定番

大根1/4、ウズラの卵、里芋、ナルト、糸こんにゃく、練り物、、、、、、よくもまあ、こんなに入っているのかと思うほど、串まで入っていました。
冷たい出汁と意外に思うが、良かった。

賞味期限は2009年まで?(へええ、随分持つんだ)

商魂逞しきかな、おでんを缶に詰めて売り出すなんて。アッパレです。

電車待ちの間に、ビールと夏おでんがなくなったのは、待ち時間が長かったせいか、電車をやり過ごしたか、、、

さあ、今日もこれで、、、、、、、


肝臓悪くするから、休肝日じゃ(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/05

目が、、、、口なし。

昼から炎天下を歩く。   そんな覚悟を決め、地下鉄を出る。
地上にあっても地下鉄の駅(よくあること)。
地図によれば駅を出て700m、「さあ」と思った時、 携帯が鳴る。
迎えに来てくれるらしい。

ラッキーいけだ(古い?)。

とある超高層1。5階建ての大工場100坪弱が今回のミッション。
仕事はともかく、ベルサーチに似てないバッグにペンキがぺたぺたくっついてしまった。
黒いバッグが、ゼブラ模様になってしまうま。
ペンキ落ちるわけでもなく、首をうなだれ、、、、落ち込む。
こんな時は、ビールをぐっとやりたいのだが、この後に中学校の校長やら、PTAやらの会合が控えているので、酒も控えて、アルコールを避けた。

前フリ終了...............

会合の最初に自己紹介を指名され、焦った旦那しどろもどろになった(当然)。
なにせ、綺麗どころのPTAお母さん達が周りをぐるりと囲っているのだ。
中学の先生も女性が多い。
上がりますね、純情?な旦那様は、、、

会合はとあるS神社の社務所で行ったものだから、当然のごとく畳敷き。 会合の後半は車座になって、お話し合い。
ところがギッチョン、旦那様の正面の座布団に座られたのが、小学校の副校長。
それも一人だけスカートスーツ。
旦那様の視線はアンヨに、その他に、、、どうしても視線の中央に入ってきそうになるのを、こらえたり こらえきれなかったり。 
何とも言われず(写真参照)、ほとほと参りました。
P7030018

旦那様談
「正面に座られたら、お話もし難いではないですか。かといって斜に座られたら、よけい色っぽいし。赤くなっちゃうよ。」
写真は、口に出来なかったと言うことで、「梔子(クチナシ)」を。 香織のキツイ花ですが、私は色の白さとで梅雨時には合うのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »