« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

昔話 21 初上陸 2

初上陸

何故か地面が揺れています。 でも、これは地震のせいではないです。 

あれほど船に揺られて、気分の悪くなった人達も大勢いますが、私は揺れには強い方。  船酔いで、気分の悪い人もしっかりと地面を踏みしめると、とたんに生き返ったような笑顔になります。

そんな中で、連絡のボートから桟橋に上陸したとたん、地面が揺れているように感じ、足元が少しふらつく気がするのは私だけ?

乗船が長いと、そんな感覚になるようです。

乗船実習と言うが、それほどキツイものでなく、ちんたらちんたらでもやっていけます。
そして、遠足気分で上陸、これがたまりませんね。
よ~く考えると、年に一度の遠足。毎回、違う土地を探索できるわけです。
楽しい街、にぎやかな街、寂れた街など、今考えると色んな場所に行けて良かったです。
普通なら、交通費に宿屋などお金がかかるところですが、費用は国持ち。
もっとも、船で働くための訓練ですから、こういう前向きな投資はドンドンすべきでしょうね。
夜はボンクでぐっすり眠れるので、良い遠足になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

12日、千葉まで遠出。

(昨日12日の日記を、、、)

今日、千葉まで遠出。
遠出は仕事でのことだが、気分的には遠足といった方が良いのか?

午後、事務所を出てバスに乗る。 東京湾横断のバスで、すぐ高速に入り、トンネルを抜けるとそこは「海ほたる」。 振り向いた時には、もう、小さくなってました。 バスに揺られる時間は、後4~50分なので、暫く眠ることにしました。 運転手は何を急いでいるのか、ガンガンとばします。 同乗者に聞いたところでは、この運転手はK社出身とか言ってましたが、運転が荒っぽい。
何とか、ウトウトするのがやっとです。 (午後は眠い会議にならなければ大丈夫ですがと期待して)
先方の事務所に着いた後、だらだらと会議が始まったのか始まっていないのか、よく判らないうちに進みます。 リーダーが会議の進行の方向をとらない。 (これって、言っちゃ悪いけど女性の多い会議みたい)
結局、帰りのバスの時刻が間近に迫っていることを指摘。 バタバタとあわてても、次回会議の方向性、役割分担も決まらない。 全体の仕事範囲も決まらない。(Nさん、上司にせっつかれて、やっていることは判っているけど、舵取りお願いいたしますよ)
そんな会議も時間切れ、大慌てでバス停まで歩く。
帰りのバスからの車窓から、「海ほたる」の景色を期待したが、ちょっと無理でした。
さて、今日は、このまま映画でも観て帰ります。

追加OK?

先日の出張で岡山に行ってきました。
マンホールの写真がありますので良かったら覗いて下さい。
http://homepage3.nifty.com/cherry_avenue/manhole/manhole.htm

P5122 左は千葉のマンホール図柄

各地のマンホールには結構楽しい図柄が載っています。

(写真は後から載せました)

おっと、ここまで考え考え文章を入力するのに、PCを使ってきましたが、何回かの警告にも関わらず、一時間ほど動いています。 一度、電源切れたけど、よく保つなあ。 つくづく感心いたします。

P51204 そして、夜遅くなったので、川崎のラーメンシンフォニーで「くにがみ屋」の魚系出汁のラーメンを食べてきました。

コッテリと油の入った、マグロ?鰹?味が濃いです。

美味しいけど、、、コッテリが好きな人にはお勧めの一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

給料アップは嬉しい。

0001 先日、あるものを開封した。それは、今年度の私の年俸通知表、なんかプロ野球選手に似ているけど、違うんです。安いです。開けてびっくりしたのは、給料が大幅に上がっていること。去年は、鉄鋼、車両、電気など軒並みに業績が良かったかも知れない。 でも、この上がり方は異常な、、、決して高い給料に文句があるわけ無いじゃないですか。、、、ハタと考えた。一昨年と去年を比べてみた。(自分の仕事) 去年は新しい上司の下で、のびのびと仕事をさせてもらった。一昨年は、ごたごたした間の上司のもとで、かなり窮屈な仕事をしていた。 評価の差なのだろうか?聞いてみると、同僚の人も目を白黒させていた。なんて奴だったんだろう。思い出すとむかむかする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

取られてしまった

先日植えた「楊貴妃」(桜)の苗木が、根から掘られて抜かれていた。
どう見ても、誰かが取った。
花泥棒に罪はあるよね。
まあ、何処かの庭で、ボタン桜が来年咲いて、人を楽しませるでしょう。
苗木を取った人は、その花を見て楽しめるでしょうか?
そんなことに心を痛ませるようなら、最初から盗まないのでしょうが、、、、

これに懲りず、また、何かを植えたいと思います。
人の心を癒す様な木を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »