« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/24

出張から帰ってきました

旅行好きの私には、遠距離の出張でも、あまり喜べない。

なぜなら、飛行機が嫌いなのだ。

飛行機は、パイロットだけが操縦し、一般の乗客は触らせてもくれない。
まあ、当然といえば当然、当たり前のことだが、私が操縦できるわけじゃない。 しかし、なにか重大な問題があったときは、飛行機って落ちちゃうんですね。これも当然。

自分の命を他人の腕任せにすることが、基本的に嫌いなんです。
できることなら、問題があっても自分で何とかなりそうな、車、電車、船なんかがいい。

そうはいっても、仕事だし、一番安い飛行機にせざるを得ない。 スカイマークエアラインって、羽田〜福岡間が¥16500なんですね。
新幹線より安い。
広島までなら、絶対新幹線ですが、九州となると、やはり飛行機だ。

今回は、安い飛行機なだけに、タキシングのときの振動も、何か不自然なようで怖い。

離陸前、心臓がドキドキしているのがわかる(普段もドキドキしているが)。

加速に入った。

水平加速度約0.2Gがかかる。
対地速度が画面に表示されている。
(他社の画面では、地面が映し出されているが、私にはこちらのほうがいいかな?)

速度をよく覚えていないが、(200ノット以上だと思う)離陸速度を超えたと思った後、ふわっと感じた。
お尻に、なぜかむずがゆい冷や汗を感じた。

高度計は10mを示している。
数字はどんどん上がっていく、、気持ちはどんどん沈んでいく。

P2210069
30000フィート弱の高度で巡航。
福岡までは、546マイル?
鉛筆を持っていなかったので、時間をかけて計算。 これってランドマイルだ。
本当なら、500マイルもない。 ♪ファイブ ハンドレッド マイル♪


計算してたら、あと100ランドマイル=160kmで福岡空港と表示されている。

離陸よりも着陸時のほうが事故が多い。
データでは交通事故より、死亡率が小さいという。
着陸前の不安は、また、一気に高なる。

進入速度とGPS画面をみる。高度は?だんだん落ちていく。
10mを切って、2mになった時、ドスンとしりもち音をついて着陸。

全身から息がふーっと抜けていきました。
P2210075

こんな状態だから、飛行機って嫌いなんです。 楽しめない乗り物なんですね。

え?怖がり?
まあ、いいじゃないですか。

 

P2210076たった一つ。もし死ぬ時は、こんな美人のスッチーと一緒だと、慰めてくれませんか?








やっと、横浜に帰ってきましたが、ブログの書き込みが遅れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

昔話 20 初上陸 �U

上陸して最初に向かうところは?
生活用品の補充に走るもの、パチンコなどの娯楽に走るものなど色々ありますが、やはり、男だけの空間から解放されたくてしょうがないのか、街中の女性を見るのが喜びかな?
もちろんその手の場所に行く人もいる。
「お兄ちゃん^2、学割で安くしとくよ」
などと呼び込む声。
辺りは薄暗くなっているので、人に見られないようにして、入る。
劇場内は暗い。 スポットライトを浴びて音楽とともに女性が一人出てくる。
一枚、一枚と服をひらひらさせて、、、、
「お兄ちゃん、もっと近くに寄らないとよく見えないでしょ?」と片膝を立てる。
スポットライトはいつの間にか淡いピンク色。
暗くてよく見えないぐらいだ。
今度は背中を見せて、ステージの向こう側にサービスする。
向こう側に見慣れた顔があった。
それも5人ほどいる。
横を見ると、やはり知った顔。
みんな行くところいっしょだね。

船に戻ると、手紙が届いていた。(もちろん女性からの)
寄港地寄港地で手紙の遣り取りは出来るんです。
これも、乗船中の楽しみの一つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

倉敷を歩き、新幹線へ

建国記念日の今日、倉敷の美観地区を散歩した。
掘り割りに並ぶ、実をつけた木は「センダン」。 観光案内所の2階で、眺めていた時、おばちゃんに「あの木は何という木か知りませんか?」と声を掛けられたけど、その時には「さっき、アソコの木に札が掛かっていて、カタカナで4文字だったけど、、、、、、」と、しどろもどろ。
随分記憶力が落ちてきたものだ。 記憶したと思ったのに10分もしないうちに忘れてしまう。 もう、老人性痴呆症が始まったのかなと、、、今は認知症というのだっけ?
もう、この時点で始まってる!
気になる木の名前を覚えるため、またグルリと回った。
今度こそ忘れないぞとφ(..)メモメモをとる。 日記にも書けたので、メモは成功。
忘れないように出来るだけ写真を撮ろう。
P2110003







駅への帰り道、「えびす通り」という商店街を通った。
P2110020 路の途中で面白い石像発見!
何々?頭を撫でると頭が良くなり、鯛を撫でると家内安全、福耳を撫でると商売繁盛? 竿を撫でると恋愛成就(エッ!ナンカヒワイナレンソウシソウ)?????
竿は撫でずに(間に合ってま)、頭からお腹まで総て撫でました。 だって撫でるの好きなんだもん(笑。
夜になり、仕事の打ち合わせをする。 まだまだ夜中まで仕事なので、飲めない。 しかし話し相手はどうも酒臭い。
一度家に帰ってきた性だという。 飲みたいのに飲めない、これが一番辛い、、、結局夜は仕事先での仮眠となり、お酒はなし、早朝からの現場仕事に立ち会う。 仕事の内容? いえないよう。
仕事の結果をまとめ上げたら、いつの間にかお昼。 
お約束の写真を撮って、今日は帰宅だ!
奥様は旦那の顔忘れてないだろうね?
もちろん新幹線の中は酔っぱらい(今、その真っ最中)。
よっぱは家で嫌われる。
昼からよっぱ、今のところ気分は最高! まだ2合しか飲んでないのでもう一本飲もうかな?
今、関ヶ原にさしかかったけど、この30分売り子が来ないよ? 最近の車内販売たるんでない?
P2120118 飲みたい時に酒はなし、のんべが悪いか売り子が悪いか?
、、、、これ以上飲むと、出張旅費の日当から足が出る。それでも、地ビールの「独歩ビール」を購入。
もっとも足のでなかった出張の記憶がない。
やはり老人性認知症か? (2回目は痴呆症と言わないだけ正常かい?)

ああ、こんな言葉が出ること自体、お爺ちゃんやわ。 かなんなあ。

名古屋駅を出た。駅を出る直前は置き引きの心配があるので、席を立たないようにしているが、そろそろ、お○お○タイム。
すると、13号車の、立ち×用個室入り口前に素敵なお姉様?が順番を待っているようです。 こんな綺麗な人なのに、おち○ち○がついているの? 不思議に思ってびっくり。
ドアが開いて、、、入ると思いきや、おちびちゃんが出てきて、一緒に席に戻る。
あほやなあ、びっくりして心臓がプシュ、あはは、凄い勘違いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

野菜オフの報告

知っている人がきっと来ると思い、早々に参加表明。
しかしながら、そのお二人は結局来なかったようです。
koya
それでも、Kさんの野菜オフは楽しいです。 色んな食材が地方から送られてくる。 そして、お酒も。
Kさんのオフは、お酒のオフでもあるようだ。

始まりの挨拶もなく、知らないうちに乾杯して、オフが開始された。

Nさんは、得意の包丁さばきで、名古屋コーチンをさばいていく、私の持って行った押し寿司がかすんでしまう。 さばいた後、ただ油で揚げただけなのに、さすがに美味しい。
sakes そんな料理を肴に、お酒が進む(私は飲んでない)
みるみる、なくなっていく。
今回は20人程度のオフ会なのでかなりピッチが速い。
写真はアルコール度の高いものばかり。 このほかにビールが一杯ありました。

ひとしきり、飲んだ後、野菜オフの醍醐味の一つ、野菜の収穫に出かける。  
昨年は、大根を抜きすぎてKさんに怒られた顛末もあり、今回は5本程度に、、、、
daikon そんな、大根畑に転がっていた、なまめかしい大根。
市場に出すにはきっと規格外で商品にならなかったのでしょうが、もったいない。
せっかく、育ってきたのに、見すられてしまうのはかわいそうです。 せめて写真にでもと、パチリ!!
こんな姿でも、味は変わらないのに、流通にのらないというのは、いつも何かがおかしいと感じています。

来年もまた、美味しい野菜を食べに出かけたいです。
娘あたりが一緒についていてくれると嬉しいですが、やっぱり無理かな? 今年も来なかったしね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/02

眠い、眠いよう

昨日は娘の誕生日だった。
しかし、妻と娘はスキーにプチ家出。
長男は義兄のところへいってるし、31日からは次男と二人暮らしです。
仕事が休めないので、仕方がないけど、ほいほい、娘に付いていくかなあ。 宿泊先はスキー場近くにある娘の友達の別荘。 向こうの母親もいるから、4人で滑っていることでしょう。 それも家のことを忘れて楽しく、、、
その間、次男の食欲に応えて料理番。
P1310052 31日は「もつ鍋」でした。
市販の汁を買えば味はOKでしょうが(生姜)、なんて、ダジャレになるように自前でやってみることにしました。
昆布とするめ、出しの素、生姜、コチュジャン、砂糖、味噌を適当に入れて、味を見る。少し甘めだったかな? でも、なかなかいけそう。
もちろん、モツ、豚肉、とキャベツ、ニンジンなどの野菜を入れて、味見。
プシューッとビールが空いちゃいました。

P2010059 1日はジンギスカンで。
先日、近所の奥さんから戴いたジンギスカン鍋(簡易型)に油を引いて、まずは野菜を焼く。 そして「松尾のジンギスカン、チョッちゃん」の袋を切って焼き出しました。
私は、たれなしでも結構美味しかったのですが、息子は物足りないらしく、焼肉のたれをつけて食べてました。
後かたづけすると夜中12時を回ります。
朝は5時半に起きて朝食作り。  二晩も続けば眠いのは当たり前。 こうする今もブラインドタッチ、眼を休めながらのブログです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »