« また昔の記憶が、、 | トップページ | 雪がやんで、 »

2006/01/22

アメリカの牛肉

このニュースを聞いて、最初に思ったこと、 それは"Americaにバカにされた"ということ。

業者は「ルールを勘違いしていた。だが、国内向けなら問題は発生しない。」との答弁。 基本姿勢に、「お客様に自分たちの商品を購入して頂く」という考えがない。 「お前達は、これを買って食え」という気持ちがありあり。 われわれ日本人の基準が厳しいかも知れない。 米国では、危険性を軽んじているのかも知れない。 だが、客の要望した基準を無理矢理ねじ曲げた上、その協定すら守らない、守らせないと言うことは、日本人を軽く見ているとしか言いようがない。

先日、公務中といえ、米国女性軍人がひき逃げをした事件があった。 逃げ帰って、罪に問われないという。 日本人の命より、米国人の生活の方が重要だと言うことか?

こんな考えが、ずっと尾を引いているんだから、今回の牛肉も無理からぬ事。 そんな気がする。

これも先日見たニュースだが、米国での牛の飼育方法は工業生産のよう。 広い牧場は杭で仕切られただけ、草一つはえていない。 餌を機械で与え(多分抗生物質も)、劣悪な環境のようだ。 確かにあれでは手間がかからず、安く生産できるかも。 しかし、一度病気が発生すれば、瞬く間に蔓延するのは明らかだ。 発生後は危機的な状況になるのは間違いない。

そして、利益のために、牛肉を無理矢理食わせようと言うのだ。 危険性を内在している肉を。

|

« また昔の記憶が、、 | トップページ | 雪がやんで、 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/8272754

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの牛肉:

« また昔の記憶が、、 | トップページ | 雪がやんで、 »