« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/26

昔話 17 夜航海

夜の航海は幻想的なところがある。
一つには、夜光虫。
乗船するまでは、夜光虫なんてどんなものか判らなかったが、いざ見てみると美しい。
船首が海を切り裂いていくと、白い波が立つ。
その白い波の中に、キラキラと光る砂が見えるようだ。これが夜光虫である。
じっと見つめていても飽きない、それどころか波の中に吸い込まれていくような錯覚も起きる。
沿岸を航行していると、遠く水平線上に、街の灯りが明るく見える
灯台はその明るい中でも、ピカッ、ピカッと場所を教えてくれる。
こんな時に船の位置を求めるんですね。

P0050 ジャイロコンパスのリピータで、灯台の方位を測る。
それは、リピータ盤の上に立てたシャドウピンと灯台の位置をあわせ、そのまま盤の方位を読み込む。
一瞬だけ明るくする盤を片眼で読み込むのだ。読み込んだ数字は頭の中にしまい込む(メモなんて取らない)。4つぐらいの灯台を読み込むのだが、普通3つまでぐらいなら数字を覚えていられる。 そこで、4個目は目で数字を覚える。
その後、明るい海図室に行って方位線を描いて船の位置を求める(直線が交わったところ)。

海図室をでる時に、やっと瞑っていた片方の眼を空ける。
船橋も暗いので、明るい眼になれていたら、ものが全然見えないのだ。 そこで、片眼を瞑って片方の眼だけは、暗闇に慣れさせておくわけだ。
目が慣れていないと、人にはぶつかるし、下手すると相手船が見えなくて船をぶつける可能性もあるからね。
そんな状況だから、当直中にサボって船室へ戻り、コーヒーやおやつなんかを食べてきたヤツはすぐ判る。
大体が長い間、片眼を瞑っていられない。 どうしても眼が暗闇に慣れないので、混み合った船橋ですぐ人にぶつかる。

そんな時、士官は、
「おや?コーヒーの臭いがするぞ、どこ行ってきたんだ?」
と、よくカマをかける。
練習生もよく心得たもんで、
「ちょっと、お腹の調子が悪くて、トイレへ」
と誤魔化そうとする。
<この時点でばれてますよ!>
「コラー!、そんな時は、ちゃんと断ってから行け!!!」(- -;)コラコラー!
  間 「で?何喰ってきたんだ?」

士官だってサボりたいんですネ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

「いい夫婦の日」

今日は「いい夫婦の日」なんやて、、そんなん知らんかったわ。

どこぞのアホが語呂合わせしたんとちゃう?思うけど、どんな夫婦がええ夫婦やろ?

うち?

うちはちゃう! 旦那がええ加減よって、どないもこないもならん。

遊んでばっかりやん、たまにメシつくるけど、、飲んべやねん。

そらまあ、たまには良さそな夫婦も見かけるけど、一緒に並んどったら、大抵どっちかが自分の気持ち押さえてるで。 今言うたら、恥かくさかい、黙っとこ思うてる人多いやんか。

ぽんぽん言い合いしながら、笑うてる夫婦なんか見たことない。大抵、喧嘩に行ってまうやん。

それか、ずっと黙ってるかどっちかやなねんな。

黙っとったら、仲良う見えて「おしどり夫婦」言うかも知れんけど、心んなか どないなってるんかわからへんで。

ネットの中でもそやん。いくら関西弁のイントネーションつけても、判らへんやない。

今日はええ夫婦の日やて、、、

朝出かける時、うちのん、起きてきぃへんかった。誰がまっすぐ帰ったるかい。フンじゃ、、

昨日はまっすぐ帰ったったのに、グチばっかり言いよって、腹立ってん。

たまには、関西弁でぎょうさん喋ってみたいわ!

すんまへんな〜、こないなグチ聞いてもろて、、、

(お口、愚痴、愚痴、モンダミン....)

また明日から、標準語に戻る酔ってな(←えらい変換や)、待っときや。

いや、待っといてね〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/21

そそそ、ワインです。

b163今年のワインが美味しいと言うことで、一箱購入したボジョレーのワイン。
届いた水曜日は、別の飲み会で手をつけなかったのですが、木曜日当日は、「子育てお母さんの集い」があり、仲間に声をかけたら、飲める日と人が、我が家に集合(酒豪?)。 ボス達の悪口を言いながら、一気に4本を空けてしまいました。 (#^.^#)
つまみは、お仲間のお姉さん方が買ってきた鶏肉やチーズなどです。 帰りに畑から抜いてきた水菜を使って、茶碗蒸しも出しました。 (大根と白菜もその畑から貰ってきました)
3本目を空けた頃、家内のお友達の旦那さんが、イナダが釣れたのでということで、2本差し入れがありました。
とても立派なイナダ(ブリの子供)でしたので、思わず、
「どうぞ1本持って行ってください」
なんて、調子に乗ってあげてしまいました。
家内も前日の水曜に、何を嗅ぎつけたのか、お友達(娘の友達の母親達)が訪問した際に2本あげちゃっているので、木曜日には7本が箱から消えてしまった。
そして昨日は、(あ、日付変わったかな?) 町内会の会合で1本ぶら下げて行ったので、とうとう、残りは4本になりました。
美味しいワインは消費も早い。
それにしても、ボトルをあげた3人は、都合良く現れた物です。ホント
鼻が効くというか、タイミングが良いというか、、、、感心です。
残り4本のワインを隠しておきましょう。ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

鉄火巻きに

PB190003この写真を見ると、鉄火巻きに見えますよね。
すだれに海苔を敷き、白い○○にマグロ。
でも、白いのは、山芋なんです。
山芋を細切りにして並べてあります。
マグロは本マグロの赤身、、、
え、もったいない?
そう思うのは当たり前ですよね。

これを、フライパンの上で軽く焼いて、仕上がりはまるで「鉄火巻き」。しかし、本当は、「マグロと山芋の磯辺焼き」。
今日はこんな料理を楽しんでまいりました。
本物の鉄火巻きも作り、味の比較ができるはず。
ただし、娘が近くにいたので、本物と偽物の「鉄火巻き」をお昼ご飯代わりにあげてきた。
だから、娘の批評待ちです。
それ以外にも、ちらし寿司やら、鶏肉スープやら結構楽しい料理界になりました。
皆さんには、眼だけで楽しんでください。
PB190005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

今日の大工はジーパン

今日は、家内が箱根へ旅行。
まあ、高校のPTAで仕事して、みんなと一緒に行くのだから、とても良いこと。
ただ、家事の手伝いはしない旦那。
好きで行くんだから、、という訳じゃなく、、、、、、、自分が負い目を負いたくなくて、すべてを片づけようとする奥様の態度につけいる隙がない。
それは判る。
でも、たまには旦那に甘えてみたら?(そう言いたい)
どんなに気の強い女性でも、甘えて、そして男の優勢な部分を引き出すこともお互いに必要じゃないかなと思う。
私はどう頑張っても私でしかない。
二人じゃ、面倒かも知れないけど、死ぬ時は一人かも知れないけど、、、助け合うから家庭だし、社会の一員。
最近、ちょっと心のすれ違いが多い。

気をつけよう!、お金じゃなくて心の貧しさと、ことばの乏しさ。
自分ながら反省しています。

で、今日は、二人分大工の、第九の練習をしてきました。 ジーパンで、、ガラ声で、、、スッキリ。
PB1018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

おばあちゃん(義母)の3回忌

日曜日は3回忌だった。

叔父・叔母がずらっと10人以上(夫婦連れを含む)。

まるで、○○家の宴会場の様子。

義兄と私ら夫婦で準備した。

PB060 ←お弁当は、近くの和食屋さん、何でも小泉首相も立ち寄ったというお店。

15人前を届けてもらった。

お寿司も上を10人前を出前、、、、そして写真の右上角の代物。

この蟹は、すぐ近くのスーパーでお買い物。 一人1肩なので、娘にも応援してもらって何回もレジをくぐった。

蟹ってそのままダされると食べづらいですよね。

でも、左手に軍手を嵌めて蟹を持ち、甲羅に包丁を縦に入れると、表面が皮をむくように削げます。

TVで見ていたのを真似ているんですが、こうすると、蟹の身がスッと取れて食べやすいんですネ。 来客の人も、食べやすくて良いよと言っていた。  でも、そのせいで、蟹はあっという間になくなった。

ああしたら、こうしたらばのタラバ蟹。  財布のように軽くなって飛んでいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

ハロウィーン

ハロウィーン

昨夜はそういうことだった。 道理で、道行く人に場違いな服装の人も見かけるわけだ。

夕方、7時頃、白雪姫を見た。

夜の十時も過ぎるともっと変わってる。  駅のホームからゴジラのような怪獣のかぶり物をして現れた男一名などざらのようです。

私はというと、久し振りの街を、久し振りに歩いて、これまた半年ぶりぐらいのお店に入ってました。

ハロウィーンのせいか、お客はちらほら、でも、静かに音楽を聴きながら、映画の話に興じていました。 ここのマスターは年間150本ぐらい映画を観る人だから、映画のことに詳しいんです。

この店は、この新宿界隈では映画の好きな人達が集まるジャズバーとして名前が高い。 映画談義も、楽しい物です。

今年はたくさん映画を観ているから、やっとやっとで、話について行けそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »