« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/27

昔話10 ニクロム線と学生

夏になっても帰らない寮生が多かった。
バイトに勤しむためである。または部活動がある。
帰る電車賃がないヤツも多かった。
夏休みは、他の大学と比べると短かったせいもある。
7月の末から8月末までの夏休みは、高校生のそれとあまり変わらない。
部活もお盆時期は休むので、その時期をどう乗り過ごすか?
もちろん寮の食事は終わってるから、外食か自炊。
お湯を沸かして、その頃売り出した「カップヌードル」を食べるのが主流。
外食は、金がかかるけど、お店も貧乏学生を相手にして、売り上げが上がらないのも確か。
そんな時のインスタントラーメンが、学生の命を救う。
そこで登場するのが、ニクロム線のコンロ。
何せ電気代は寮の負担だから気にしていない。
このコンロ、良く活躍したけど時々、線が切れる。
コイル状になっているので、切れたところを重ね合わせて使う。
短くなるので、抵抗が下がり、→電流が多くなる。→それでまた切れる。
何度か繰り返すと、つないでもつないでも切れるようになる。
これが電機製品の寿命だと、実地で勉強しました。
さて、そこまでいったらもう熱源はない。
どうする?
石油ストーブを引っ張り出して(真夏に)火をつける。
石油自体もうほとんど残っていないのだが、どこからかかき集めてきて火をつける。
すぐになくなるので、1回限りの応急策でした。
あとは、電気ポットのお湯を使うが、そもそも、カップヌードルは100円以上したので手が出ない。 20円くらいの「出前一丁」がせいぜいだから、麺が硬いまま食べることになる。
野菜も半生。玉子は生卵(あれば幸せ)。
学生って、昔から貧乏な生活を堪え忍んできたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

食事サービス

あじさい会=独居のご老人への食事サービス

どの地域でもやっているとは思うが、ここではもう119回になるそうだ

男手は、力仕事と料理の配膳。

それでも、おこぼれが戴ける。

P621aji0
今回は、マメご飯と五色揚げ、スイカがメインだったかな?
200円でこれだけ食べられるなんて、いいですね。
でも、ご老人達は2ヶ月に1度だけですから、普段は何を食べているんでしょうね
2ヶ月間ずっとこの日を待っていたりして、、、
今日はこの後、ビンゴゲーム、、、景品を持って行けるのは数名だけですが、結構盛り上がります。

食事後、私は後かたづけもせずに、別の会議に、、、

区役所の会議室では、白熱の議論。
いろんな事のついでに、いつのまにか、夜の親睦会を決めていた。
親睦会は8月の後半までおあずけだなんて つらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/20

手紙を貰った、長男より、、、、、、、

父さんへ
父の日ということで「何かプレゼントでも」とおもったけど、お酒以外で喜びそうな物がボクにはどうしても思い浮かばなかったので手紙を書くことにしました。
前から思っていたんですケド、睡眠の方足りていますか?
授業中、、、、じゃなくて、仕事で突然眠くなったりしませんか?
お酒に対して家族の思いは交錯していますが、ちゃんと寝てくれれば、ボクは肯定します。

最近、ソファーでうたた寝をしている姿を多々見受けられ、ちょっと心配です。
母さんも心配しています。
「あれじゃあ、寝た気がしないんじゃないか?」とこぼしていました。
体力の方にも限度があるのであまり無理をしないで下さい。
お仕事がツラくて、不満が溜まってる事は  みんな、なんとなく知っています。
大学出たら就職して、父さんの負担を減らすようにします。 それまでは頑張って下さい。

それと、くれぐれも体調管理の方を、、、、、。
    父の日に釘を刺す珍しい兄さんより

以上、長男より、 、、、最高のプレゼントを戴きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

落武者

写真は載せられません!
面白すぎて、、、、

昨日は、ある高校の記念祭(文化祭)に行って来ました。
そこで見たものは、、、
落武者、それもバニーガールの、、、

土曜日は、会社の仕事の後、寄って見ました!
見事な月代(さかやき:時代劇の侍の身だしなみ、頭の頂部を剃る)は素晴らしい。
一緒に写真とってとのリクエストが一杯、模擬店の売り上げもビンビン!
あははの衝撃です。

何枚も写真に撮りましたが、絶対公開しませんよ。

ほんとは、ゴリエをやりたかったらしいが、高かったので、バニーにしたらしい。

私には、落ち武者は出来ない。 よ〜やるよ。
月曜の朝、坊主頭にするそうだ。 それまでは落武者。
通学は親父の帽子を被るそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

昔話9 朝食

この寮の朝食は基本がうどん。週替わりで天かすときつねの交替。朝6時半に並んで待つ。 

アルミの四角いトレイと箸、食券(\30)を持って並ぶ。 おっちゃんがうどんの入ったアルミの器に親指を突っ込み、熱いだし汁をかける。

「おいおい、おっちゃんあんたの親指が汁に浸かってる。あんたの出汁はいらんのやで」そう、心に思いつつ、受け取る。

ネギは山盛りに刻んであり、やはり貧乏人は、山盛りに載せる。更にスプーンで七味を載せる。(これも山盛りか?)

ここのうどん汁は魚の出汁が効いていてメチャクチャ美味しいんやで。

おばちゃんの手で盛られたうどん、おっちゃんの指そんなのが混じってたんかな?

昼食、夕食に出てくるご飯は政府の支給米。 麻の米袋に桜のマークが入ったもの。あまり美味しいとは言えなかったが、うどんだけは美味しかったです。

日曜日は、うどんがなく、牛乳とパンでした。 日曜の朝が弱い人には10時まででも取りに行けないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

昔話8 当直

前回、カッター部の二枚目にガールフレンドがいないと書いたが、なぜそんなことが判るのでしょう?

ここの寮には当然電話がある。 昼間は、事務員がいるので、電話の取り次ぎをしてもらえる。
広い寮だから、取り次ぎといってもマイクを取って寮内放送をする。
「×寮○○○号室、○○さん、お電話です♪」
では、夜間や日祭日は?
寮には、当直室があり、そこへ部屋毎に順番で当番が詰める。
当然、1回生が当直になり、2回生はその監督として一緒に過ごす。  夜22時まで呼び出しをする。
その呼び出しは二種類ある。
前述の「×寮○○○号室、○○さん、電話」と「×寮○○○号室、○○さん、お電話」の二種類。
え、何処がどう違うのかって?
最後の「電話」をぶっきらぼうに言うと男から、優しく「お電話」と「お」の文字を付けて言うと、女性からの電話であった。 毎晩その放送を聴いているので、誰がたくさん掛かってきているか判る。
もちろん、当直者は、そっとその場を離れるが、大体の様子はわかるというもの。
時々、合コンや合ハイのお誘いの電話もかかってくるのが、楽しい。 その当直番の役得で采配をふるう、ただし上級生がすぐわってはいってくるが。
時々、変な電話もかかってくる。 食事に付き合わないかと男の声で、、、素直に付いていくと、男にベッドへ誘われるとか。 また、アルバイト募集もかかってきたことがある。緊急の力仕事の依頼だ。 夜中の電話は、緊急以外取り次がないが、急ぎの時は当然1回生が走る。 私の当直中にはそんな事態はなかったですね。
反対に電話を掛けることはなかったのかって?
電話機は一応受信専用でダイヤルがなかった。 今のようにトーン式ではなくパルス式の受話器。
わかりましたか? そう、モールス信号のように受話器を叩くのだ。0なら10回連続で叩く。
上手いヤツは、一発で相手に繋がる。 いけない事とは知りつつ、ついやっちゃいますよね。
この当直は試験中でもやらなければいけなかったが、結構楽しくもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔話7 蒙古斑

蒙古斑は東洋人の0〜2歳までに見られる、お尻の青い痣。
1〜2歳で消えるのが普通ですが、ここの寮生の一部は蒙古斑を作っている。
それはカッター部員達だ。

カッターを漢字で書くと「端艇」である。 長さ6mほどのボートで、後の方がスパッと切りとられた様な形状をしている。(そこから、CUTTERと呼ばれるようになったそうである。)
オールの長さは4m程あり、オールの手元には4個所鉛の詰め物がしてある。
これを漕いで早さを競う競技があり、カッター部員達は夕方の2〜3時間、エッチラ オッチラと漕いでいるわけだ。座る椅子は硬く、お尻にアザ、水ぶくれが出来、まるで蒙古斑のような様子になる。

大風呂では男の勲章と持て囃されているが、女性にはさっぱり受けないらしく、GFの少ない部でもあった。 あの二枚目のT山君も暫くはGFがいなかった(今は婿養子で姓が変わっている)。
そんな彼らが、風呂にはいるのは大体夜7時くらい。 我がラグビー部員の入ったあとだから、浴槽は×××状態。 一応は、お湯をかけてから入るのだが、結構不心得者がいたようだ。
湯船の底がざらつくのはよくあること。 8時を過ぎるとボイラーがストップし、お湯はドンドン冷めていく。 10時までは何とか上がり湯が使えたが、風呂の湯は冷めていく。 飲みに出歩いて、一寝入りすると夜中の2時頃に目が覚める。 あ、お風呂入ってなかったと思って、風呂場に行くと湯船の中はお湯を抜かれて何もない。上がり湯からでるはずのないお湯を求めてシャワーをひねる。

まあ、そんな時だから水でも仕方ない。
何せ、蒙古斑の青ではなく、赤なのだ、身体 全体が、アルコール色、、、翌日の授業は、手旗信号実習かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

日記、雨で仕事が延びる

とうとう雨が降り出した。
まだ、船の塗装が済んでいないのに、これで仕事が延びて土日も出勤か。
台風だから仕方ないこととは思うが、つくづく天気を恨めしく思う。
1隻の船は、今朝下架して浮かんでおり、あとは主機関の整備完了を待つだけだから、片方は今日でカタが付きそうだ。
あとは、計算した通りに油圧ポンプが動くかどうか。 まだ、今これを書き込んでいる時点では結論が出ていない。
5馬力=3.7kwの電動モーターにポンプをつないだ。11MPaまで油圧が上がるかどうかが鍵です。夕方には確認できるかな?
今回は、かなりの溶接工事が多く、工程も延び延び。
たまの昼休み、いつもは会社と出先の間を移動中が多かったが、今日は出先事務所でのんびりしています。
工事の先が見えてきた余裕かな?
たいしたネタはないから単なる日記でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/05

ふと感じた自然環境

雨上がりの朝、
清々しいはずなのに、今日は公園の草むしりがあるので、ちょっと憂鬱。
鞭打って気を奮い立たせ、けった(自転車)に乗る。
公園といっても家の前の公園ではなく、1�q以上離れたところの公園です。
未だ、そこの町内会役員をしているので、皆の先頭に立っての作業。
朝から、お天道様は、容赦なく照らしてくれる。
大きな鎌を持って、雑草というものをなぎ払う。手で引っこ抜く。

そんな時、ふと思った。
雑草という名前の草木はない。
よく見なくても、知っている草が多い。
セイタカアワダチソウ、ヨモギ、ヒメジオン、たんぽぽ、、、、知らない草も多い。
それで、もっとよく見ると、在来種の草が少ないのかな?
たんぽぽは、西洋たんぽぽと言われるもので、葉っぱが上の方に伸び、一杯胞子を飛ばしている。
セイタカアワダチソウも在来種じゃなかったはず。
また、ヨモギも随分と背が高く、記憶しているヨモギとかなり違う、香りも少しおかしい。
名前もよく判らないが、大根科のような草が、大きな顔をしてのさばっている。
ブラックバス、ブルーギルなどの淡水魚も、元々は日本にいなかった。

・・・・・・・・・・・・・

そして、掃除が終わって仕事に向かう。

今日は、日曜だけど仕事がありました。
仕事があるのに、町内会の草むしりを優先させたと言った方が良いのかな?
仕事先で、東京湾内を運航している船がドックに上架(引き上げ)させられた。
陸に上がった船の底を見ると、そこにはフジツボ、牡蛎、などが付いている。
(牡蛎はここ1年ほど、東京湾内で繁殖しているそうである。あと2年経てば立派に食べられる大きさになるはず)
そして、真っ黒なカラスガイ(イガイとも言うのかな)も付いている。このカラスガイ、フランス辺りでは食用になるあのオマール貝の親戚なのだそうです。 
日本の物も、食べられるらしく、中国の船員さんが時々大きなものをとっていくようです。

で、
ここ数年、この貝の色が黒ではなくて、エメラルドグリーンでした。
同じ大きさ、形でもなぜ色が違うのかというと、この貝は南半球の種類ということで、日本とオセアニアを行き来する船が運んできたため、船のバラスト(バランスをとる重し)海水に混じって、密輸(誰もその気はない)されたようです。
綺麗な貝なのですが、見方によっては毒々しいものでした。
それが、今日見たら、緑色はほとんどなくて、黒い日本の原種が勢力を盛り返していましたので、どっちも船には付いていて欲しくないという仕事上の気持ちの反面、黒いカラスガイがたくさん付いていて、日本のカラスガイも頑張ってるなという嬉しさが湧いてきました。

自然環境も、自分自身で元に戻ろうと努力しているのかな?
seachest

←の写真は、船のエンジンを冷やすために、取り入れる海水の入口。

大きなものが牡蠣で、右の方の黒いのがカラスガイ。

あはは、こんなのは見たくないよね (#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/03

ビールパーティ

party0 行ってきました、2日の夕方、○一生命主催のビアパーティ。

会費千円で、飲み放題、しかも景品までくれるんです。

これは、行かない手はないですね。

会費の千円は、ご飯抜きのお弁当(つまみのこと)。結構豪華でしたね。 うちの会社からは飲んべえが4人、そのうち3人は同い年(昭和××年生まれ)、この年は飲んべえの当たり年だったかも、、、、(#^.^#)。

berprty5 もちろん飲んべえのサムはその仲間入り。

最後に、景品が、、、大当たり。

ディズニーキャラのバスタオルが当たりました。

大体、半数の人が景品を持って帰りました。 同い年3人はもちろん当たり年ですから、確立良くもらっちゃいました。

もう一人は、残念ながら外れてしまいました。

一番凄い景品は、なんと、TDLのペア入場券。 これは、偶然なのか女性に当たって大喜びでした。

秋口には、お酒の利き酒会がある予定。

  ⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ、ご一緒しますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

ラーメンの話

ippuu13 ラーメンネタ
私はラーメンが好き、結構好きな人が多いように聴く。
今日は、昼前に会社を出たものだから、余裕でお昼には横浜駅に到着。
今日のねらい目は東口ポルタ地下にある、博多ラーメン「一風堂」。
待つこと10分、店内に入って見渡すと、テーブルなどの配置が今ひとつ効率的ではなく、美観を重要視した造り。
ランチタイムの定食が割安とあって、\650円に\100円足して「白丸元味」定食にしました。
これは、豚骨のラーメンに餃子とご飯が付くという代物。

出てきたラーメンはすぐ写真を撮る。 でも、なかなかご飯が出てこないので、麺を少し脇からとって食べる。
来ない、遅い。
しびれを切らしたころやっと持ってきた。
ご飯に紫蘇のゆかりがのっかっている、、、、これって、邪魔。
餃子に「かんずり」?「柚胡椒」じゃなくて? 九州なのに。
麺は細麺ストレートだが、何かかん水で作った麺じゃない様な気がする、、うどんに近い。
スープを飲むと何か舌に粉っぽい感触が乗る。 ひょっとして化学調味料? 妙な感触だ。

煮豚も、辛子もやしも良いのだが、ちょっと全体的に感心しない。

ラーメンは良い味にまとまってはいるのだが、このお店、私は推薦しません。
頑張って良い店に変身して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画の日に

午後、休暇を取って、横浜市○○区民生委員・児童委員協議会の総会に出席した。
簡単な挨拶(演説)の後、決算・予算等の決議があった。

ちょっと疑問に思ったことは、前年度の決算報告。  再任されている方が半分以上とはいえ、なぜ、前任者の行った決算を新任の役員が報告するのか? 11月末で任期が切れるなら、その時点で、一度決算をしなければいけないのではないか? 当然のごとく、その当期毎の役員が予算執行の責任を負うのであって、新役員はその責にないはず。
後知恵で、こんな事言ってもしょうがないけど、その時は、前任の民児協会長の事を思い出していて、頭が回らなかった。
前任の会長は、以前私が現在属している自治会の会長であった。
12年前、突然「民児協の会長になったから、自治会長は辞める」と言った、無茶苦茶なヤツ。
その時、残された役員が四苦八苦するのを尻目に、逃げ出したおっさん。
その次の自治会長は会計を担当していたTさん(5年前にお亡くなりになられた)、すぐ私に声がかかって、今の副会長職を続けている。今の自治会長はその次の次。
前任の民児協会長は、独断と偏見が強く、みんな嫌がっていた。 その会長が退任して、民児協の雰囲気が随分変わったと人が言う。

それや、これやを考えているうちに、本論からずれてしまい、タイミングを逸してしまった。

まあ、良い方に転がっていくのだから、事を荒立てる必要もないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »